長野産・竜眼種のワイン。
2017年 08月 08日 (火) 06:15 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

先週末は日本産のワイン、それもちょっと変わったワインを開けてみました。


長野県・アルプスワインさんの「ミュゼ・ドゥ・ヴァン善光寺竜眼2016」。

WINE_20170805_02s

WINE_20170805_01s

地元の酒ゃビックで見つけたもの。竜眼種のワイン扱っているなんて珍しい!!と見つけた瞬間にもう速攻で購入でした。竜眼種のワインは過去に一度だけ飲んだことがありますね。ちなみにこのワイン、お値段は1,512円。

竜眼種はどうやら中国原産の品種らしく、日本では長野県で多く造られているらしいですね。だからなのでしょうか、「善光寺」と言う名前でも呼ばれるみたいで、このワインのラベルにも「善光寺竜眼」とありますね。

一説には甲州種の親品種とも言われているみたい…? どちらにせよ、シャルドネ等の西洋品種とは違って昔から日本で造られてきた品種の様ですね。

ちなみにこのワインは長野県産のぶどうを100%使用とあります。そしてこのワイン、なんと樽熟成なのだとか…日本産のワイン、かつ日本古来の品種を使ったワインで樽を使用しているのは結構珍しいです。その意味でも気になるワインですね。

≫ "長野産・竜眼種のワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...