勝沼町の「柑橘香甲州辛口」。
2017年 08月 11日 (金) 20:46 | 編集
では、先日・火曜の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。

前回のワイン日記では日本産のワインを開けましたが、今回も日本産ワイン。偶然にも2回、日本産のワインが続く結果となりました。


山梨県勝沼町・盛田甲州ワイナリーさんの「柑橘香甲州辛口2016」

WINE_20170808_02s

WINE_20170808_01s

地元の酒ゃビックで買ったもので値段は1,598円。甲州種のワインと言えば本場は勝沼と言うイメージありますが、このワインはしっかりとラベルに「勝沼産甲州種葡萄100%使用」と記載がありますね。

そして「限定本数5544本」とあります。限定品と言うことなんでしょうか? ただ、こういうワインの一般的な生産ロット数がどれ位か分からないので、この5544本と言う数字が多いのか少ないのかなんともw


さて、このワインですが「柑橘香」と謳われています。今まで何本か甲州種のワインを飲んだ個人的な感想として、確かに甲州種ワインには柑橘系のアロマ、フレーバーを感じるものが多い様に思います。

それをこのワイン、わざわざ「柑橘香」と謳うということは、他の甲州種に比べて一層柑橘系のニュアンスを強めた造りをしている、ということなのでしょうか。まあ、何にせよ飲んでみなければ分かりませんね。

≫ "勝沼町の「柑橘香甲州辛口」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...