初体験のオレンジワイン「Gotsa Tsolikouri 2015」。
2018年 04月 07日 (土) 21:32 | 編集
では、一昨日の夜に開けたワインの感想日記を行ってみましょう。

今流行りの(?)オレンジワインと言うものに初挑戦してみました。


「Gotsa Tsolikouri 2015」
(ゴッツァ ツォリコウリ)

WINE_20180405_01s

WINE_20180405_02s

葡萄屋さんで買ったジョージアのワインですね。値段は2680円。カルトリ地方を代表する原産白ブドウ種・ツォリコウリを使っているとのこと。

さて、そもそもオレンジワインとはなんぞやと言うところですが…要は、赤ワインの製法で造られた白ワインのことらしいですね。

通常、赤ワインは種も皮も一緒に醸造させることであの赤い色やタンニン分が出るのに対し白ワインは種も皮も取り除いて造るから色も透き通ってタンニン分のない味わいになります。

だけど白ワインの葡萄品種で種と皮を一緒に醸造させると色がほんのりオレンジ色になって、白ワインなのにタンニン分のある、ふくよかなワインが出来上がるらしいですね。

そしてオレンジワインのルーツがなんでもジョージアなんだとか。

そんなオレンジワイン、果たしてどんな味のワインなんでしょうか…?


≫ " 初体験のオレンジワイン「Gotsa Tsolikouri 2015」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...