「がんくつ荘の不夜城さん」1巻。
2018年 04月 09日 (月) 00:00 | 編集
では、先月末発売のKRコミックスの中から、鴻巣覚先生「がんくつ荘の不夜城さん」1巻の感想っぽい記事行ってみるとしましょうか。


20180408gankutsu01s


この「がんくつ荘の不夜城さん」、元々はきららミラクで連載されていたものですが、ミラクの休刊に伴い今は無印きららの方に移籍して連載が続いています。

個人的にきららミラク最終期に掲載されていた作品の中では非常に好きな作品の一つだったので、この移籍は個人的にはとても嬉しいし納得の移籍だったと思っています。

ところで作者の鴻巣覚先生と言えばきららミラクで以前に「やさしい新説死霊術」と言う作品を連載されていた方なのですが、どうやらそれ以前にもなんときららフォワードでも連載持っていたことがあったみたいで…何気にかなりベテランの作家さんみたいですね。

きららミラクと言えば初期の頃は特に、漫画未経験の方ばかりを集めた雑誌と言うイメージが強かったのだけど、後期はそうでもなかったんだな…と。


さてこの「がんくつ荘の不夜城さん」、表紙の帯にある通り「残念な4コマ漫画家さん」の日常を描いた作品ですね。主人公は表紙に描かれた不夜城よどみ先生(ペンネームで本名はヒミツらしい)。

一見するとおっぱい大きくてスタイルの良い綺麗なお姉さんなのですが…本編を読めば分かる通り色々な意味でダメダメな作家さんですw


裏表紙はこんな感じ。

20180408gankutsu02s

こちらには不夜城さんとゆかりの深い2人の美少女が描かれています。右のロリっ子は羊ヶ丘眠さん。頭に付けた羊の角みたいな髪飾りが特徴的。彼女は不夜城さんの編集さんです。つまり…この見た目できちんと成人しています。なんと25歳らしいです!!(ちなみに不夜城さんは22歳)

左の片メカクレ女子高生は白仙あかりちゃん。不夜城さんのアパートの隣室に引っ越してきたのですが、どういうわけか不夜城さんを気に入ってそのままアシスタントと言うかお世話係みたいな感じになっています。それにしても片メカクレとは…確実に今のトレンドを抑えてきていますねw

あと白仙あかりと言えば…前作「やさしい新説死霊術」にも名前があったんですよね。「白閃のアカリ」と言う名でトネリコ最高位の魔術師の一人とかで…彼女と今作の白仙ちゃんとの間に何か関係があるのかどうかは謎ですが。

≫ "「がんくつ荘の不夜城さん」1巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...