「かなえるLoveSick」3巻。
2018年 05月 28日 (月) 17:15 | 編集
では、今月26日に発売された漫画単行本の中から、キューンコミックス「かなえるLoveSick」3巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。


20180526kanalove01s


この「かなえるLoveSick」、あの「桜Trick」をまんがタイムきららミラクで連載されていたタチ先生による作品ですが、この「かなえるLoveSick」の方もこの3巻がとうとう最終巻となりました…。

実はコミックキューンは買ってないので、この作品がどんな展開で完結するのかも、今回このコミックスを読んで初めて知ったんですよね。

表紙には2人の美少女。キューピッドのキューちゃんと、彼女がターゲット(?)としていた夕香崎あんじゅさん。いわばこの作品のメインヒロイン2人が描かれています。


一方の裏表紙。

20180526kanalove02s

キューちゃんの仲間である恋栗さん(こっくりさん)にサキちゃん(サキュバス)、それに夕香崎さんのいとこにしてなぜかサキちゃんに懐かれまくっているヤマトちゃんの3人が描かれています。

≫ "「かなえるLoveSick」3巻。" の続きを読む...
THE BEATNIKS「EXITENTIALIST A XIE XIE」。
2018年 05月 26日 (土) 08:34 | 編集
さて、久々の…超が付くほどに久々の音楽ネタです。ていうかそもそもウチのブログ、タイトルに「音」てあるのに最近音楽ネタがあまりに少なすぎますよね…と自問自答(汗

と言うわけで、5月9日に発売された、THE BEATNIKSの新譜のレビューです。

THE BEATNIKSは我が敬愛する高橋幸宏さんと、鈴木慶一さんの2人のユニット。1981年に結成してからこれまで、不定期、断続的な活動が続いていますね。


「EXITENTIALIST A XIE XIE」

EXITENTIALIST-A-XIE-XIE_s

1.Creuscular Rays
2.I've Been Waiting For You
3.鼻持ちならないブルーのスカーフ、グレーの腕章
4.Brocken Spectre
5.ほどよい大きさの漁師の島
6.Softly-Softly
7.BEAT印のDOUBLE BUBBLE
8.Unfinished Love -Full of Scratches-
9.Speckled Bandages
10.シェー・シェー・シェー・DA・DA・DA・Yeah・Yeah・Yeah・Ya・Ya・Ya


THE BEATNIKSとしては実に約7年ぶり位のアルバムになりますね。

ちなみに全10曲で収録時間は40分強ほど。

≫ "THE BEATNIKS「EXITENTIALIST A XIE XIE」。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'18年6月号」感想。
2018年 05月 20日 (日) 06:53 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみるとしましょうか。


kirara_201806s


・表紙
今月の表紙は「棺担ぎのクロ」。長年続いたこの作品も今月がラストでしたね。きらららしからぬダークな作風は決して好みではなかったけど、ストーリーや表現力の凄さには毎回引き込まれるものがありました。

きゆづきさとこ先生、長い間お疲れ様でした。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'18年6月号」感想。" の続きを読む...
トルコのスパークリングワイン。
2018年 05月 17日 (木) 22:07 | 編集
さて、月曜に引き続き飛び石で昨日もお休みだったのですが…昨夜飲んだワインの感想日記でも。

真にどうでも良い話ですが、実は明日・明後日も連休だったりするので、今週はなんか休んでばかりの一週間だったなぁと言う感じではあります…w


「KAVAKLIDERE BRUT」
(カヴァクリデレ ブリュット)

WINE_20180516_01s

WINE_20180516_02s

葡萄屋さんで買った、トルコのスパークリングワインになります。

品種はエミル種100%と、トルコの地場品種で造られていますね。トルコのスパークリングワインも初めてだし、当然エミル種のスパークリングワインも初めて。一体どんな雰囲気なのか想像がつきません。

ちなみに製造方法はシャルマ方式だとか。お値段の方は2,490円。これもまた結構な良いお値段ですね…w

≫ "トルコのスパークリングワイン。" の続きを読む...
艦これ日記'18年5月16日(不知火ちゃんが改二になりました)。
2018年 05月 16日 (水) 08:33 | 編集
さて、艦これなんですが昨日にメンテナンス&アップデートがありましたね。そこで実装されたのが陽炎型駆逐艦、不知火ちゃんの改二実装。

kankore20180516_01s

さて、ウチの不知火ちゃんですが基本は演習でキラ付けしては遠征に…と言うのを繰り返してレベルは75レベルまで育っていました。今回の改装必要レベルは72レベルだったのとのことで無事にクリアー。

勿論、ステータスも全て改修MAXとなっております。

≫ "艦これ日記'18年5月16日(不知火ちゃんが改二になりました)。" の続きを読む...
珍品・ブルゴーニュのロゼ・ピノ・グリ。
2018年 05月 15日 (火) 22:21 | 編集
では、昨夜に開けたワインの感想日記でも。昨日は仕事は休みだったのですが健康診断でバリウム飲んだりしたので、本来ならきっとその晩はお酒控えた方が良いのでしょうが…でもそんなの関係ない!!w


「ALAIN&JULIEN VIGNOT BOURGOGNE COTE ST-JACQUES PINOT GRIS 2017」
(ドメーヌ・アラン・ヴィニョ ブルゴーニュ・コート・サンジャック・ピノ・グリ)

WINE_20180514_01s

WINE_20180514_02s

葡萄屋さんで買ったものなんですが、これはなんと珍しい。ブルゴーニュ産のピノ・グリ、しかもロゼなんです!!

ピノ・グリと言えばフランスではアルザスで造られることの多い品種。ブルゴーニュのピノ・グリ自体もあまり見かけないですが、更になんとピノ・グリのロゼと言うこの変わり種。

でもそう言えば昔、ピノ・グリでやたらと色の濃い、今で言うオレンジワインみたいな色のものを飲んだことありますし、ピノ・グリって白ブドウと言いつつ果皮が黒っぽいのでこういうロゼみたいなワインを造るのにも向いているのかもしれませんね。

ちなみにお値段は2780円と結構いいお値段しやがります…まあでも、珍しいものを飲むための投資と思えば仕方ないのです…。

≫ "珍品・ブルゴーニュのロゼ・ピノ・グリ。" の続きを読む...
イタリア・ピエモンテのシャルドネ。
2018年 05月 13日 (日) 22:16 | 編集
では、先日の休みの日の夜に開けたワインの感想日記を。


「MICHELE CHIARLO LA VESPA PIEMONTE CHARDONNAY 2013」
(ミケーレ・キャルロ ラ・ヴェスパ ピエモンテ・シャルドネ)

WINE_20180510_01s

WINE_20180510_02s

KALDIで買ったイタリアのシャルドネ。お値段は1598円。

そう言えばイタリアのワイン飲む時って地場品種のものが多くって、イタリアのシャルドネってあまり試したことなかったなぁ…と買ってみた一本です。

イタリアの白ワインと言うとスッキリ爽やか系のものが多いイメージもありますが、シャルドネだと果たしてどんな感じになりますか…。

≫ "イタリア・ピエモンテのシャルドネ。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'18年6月号」感想。
2018年 05月 10日 (木) 08:18 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201806s


・表紙
今月の表紙はアニメ化も決まった「アニマエール!」。こはね・ひづめ・宇希の3人のチア姿がなんとも眩しいですね。ところでアニマエール!のアニメ、個人的には割と楽しみだったりします。

ちょっとアニメ化には時期尚早は気はしましたが(単行本既刊数などから言って)、しかし画面上でチアで動き回る彼女たちがどんな風になるのか、非常に興味深いものがあります。

なので、キャラをしっかりと動かせる造り手・スタジオに担って欲しいなと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'18年6月号」感想。" の続きを読む...
南アフリカの爽やかなヴィオニエ。
2018年 05月 09日 (水) 21:56 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想を。


「BOUTINOT CAPE HEIGHTS VIOGNIER 2016」
(ブティノ・ケープハイツ・ヴィオニエ)

WINE_20180506_01s

WINE_20180506_02s

葡萄屋さんで買ったワインで南アフリカのヴィオニエですね。そう言えばヴィオニエ単体のワインも久々ながら南アフリカのワインも久々。

そして恐らく、南アフリカのヴィオニエ自体は試すの初ですね。ちなみにお値段は920円とかなりのお手頃価格。葡萄屋さんでこれまで買ったワインの中では多分一番安い…w

≫ "南アフリカの爽やかなヴィオニエ。" の続きを読む...
オーストラリアの赤スパークリング。
2018年 05月 05日 (土) 22:07 | 編集
では、こないだの水曜の休みの夜に開けたワインの感想でも。

 
「THREE PILLARS THE GOURMET RED CUVEE」
(スリー・ピラーズ・ザ・グルメ・レッド・キュヴェ)

WINE_20180502_01s

WINE_20180502_02s

地元のショッピングセンターで1380円で売られていたもの。スパークリングワインなんだけれどラベルに「RED」と書かれているのが気になって買ってみたところ、どうやら赤ワインのスパークリングみたいですね。

なるほど…確かにラベルのデザインも赤基調となっています。

ちなみに生産国はオーストラリア、品種の方はシラーズを中心にプチ・ヴェルドなんかがブレンドされているみたいです。

ところで赤いスパークリングと言えばイタリアのランブルスコみたいな弱発泡のは飲んだことありますが、そうでない赤いスパークリングは恐らくこれが初めて。一体どんなワインなのでしょうか。

≫ "オーストラリアの赤スパークリング。" の続きを読む...
オーストラリアの素直な白ワイン。
2018年 05月 02日 (水) 17:40 | 編集
では、先月の終わりの晩に飲んだワインの感想日記を。


「BOUQUET DE FLOLIA CHARDONNAY VIOGNIER 2016」
(ブーケ・ド・フロリア・シャルドネ・ヴィオニエ)

WINE_20180430_01s

WINE_20180430_02s

地元のショッピングセンターで1080円で買ってきたもの。オーストラリアの白ワインでシャルドネにヴィオニエをブレンドしたもの。

ここ最近、オレンジワインだったりブラジルのワインだったり金箔入りのスパークリングだったり、とにかく変わり種のワインが続いていたのでいい加減オーソドックスなワインを飲みたいな、と。

そう思って買ってきた一本でありますw

≫ "オーストラリアの素直な白ワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...