青い瓶が印象的な日本酒3種飲み比べ。
2018年 06月 08日 (金) 21:59 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたお酒の感想日記行ってみましょうか。

地元のショッピングセンターで少し前から扱われていて、ちょっと気になっていた日本酒達。


金沢・福光屋さんの「やわらか、するする」

sake20180605_01s

sake20180605_02s

米、米こうじ共に石川県産。精米歩合は60%。


京都・伏見の玉乃光酒造さんの「からくち、するする」

sake20180605_03s

sake20180605_04s

米、米こうじ共に京都府産で精米歩合は60%。


山梨県・萬屋醸造店さんの「あまくち、するする」

sake20180605_05s

sake20180605_06s

米、米こうじ共に山梨県産で精米歩合は60%。


どれも値段は720ミリ瓶が1280円、300ミリ瓶が598円。
(今回は「やわらか、するする」を720ミリで、他を300ミリで買ってます)

そしてどれもが純米吟醸酒の生酒。しかし同じ瓶、同じラベルに同じコンセプトで味わいの方向性の違うお酒を一つの酒造会社じゃなく、3つの酒造会社がコラボして(?)造っているというのが実にユニーク。

こういう取り組みって今まであまり見たことがありません。

≫ "青い瓶が印象的な日本酒3種飲み比べ。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...