2018年7月・東関東の旅(3)
2018年 07月 26日 (木) 20:52 | 編集
- 一日目(後編)・大多喜町歩き、そして夜は美味の寿司を -

大多喜駅を出て、まずは駅前の観光協会で情報収集。そして向かったのは駅から歩いてほんの2,3分のところにある「房総中央鉄道館」。

201807kantou034s

やたらと年季の入った趣きのある建物。その前に踏切が立っているのがなんともミスマッチな雰囲気で面白いです。


中へ入ってみます。

201807kantou035s

201807kantou036s

大きな鉄道模型のジオラマ、それにたくさんの駅名標が飾られています。また、奥には写真撮影の出来ないコーナーがあって、そちらの方へ行くと本当に貴重な、それこそ鉄道文化遺産的なものが色々と展示されていました。

あとは入り口の方に売店があって様々な鉄道グッズを販売しているのですが…その中にとんでもないものを見つけてしまったので迷わず購入!!

201807kantou037s

小湊鐵道キハ200形のサウンドトレイン。DMH17エンジンの音を鳴らせると言うシロモノ。これ実は小湊鐵道の売店だと売り切れてて買えないんですよね…でもそれが、なぜかここで販売されていたんです。

館のご主人曰く、ここに売られている数個が最後とのこと。僕がここで1つ買ってしまったので多分あとはもう残り2つ位しか売られていないと思います。

そんなこんなで館のご主人や奥さんと色々と話が盛り上がって、最後には小湊鐵道のカレンダーまで頂いてしまいました。

≫ "2018年7月・東関東の旅(3)" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...