艦これ日記'18年9月28日(2018年初秋イベント・完全勝利S)。
2018年 09月 28日 (金) 13:49 | 編集
さて、艦これの初秋イベ、前回の日記で前段作戦のE3まで攻略したと書きましたが、先週末で全ての作戦を無事に終えることが出来ました。以下にそのまとめを。


まずE4「.欧州作戦海域方面 地中海マルタ島沖・ジェノヴァの風」

kankore20180920_05s

このマップは輸送と戦力の二本立てゲージ。難易度は乙で挑みます。

まずは輸送作戦、こんな編成で行ってみることに。

kankore20180920_01s

別府や荒潮ちゃんを入れてるのは輸送で大発積めるからと言うだけでなく、戦力ゲージの方が陸上型が出て来るらしいので、そっち対策も兼ねて。村雨ちゃん旗艦なのは完全に趣味ですw

輸送のボスはケツダイソン。

kankore20180920_06s

なんかこの人、艦これの夏イベント(今回は初秋ですが)だともうどの海域にも出張ってくる様になったイメージがありますね。ボス旗艦から随伴、果ては道中までなんでもござれ的な。

まあ、輸送ゲージは大したこともなくあっさりと撃破。最初の方は道中撤退とかありましたが、それも道中を警戒陣ですり抜ける戦法に変えたら特に苦労もなく…。大発ガン積みだったので一度にゲージが半分以上削れてしまってびっくりしたりとか。

ただ、索敵なのかランダムなのか、数回ボス前逸れがありましたが。

≫ "艦これ日記'18年9月28日(2018年初秋イベント・完全勝利S)。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'18年10月号」感想。
2018年 09月 26日 (水) 21:03 | 編集
では、随分と遅くなってしまいましたけど…9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201810s


・表紙
表紙は「けいおん!Shufflle」。まだ連載始まってほんの数話ですが、きららの新しい「顔」としてすっかり馴染んできた感があります。今月の表紙、この3人の躍動感あるポージングと笑顔の表情とが良いですね。

しかしふと思ったのですが、この作品のキャラクター、オリジナルの「けいおん!」よりも明らかに頭身高いですよね。多分意識して描き分けているんだろうな…と。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'18年10月号」感想。" の続きを読む...
非常によく出来たブルゴーニュのアリゴテ。
2018年 09月 25日 (火) 13:21 | 編集
今日・明日と連休です。と言っても別にどこか行くわけでもなく、ずっと部屋に閉じこもってゲームやったり漫画読んだりしてるだけなんですけどねw

さて、そんな連休初日の昨日の夜に開けたワインの感想日記を。


「Vincent Giraldin Bourgone Aligote 2015」
(ヴァンサン・ジラルダン ブルゴーニュ・アリゴテ)

WINE_20180924_01s

WINE_20180924_02s

葡萄屋さんで買ったブルゴーニュのアリゴテ。値段は2,720円と僕の買う普段飲みワインにしては結構良いお値段ですが、まあブルゴーニュでも有名な造り手の手がけるワインなので仕方ないでしょう。

ブルゴーニュの白と言えば普通シャルドネとなってしまうところをあえてアリゴテをチョイス。しかもこのアリゴテ、樹齢70年の古木から造られているとかなんとか、なんだか聞くだけで凄そうじゃないですか。

おまけにこのワイン、オーク樽熟成させているんですよね。普通アリゴテと言うとそのキレッキレの酸味を前面に押し出す為にステンレスタンク醸造が多いと思うのですが、そこにあえてのオーク樽。

アリゴテならではの強い酸味がオーク樽と出会うことで一体どんな風に変化するのか…なんとも楽しみであります。


≫ "非常によく出来たブルゴーニュのアリゴテ。" の続きを読む...
ロワール産・シュナン・ブランのスパークリング。
2018年 09月 23日 (日) 22:00 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Nicolas Brunet Methode Traditionnelle Extra Brut 2010」
(ドメーヌ・ニコラ・ブリュネ メトッド・トラディッショオネル エクストラ・ブリュット レゼルヴ)

WINE_20180920_01s

WINE_20180920_02s

葡萄屋さんで買った、フランス・ロワールのスパークリングワイン。お値段2720円と、僕が買う普段飲みのワインにしてはちょっと良いお値段ですね。

ところでこのスパークリング、品種がなんとシュナン・ブラン100%。シュナン・ブランってワインはこれまでに何度か飲んでますけど、どうも自分の中でいまいち掴みどころの無い品種と言うイメージなんですよね。

同じロワールのでも甘みがあってしっかりボディ感のあるものもあれば、つい先日飲んだワインみたいに結構酸のかっちりしたものもあって…更には南アフリカなど国・産地が変わればまた印象変わってきますし。

そんなシュナン・ブラン、果たしてスパークリングだとどんな雰囲気になるのでしょうか。気になるところです。

≫ "ロワール産・シュナン・ブランのスパークリング。" の続きを読む...
艦これ日記'18年9月20日(2018年初秋イベント攻略中)。
2018年 09月 20日 (木) 09:39 | 編集
9/9から始まった艦これのイベント、現在ちまちまと攻略中です。それにしても今回のイベント、二期始まって初のイベントとなったわけですが開催時期がいつもよりちょっと遅くなったのでもはや夏イベントとは呼べず…初秋イベントってことになるんでしょうか?

で、攻略の方なんですが、前段作戦のE3までなんとか終わらせましたのでそのまとめを。


まず、攻略開始前の資材状況。

kankore20180912_01s

弾薬以外は実質カンストです。最近思ったのですが実は資材、弾薬が一番溜まりにくい気がします。いや弾薬を貯める方法自体は遠征初め色々あるのですが、使う頻度が多いのでどうしてもなかなかカンストまでは行かないんですよね。


では、E1「南西作戦海域方面 バリ島沖・作戦準備!後方兵站線確保」

kankore20180912_03s

kankore20180912_02s

E1ではお馴染みの対潜マップ、そして海防艦、駆逐艦中心で艦隊組んで軽巡1、全部で5隻以下だと最短ルートとか聞いたのでこんな編成で。

ただこのマップ、対潜マップと言いつつも道中は普通に水上艦隊が出て来るのが嫌らしいんですよね。打たれ弱い海防艦が敵の閉幕雷撃に当てられるとほぼ大破しちゃうので…。

なので道中はひたすら警戒陣で逃げましたwまあ、道中支援等も必要なくほぼすんなりとやることが出来たので良かったですが。ちなみに難易度は甲で挑戦。

≫ "艦これ日記'18年9月20日(2018年初秋イベント攻略中)。" の続きを読む...
約1年ぶりのグリューナー・フェルトリーナー。
2018年 09月 19日 (水) 23:08 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「HOLLERER GRUNER VELTLINER LANDWEIN 2016」
(ヘレラー・グリューナー・フェルトリーナー・ラントヴァイン)

WINE_20180916_01s

WINE_20180916_02s

地元のショッピングセンター内のKALDIで買ったワイン。オーストリアのグリューナー・フェルトリーナーですね。値段は1,382円。

グリューナーのワインって何度か飲んだことありますが、その都度よく分からない、どこか掴みどころのワインだなぁと言う気もしています。まあそもそもオーストリアのワイン自体が日本では馴染み薄いですしね…。

自分のブログをさかのぼって調べたところ、前に飲んだのはちょうど一年ちょっと前でした。その時は「リースリングに似ている」だなんて書いていましたが…はてさて、今回のワインはどんな印象を受けるでしょうか。

≫ "約1年ぶりのグリューナー・フェルトリーナー。" の続きを読む...
なんとも不思議・プロヴァンスの青いスパークリングワイン。
2018年 09月 16日 (日) 07:01 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。


「La Vague Bleue Sparkling Blue」
(ラ・ヴァーグ・ブルー スパークリング)

WINE_20180912_01s

WINE_20180912_02s

フランス・プロヴァンスのスパークリングワインですが、その名前の通りなんと青色のスパークリング!!

勿論、普通の葡萄で青い色をしたものなんて無いので、この青い色自体は着色料で色付けしたものなのですが、それにしても見事なまでに綺麗な青色。まるで南国の海の様。

これはもう、ワインというよりはブルー・ハワイ的なトロピカルドリンクを連想しちゃいますよね…。

でも個人的にこのスパークリング、単に色が気になっただけではありません。なんと品種がソーヴィニヨン・ブラン100%とのこと。

ソーヴィニヨンで造られたスパークリングはこれまでに何回か飲んだことがありますが、品種独特の個性が良い具合に出ていて美味しいものが多いんですよね。

なのでこのスパークリングにも期待。

≫ "なんとも不思議・プロヴァンスの青いスパークリングワイン。" の続きを読む...
「きらきら☆スタディー~絶対合格宣言~」3巻。
2018年 09月 12日 (水) 07:32 | 編集
では、先月末発売のKRコミックスのうち、華々つぼみ先生「きらきら☆スタディー~絶対合格宣言~」3巻の感想日記行ってみるとしましょうか。


20180831kirastu01s


この作品、無印きららで18年8月号まで連載されていた作品となります。つまり、この3巻が最終巻・完結となってしまいます…(涙)

思えば1巻は表紙が真零ちゃん、そして2巻では満ちゃんときて、そしてこの3巻では乙十葉ちゃんと千代ちゃんの2人。もしかすると本当は4巻まで続けて、メインの4人を1人ずつ表紙に飾りたかったのかなぁ…とか色々考えてしまいます。

まあでも、この2人がペアの表紙と言うのもそれはそれで良いものです。なにしろ同棲しているわけですからねこの2人。

帯にもしっかりと「真面目系ギャルとむっつり系委員長は同棲しながら勉強中!?」とか書かれていますし。

きらら系には百合要素のある作品が多く、なかには女の子同士が同居している作品もあったりもしますけど、でも同居でなく「同棲」とはっきり謳った作品はなかなか見かけないですよね。そういう意味でこの2人の関係性はきららの百合面において実はかなり貴重なんじゃないかな…と。


裏表紙はこんな感じ。

20180831kirastu02s

当初からのメインヒロイン4人に一樹センパイも加えて、絶対ごうかくラブのメンバーフル集合となっています。

≫ "「きらきら☆スタディー~絶対合格宣言~」3巻。" の続きを読む...
初めて飲む「グロ・プラン」のワイン。
2018年 09月 11日 (火) 22:22 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみるとしましょうか。


「Dom. Martin Gros Plant du Pays Nantais Sur Lie 2016」
(ベルナール・エ・ドミニク・マルタン グロ・プラン・デュ・ペイ・ナンテ・シュール・リー)

WINE_20180908_01s

WINE_20180908_02s

葡萄屋さんで買った、フランス・ロワール・ペイ・ナンテ地区の白ワイン。お値段は1490円。

このワインなんですが、品種がペイ・ナンテ土着品種のグロ・プランとのこと。全く飲んだことも聞いたこともない品種です。

どうやら調べたところ、ミュスカデに似ている品種とのことで、そうなると味もあんな感じでさっぱりと軽いワインと言った感じになるのでしょうか。

葡萄屋さんのサイトを見ると「まさにレモン果汁という酸味の大変強い味わい」なんてありますが、ここ最近は雨がちで湿気が多く、かつ気温もそんなに下がらずに蒸し暑い天気が続いていたのでそういうさっぱり系のワインは良いかもしれません。

≫ "初めて飲む「グロ・プラン」のワイン。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'18年10月号」感想。
2018年 09月 08日 (土) 07:08 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみるとしましょうか。


kirara_carat201810s


・表紙
表紙は「NEW GAME! 」。てっきりアニメ化決まった…というかもうすぐ放映開始の「アニマエール!」を表紙でガンガン推してくるのかと思いきやそうでもないんですね。

しかし今月の表紙、青葉&紅葉の水着姿なわけなんですが、水着自体がおそろいのデザインなだけに2人の間の格差社会を残酷なまでに強調してしまっている気が…青葉ちゃん可哀想…(涙)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'18年10月号」感想。" の続きを読む...
久々にロワールのシュナン・ブラン。
2018年 09月 06日 (木) 10:10 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Guyons Saumur Cuvee Vent du Nord 2016」
(ギュイヨン ソミュール キュヴェ・ヴァン・デュ・ノール)

WINE_20180903_01s

WINE_20180903_02s

葡萄屋さんで買った、フランス・ロワール地方ソミュール産のワイン。品種はシュナン・ブラン。

フランスワインでもロワールのワインは久々ですし、シュナン・ブランなんて本当に久しぶりに飲む気がしますね。

フランスワインってワインの中ではメジャーどころですが、でも飲むのって大体がブルゴーニュかボルドー、でなければお値打ちな南仏とかになってしまいがちなんですよね。

つまり自ずと品種もシャルドネかソーヴィニヨン・ブランが大半…なってしまいがちなので、あえてフランスでも地方や品種をちょっと外して色々飲んでみようかなぁと思う今日この頃。

ちなみにお値段は1850円。

≫ "久々にロワールのシュナン・ブラン。" の続きを読む...
2018年7月・東関東の旅(12)
2018年 09月 03日 (月) 08:57 | 編集
- 五日目・旅の最後に牛久大仏、デカかった -

7月18日(水)。いよいよ今回の旅も最終日となりました。天気は晴れ。今回の旅はホント天気に恵まれたなぁと思います。思えば昨年の夏の旅は台風に見舞われて散々でしたし…。

まあ、今年は今年で晴れたのは良いのですが全日通してめちゃ暑かったですがw

まずはホテルで朝食。昨日と同様、ホテル1Fのファミリーレストランで宿泊客向けメニュー3種類の中から選ぶのですが、結局昨日と同じ洋食プレートにしてしまいました。どうも飲んだ翌朝に白いご飯がキツかったりします…。


さて、それではホテルをチェックアウトして出発。まずはつくばの駅へと向かいます。

途中、こんなものが何箇所にも掲げられていることに気付きました。

201807kantou189s

「テクノロジーで笑顔になる街TSUKUBA」「ロボット実験区画」とあります。なんだかいかにも未来都市つくばって感じがしますね。

しかし…ロボット実験区画というのがとても気になります。日によって、時間帯によってロボットが道に出てきたりすることがあるのでしょうか…?

≫ "2018年7月・東関東の旅(12)" の続きを読む...
秋の味覚・ツガニと「國盛黒松 純米大吟醸」。
2018年 09月 02日 (日) 22:45 | 編集
では、一昨日の夜・8月最後の晩に開けたお酒の感想日記、行ってみるとしましょうか。


毎年、初秋の頃になっていると四国から取り寄せで買っているあの秋の味覚、今年も勿論取り寄せました。今年は猛暑だったから採れてなかったりしたらどうしよう…なんて思いましたけど、そんな心配無用だった様ですね。

sake20180831_00s

ええ、今年も買いましたよツガニ。しかも今年は例年よりも大きい個体が多かった様に思います。


さて、せっかくツガニを頂くのですからお酒は勿論日本酒を。

今回は地元・愛知県半田市の中埜酒造さんの「國盛黒松 純米大吟醸」をチョイス。

sake20180831_01s

きちんと箱に入っています。箱に入っているとそれだけでなんだか高級なお酒に見えてきますw

ちなみに地元のショッピングセンターで買ったのですがお値段は1280円。でも通常よりお安くなっていたみたいなので、本来はもう少し高いのかもしれません。

≫ "秋の味覚・ツガニと「國盛黒松 純米大吟醸」。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...