ロワール産・シュナン・ブランのスパークリング。
2018年 09月 23日 (日) 22:00 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Nicolas Brunet Methode Traditionnelle Extra Brut 2010」
(ドメーヌ・ニコラ・ブリュネ メトッド・トラディッショオネル エクストラ・ブリュット レゼルヴ)

WINE_20180920_01s

WINE_20180920_02s

葡萄屋さんで買った、フランス・ロワールのスパークリングワイン。お値段2720円と、僕が買う普段飲みのワインにしてはちょっと良いお値段ですね。

ところでこのスパークリング、品種がなんとシュナン・ブラン100%。シュナン・ブランってワインはこれまでに何度か飲んでますけど、どうも自分の中でいまいち掴みどころの無い品種と言うイメージなんですよね。

同じロワールのでも甘みがあってしっかりボディ感のあるものもあれば、つい先日飲んだワインみたいに結構酸のかっちりしたものもあって…更には南アフリカなど国・産地が変わればまた印象変わってきますし。

そんなシュナン・ブラン、果たしてスパークリングだとどんな雰囲気になるのでしょうか。気になるところです。

≫ "ロワール産・シュナン・ブランのスパークリング。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...