非常によく出来たブルゴーニュのアリゴテ。
2018年 09月 25日 (火) 13:21 | 編集
今日・明日と連休です。と言っても別にどこか行くわけでもなく、ずっと部屋に閉じこもってゲームやったり漫画読んだりしてるだけなんですけどねw

さて、そんな連休初日の昨日の夜に開けたワインの感想日記を。


「Vincent Giraldin Bourgone Aligote 2015」
(ヴァンサン・ジラルダン ブルゴーニュ・アリゴテ)

WINE_20180924_01s

WINE_20180924_02s

葡萄屋さんで買ったブルゴーニュのアリゴテ。値段は2,720円と僕の買う普段飲みワインにしては結構良いお値段ですが、まあブルゴーニュでも有名な造り手の手がけるワインなので仕方ないでしょう。

ブルゴーニュの白と言えば普通シャルドネとなってしまうところをあえてアリゴテをチョイス。しかもこのアリゴテ、樹齢70年の古木から造られているとかなんとか、なんだか聞くだけで凄そうじゃないですか。

おまけにこのワイン、オーク樽熟成させているんですよね。普通アリゴテと言うとそのキレッキレの酸味を前面に押し出す為にステンレスタンク醸造が多いと思うのですが、そこにあえてのオーク樽。

アリゴテならではの強い酸味がオーク樽と出会うことで一体どんな風に変化するのか…なんとも楽しみであります。


≫ "非常によく出来たブルゴーニュのアリゴテ。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...