リースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドワイン。
2018年 11月 13日 (火) 22:37 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Chapel Hill Rhine Riesling Sauvignon Blanc 2017」
(チャペル・ヒル ライン・リースリング ソーヴィニヨン ブラン)

WINE_20181111_01s

WINE_20181111_02s

葡萄屋さんで買ったハンガリーのワイン。お値段は1580円とまあまあお手頃ですが…このワイン、なんとリースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドというのが変わっています。

ソーヴィニヨン・ブラン、リースリング共に豊かな果実感と鮮烈な酸味が特徴の品種。ですが、この2つをブレンドしたワインというのはほとんど聞いたことがありません。

大体が単一で使われることが多い品種ですし、混ぜるにしてもソーヴィニヨンならセミヨン、リースリングならばピノ・ブラン等アルザス系品種と大体相手が決まっていますしね。

そんな二つの品種をセパージュさせたこのワイン、一体どんなワインになるのでしょうか。ソーヴィニヨン・ブランの青い香りやリースリングの石油香が一体どんな風に作用するのか…開ける前から非常に興味をそそられます。

≫ "リースリングとソーヴィニヨン・ブランのブレンドワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...