2019年飲み初めは招き猫のクレマンで。
2019年 01月 01日 (火) 13:45 | 編集
皆様、新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願い致します。

と言うことで、早速新年、先程元旦の朝に開けたお酒の感想日記を。


「lement Klur Cremant d'Alsace Cuvee Manekineko」
(クレマン・クリュール クレマン・ダルザス ブリュット キュヴェ・マネキネコ)

WINE_20190101_01s

WINE_20190101_02s

やっぱり新年はとりあえず、泡で乾杯と行きたくなりますよね。今回は年末のクリスマスにシャンパーニュを開けたので、新年はクレマン・ダルザスと言ってみました。

葡萄屋さんで買ったクレマン・ダルザスで、値段は3590円。アルザスのクレマンとしてはそこそこ良いお値段…なのかな?

何にせよ、招き猫が描かれたラベルが縁起物っぽくて、新年に開けるお酒にはふさわしい感じがしますよね。

≫ "2019年飲み初めは招き猫のクレマンで。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...