ジュラ地方のサヴァニャン。
2019年 01月 21日 (月) 22:48 | 編集
さて、それでは先週末に飲んだワインの感想日記でも。


「Grand Cotes du Jura Expression Savagnin Blanc 2011」
(グラン コート・デュ・ジュラ・エクスプレッシヨン サヴァニャン・ブラン)

WINE_20190119_01s

WINE_20190119_02s

ワインと言えば本場はフランスですが、しかしフランスワインと一口に言っても色々な地方のワインがありますよね。大体の人が思い浮かべるのはブルゴーニュやボルドーなどでしょう。あとはアルザスだったりローヌだったり…。

しかしそれ以外にも色々な地域でワインが造られているわけで、今回はフランスワインの中でもややマイナーっぽい地方のワインを選んでみました。スイスとの国境に近いジュラ地方のワインです。

マイナー(と言っては失礼ですが)な地方のワインになればやはり品種もちょっと他では聞かない、独特の品種のものが出て来るわけで…今回のワインはサヴァニャン100%のワインです。

このサヴァニャン、ジュラ地方では二通りの造り方でワインが造られているみたいですね。1つはヴァン・ジョーヌと呼ばれる黄色いワインで、その製法を見るに普通のワインというよりは恐らくシェリー酒みたいな味のワインになるんだろうな、と。

で、もう1つは通常の白ワイン。今回のは通常の白ワインのタイプですね。この方が品種本来の味が楽しめるので僕としてはやはりこちらのタイプを選びたいわけです。

そしてこのサヴァニャンという品種、なんでもゲヴュルツトラミネールに近い品種らしいとのことで、ゲヴュルツ大好きな僕としてはどんなワインなのか非常に楽しみであります。

ちなみに葡萄屋さんで買ったのですが、お値段は3200円とまあまあ良いお値段しますねw

≫ "ジュラ地方のサヴァニャン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...