2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(1)
2019年 02月 28日 (木) 20:53 | 編集
- 一日目(前編)・飯能でヤマノススメ聖地巡礼前編 -

2019年2月21日(木)~25日(月)の5日間、埼玉県と群馬県へ旅行してきました。

元々今回の旅を思いついたきっかけですが、僕は日本全都道府県を旅したことがあるのですが、ただその中でも埼玉県と群馬県の2つは日帰りで行ったことしかなく、宿泊経験が無いということに気がついたんですよね。

ならばこの2県に宿泊して完全なる全都道府県制覇を成し遂げてやろうじゃないかと、そう思ったのが初めでした。そして埼玉県と言えば飯能市、ええ、漫画&アニメ「ヤマノススメ」の舞台となっている土地ですね。

更に群馬県も伊香保温泉だとか、ヤマノススメ3期で出てきた場所とか幾つもあるので、それらを訪れてヤマノススメ聖地巡礼をしてきちゃおう、そんな感じで今回の旅をすることになりました。

あともう一つ、裏テーマとして…いつもの旅だと夕食はどこか新鮮な海の幸を提供するお店に行って日本酒、となることが多いのですが、今回訪れるのは埼玉県と群馬県という言わば海無し県。

ならば、新鮮な海の幸を期待するよりもいっそ、毎晩ワインに洋食と言うスタイルの食事にしちゃえ…と、そんなワインまみれの旅というのも隠れた目的だったりしますw


では以下、そんな旅について綴っていこうと思います。


出発日の2月21日(木)。天気は晴れで寒さも穏やかで良い気候。絶好の旅行日和です。

まずは名古屋を7時04分に出発する新幹線「のぞみ204号」に乗車。新横浜に8時24分に到着。ここから横浜線に乗り換え、更に八王子で八高線に乗り換えです。

ただ、東海道新幹線では今更旅情を味わえないのはもちろんのこと、横浜線も八高線もずっとロングシートの通勤電車なので、全く旅に出たという実感が湧いてきませんw


だけどなんとか…10時22分に東飯能の駅に到着しました。

201902kitakantou000s

あああこの看板…この看板ですよ!!

これ、アニメ2期のオープニングで描かれていた駅票ですよね。これを見た途端にテンションが爆アガリ、そしてようやく旅に出たという実感が湧いてきました…!!

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(1)" の続きを読む...
群馬県・永井酒造さんの「水芭蕉」飲み比べ。
2019年 02月 27日 (水) 09:55 | 編集
さて、昨日の日記では先日の旅行で買って来た埼玉県のお酒の感想日記を書きましたが、昨夜は同様にお土産で買って来た群馬県のお酒を開けましたので、今度はそちらの感想日記行ってみましょう。

今回のお酒は高崎駅構内にあるお土産屋さんで買ったのですが、買ったのは全て、群馬県利根郡川場村・永井酒造株式会社さんの「水芭蕉」。タイプの異なる3つの「水芭蕉」を買って飲み比べてみました。


まず、「MIZUBASHO-PURE」。

sake20190226_01s

sake20190226_02s

sake20190226_03s

最近流行りのスパークリング日本酒…なんだけど、このお酒の凄いのは瓶内二次発酵で造られているということ。つまり、シャンパンと同じ製法で造られている発泡性日本酒というわけ。発泡性日本酒でもこの製法は世界初なんだとか。

原料米は兵庫県三木市別所にて栽培の山田錦100%、アルコール度は13度。さてお値段の方なんですが、360ミリで2916円とかなり良いお値段しますねw

≫ "群馬県・永井酒造さんの「水芭蕉」飲み比べ。" の続きを読む...
埼玉県・五十嵐酒造さんのお酒。
2019年 02月 26日 (火) 10:58 | 編集
昨日まで4泊5日で埼玉県・群馬県と旅してきました。漫画&アニメ「ヤマノススメ」聖地巡礼を主体とした旅ですねw

また、その旅日記については徐々に書き起こしていこうと思いますが、まずは今回の旅行でおみやげに買ってきたお酒の感想日記でも書こうと思います。


では早速、旅行から帰ってきて昨夜に開けた埼玉県のお酒を。

「天覧山 大吟醸」

sake20190225_01s

「喜八郎 純米吟醸」

sake20190225_02s

どちらも、埼玉県飯能市の五十嵐酒造株式会社さんが手がけるお酒ですね。両方共、飯能市にあるコンビニ・タイムズマートさんで買いました。

本当のことを言うと、元々は埼玉県でお酒を買う予定はなかったのですが、このタイムズマートさんがあまりに面白いコンビニで色々と楽しませてもらったので、せめて何か還元させて頂こう…とお酒を買うことにしたのであります。

(タイムズマートさんについては旅日記の中で触れようと思います)

≫ "埼玉県・五十嵐酒造さんのお酒。" の続きを読む...
きらら展のアクリルアートプレート。
2019年 02月 21日 (木) 05:13 | 編集
昨年のまんがタイムきらら展で受注生産を行っていたアクリルアートプレート、先日僕の手元にも届きました。


kirara20190217_01s


箱を開けると厳重に梱包されています。

でも、梱包の上からでも何の作品か分かっちゃいますよね?

はい、アクリルアートプレートの方も少し前に届いた複製原画と同様、「桜Trick」と「なでしこドレミソラ」の2作品にしてしまいましたw

本当は他にもいいなぁ、ほしいなぁと思える作品は幾つかあったのですが、結局複製原画もアクリルアートプレートもこの2作…まあそれだけ、この2作品は僕の中では別格ってことなんですよね。

≫ "きらら展のアクリルアートプレート。" の続きを読む...
サヴォワ地方のアルテス。
2019年 02月 20日 (水) 21:19 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記を。


「Philippe et Sylvain Ravier Roussette de Savoie 2017」
(フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ ルーセット・ド・サヴォワ)

WINE_20190217_01s

WINE_20190217_02s

葡萄屋さんで買ったサヴォワのワイン。フランスでもこの辺りのマイナー地方のワインと言えば、先日にジュラのサヴァニャンを飲みましたが、今回はそのジュラ地方とまとめられることの多いサヴォワ地方のワインです。

ちなみに品種はアルテス種という、サヴォワの固有品種。全く飲んだことない品種なので一体どんなワインなのか想像がつきません。

葡萄屋さんのサイトを見るとオーク樽熟成とあるけれど…飲んだことない品種で樽使用だとますます一体どんな個性のワインに仕上がってるのか予想が出来ないですね。ちなみにお値段は2350円。

≫ "サヴォワ地方のアルテス。" の続きを読む...
「にじいろフォトグラフ」3巻。
2019年 02月 17日 (日) 08:57 | 編集
では、今月12日に発売のKRコミックスの中から倉崎もろこ先生「にじいろフォトグラフ」3巻の感想っぽい記事、行ってみましょうか。


20190213nijiphoto01s


この「にじいろフォトグラフ」、きららフォワードで19年2月号まで連載されていた作品でした。つまりこの3巻が最終巻ということになります。

思えばこの作品、フォワードの中では、いや全きらら作品の中でも本当に大好きな作品でした。きららフォワード、個人的には「なでしこドレミソラ」そしてこの「にじいろフォトグラフ」と自分の大好きな作品が立て続けに終わってしまって、正直少し購読欲が下がってきています…。


さて、この3巻の表紙ですが、描かれているのは葵ちゃんとサラちゃんの2人だけ。思えば1巻の表紙がこの2人だけで、2巻ではそこに友人姉妹の心ちゃん・由愛ちゃんが加わって作品世界が、そして葵ちゃんとサラちゃんの世界が広がったことが示唆されていました。

それがこの3巻では再び2人だけ…だけどそれは決して2人の世界が狭まったことを意味しているのではありません。背景に描かれたのは満開のひまわり畑。思えば葵ちゃんとサラちゃん、2人で一緒にひまわりを見たところから全てが始まったんですよね。

言わばその原点回帰的な、そんな表紙でしょうか。だけど勿論、ここに描かれているのはあの時の2人ではなく、今の2人。葵ちゃんの前髪が短いのもその証ですし、何よりサラちゃんのこの満面の笑顔。

葵ちゃんも微笑んでいますし、2人がこうやって揃って笑顔になれたのは、これまでの色々な出会いや経験を経てきたからこそ、なんだと思います。


帯の「出会えて、よかった」これは勿論、葵ちゃんのサラちゃんに対する気持ちを書いたものだと思いますが、同時に僕ら読者にとっての、この作品に対する気持ちでもあると、僕はそう思います。


20190213nijiphoto02s

裏表紙の方には、デフォルメながらお友達キャラクター全員集合。こうして見ると、色々あったけれど本当に葵ちゃんとサラちゃんの世界が広がっていったんだなぁと、そう感じてなんだかしみじみとします…。

≫ "「にじいろフォトグラフ」3巻。" の続きを読む...
ボルドーのセミヨン100%のクレマン。
2019年 02月 16日 (土) 22:57 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Ch. Haut Mallet Bourdieu Cremant de Bordeaux Brut」
(シャトー・オー・マレ ボルデュー・クレマン・ド・ボルドー ブリュット)

WINE_20190213_01s

WINE_20190213_02s

久々の泡です。スパークリングです。クレマンです。

それも今回はボルドーのクレマンなわけですが、なんとこのクレマン、セミヨン100%で造られたというちょっと変わり種!!

セミヨンと言うとボルドーではソーヴィニヨン・ブランとブレンドして白ワインに使われることが多いのですが、そのセミヨンだけで造られたクレマンというのはなかなかに珍しいかと。一体どんなクレマンなのか楽しみであります。

…まあ、セミヨン単体のワイン自体そもそもほとんど飲んだことないので、セミヨンがどんな個性の品種かって聞かれるとちょっとよく分からなかったりはしますが…w

ちなみに買ったのはいつもの葡萄屋さんで、お値段は2580円でした。

≫ "ボルドーのセミヨン100%のクレマン。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'19年3月号」感想。
2019年 02月 13日 (水) 09:22 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201903s


・表紙
今月の表紙は「けいおん!Shuffle」。まだ連載始まってからそんなに期間は経っていませんがこうして何度も表紙を飾って、すっかり無印の「顔」となった感はありますね。

おまけに今回は時期柄バレンタイン。チョコレート(作りかけ含む)を手にした三人娘それぞれの表情がなんとも可愛らしく、ピンクの背景と相まって華やかさや、バレンタインに高揚する気持ちだとかが伝わってきてとても良いですね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'19年3月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'19年2月10日(風雲ちゃんが改二になりました&バレンタイン2019)
2019年 02月 10日 (日) 10:58 | 編集
艦これなんですが、つい先日のメンテナンス&アップデートで夕雲型駆逐艦の風雲ちゃんに改二が実装されましたね。まあ彼女の改二は、秋雲さんの年末追い込みグラ等でも仄めかされていたので予想がついていたことではあります。

さて、ウチの風雲ちゃんは本日時点でレベル82。

kankore20190210_01s

風雲ちゃんの改二改装に必要なレベルは75とのことで充分に足りていますね。勿論、ステータスも全て改修MAXまで上がっています。


では、早速改装と参りましょうか。

kankore20190210_03s

風雲ちゃんの改装には改装設計図と戦闘詳報が必要となります。駆逐艦の改二はローコストで出来るのが利点でしたけど、最近は色々なものを必要としてくる子が増えてきてますよね…。

まあ、夕雲型は史実でも最新鋭駆逐艦だったので仕方がない気もしますが。

しかし…夕雲型でこれだと、秋月型だとか島風・雪風辺りに改二が来ちゃったらなんか物凄いもの要求してきそうで怖いですねw


≫ "艦これ日記'19年2月10日(風雲ちゃんが改二になりました&バレンタイン2019)" の続きを読む...
久々にオーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーを。
2019年 02月 09日 (土) 22:31 | 編集
では、一昨日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Kaiser Gruner Veltliner 2012」
(カイザー グリューナー・ヴェルトリーナー)

WINE_20190207_01s

WINE_20190207_02s

久々にオーストリアのワインです。

オーストリアと来れば、品種は勿論グリューナー・ヴェルトリーナー!!

秋くらいに葡萄屋さんで買ったもののそのまま飲まずにずっと置いていたもので、値段は1980円。グリューナー種は何度か飲んでますけど、いまいち自分の中でどんなワインってのを言い表しにくいワインなんですよね…。

さて、今回のグリューナーは果たしてどんなワインなのか…?

≫ "久々にオーストリアのグリューナー・ヴェルトリーナーを。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'19年3月号」感想。
2019年 02月 07日 (木) 12:59 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょう。


kirara_carat201903s


・表紙
先月号の次号予告ではシークレット扱いにされていた今月の表紙&巻頭カラーですが、「まちカドまぞく」来ました!! そしてアニメ化!!

…まあ、ぶっちゃけ予想通りだったんですけどねw

だって前々からもアニメ化の噂が出ている程に人気の作品ですし、先月号の次号予告シークレット扱いでも「?」が7文字分となっていて、現状のキャラットで7文字のタイトル作品ってこの作品しかないですし…。

しかし「まちカドまぞく」、アニメ化来るのならもう少し早くくると思ってたんですけどね。むしろ逆によくここまで引っ張ったなぁ、と。

あと色々心配なのはこの作品、きららでもいわゆる日常系とは少しズレた作風ですし、とにかく1コマ毎の密度がやたら濃い作品なんでよほど上手くアニメ化しないと難しいんじゃないかなぁ…と。

ストーリー的にも原作のどこまで消化するのがアニメ1クール分に一番最適なのか、ちょっと判断が難しいところがありますし…まあそれだけ逆に読者の期待感も大きいアニメ化だと思うので、制作側にはどうにか頑張って頂きたいところですね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年3月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'19年2月03日(節分だー!!)
2019年 02月 03日 (日) 12:13 | 編集
さて、艦これなんですが前回のメンテナンス以降、鎮守府は節分モード真っ盛りな状況になっていますね。そして今年も何名かの艦娘に新たに節分モードが実装されましたので以下に。


まず、朝潮型駆逐艦にして前回冬イベのE1報酬艦だった峯雲ちゃん。

kankore20190203_06s

胸部装甲の分厚さのせいで、実装当時から「本当に朝潮型なのか?」とあちこちで物議を醸し出してきた峯雲ちゃん。今回の節分衣装だとそこまで…て感じにも見えますが、まあこれは単に着痩せしてるだけなんでしょうね…w

それにしても大方の予想だと、彼女よりもむしろドロップ艦の早波ちゃんに限定グラが来るんじゃないかと言う声が多かったのですが、結局峯雲ちゃんの方に来ましたね。

まあ、早波ちゃんは夕雲型だから、過去の事例から言って夕雲型に限定グラフィックが来ることが多いからと言うのもありますが、しかし今回は新規艦の限定グラはドロップ艦じゃなく報酬艦にした辺りに運営の良心と優しさが見える気がします…ww


≫ "艦これ日記'19年2月03日(節分だー!!)" の続きを読む...
アルザスの珍品、クレヴネール・ダイリゲンシュタイン。
2019年 02月 02日 (土) 22:41 | 編集
では、先週末に飲んだワインの感想日記、行ってみましょうか。
(…ってもう今週末ですがw)


「Gerard Metz Klevener De Heiligenstein 2016」
(ジェラール・メッツ ダイリゲンシュタイン)

WINE_20190127_01s

WINE_20190127_02s

葡萄屋さんで買ったアルザスの白ワイン。アルザスのワインはぶっちゃけ全ワインの中でも最も好きと言って良い位に大好きなのですが(特にゲヴュルツトラミネールとか)、このワインは品種が全く未知の品種。

その名も…クレヴネール・ダイリゲンシュタイン!! いや何その品種全く聞いたこともないですよ…。

アルザスの白と言えばゲヴュルツかピノ・グリかリースリングかピノ・ブラン、あとはシルヴァネールかミュスカ位だと思っていたのですが、まだまだ知らない品種があるものですね…本当にワインは奥が深いです。

とりあえずこのワイン、「中辛口」とあるので僕の好みにドンピシャな予感がしています。アルザスの白で辛口でありつつもしっかりと甘みを感じる、むしろ中辛口と言った方がしっくり来るワインって大体僕の好みなんですよね。

ゲヴュルツトラミネール初め、ピノ・グリしかりミュスカしかり…果たしてこのワインはどんなワインなのでしょうか。

≫ "アルザスの珍品、クレヴネール・ダイリゲンシュタイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...