「真面目ガールと青春ランジェリー」1巻。
2019年 03月 30日 (土) 12:25 | 編集
では、今月27日に発売されたコミックス「真面目ガールと青春ランジェリー」1巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。


20190330majiran01s


この「真面目ガールと青春ランジェリー」、あのタチ先生が「コミック電撃だいおうじ」に活動の場を移して描かれている作品ですね。

タチ先生と言えば、今となってはもう、百合好きならばその名を知らない人はいないと言っても過言ではない、百合の名手とも言うべき存在。これまでにも色々な百合作品を生み出してきました。

デビュー作にしてアニメ化もされた「桜Trick」ではとにかくキスにこだわった百合(後半は登場人物の感情に重きを置いたシリアスなストーリー)、「双角カンケイ。」では双子姉妹を中心にした三角関係、いや四角関係のドロドロ百合、「かなえるLoveSick」ではファンタジー要素も交えた百合…。

そして今回の「真面目ガールと青春ランジェリー」でタチ先生が題材として選んだのは、タイトル通りにランジェリー、なんと下着!!

下着×百合というこれまたありそうで無かった組み合わせ、この発想を思いついてしまう辺りがホント、タチ先生さすがだなぁと思わざるを得ません。

主人公は、表紙に大きく描かれた梅宮蘭ちゃん。恥ずかしそうにランジェリーを手に持った姿が実に印象的。あとこの表紙、よく見ると下着に関するうんちくが細かく書かれていたりするんですよね…w


裏表紙はこちら。

20190330majiran02s

蘭ちゃんともう1人、金髪ツインテの美少女が描かれています。彼女はハーフの小阪ジェラルディーンちゃん、通称ジェリーちゃん。この作品のもう1人の主役と言うか、蘭ちゃんの相方的な存在ですね。

ちなみに蘭ちゃんとジェリーちゃん、2人の名前を合わせると「ランジェリー」になっていたりします。

≫ "「真面目ガールと青春ランジェリー」1巻。" の続きを読む...
2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(6)
2019年 03月 28日 (木) 19:29 | 編集
- 三日目(前編)・旧客使用のSLぐんまよこかわに乗車 -

2月23日(土)。当初の天気予報では旅行中この日だけ天気が崩れる予定でしたけど、予報が変わって本日もなかなかに良い天気です。

さて、今回の旅行は基本、ヤマノススメの聖地巡りが主なのですが、鉄的な要素も勿論忘れてはいません。その一番大きな目玉が本日の午前中に乗る「SLぐんまよこかわ」です。


さあ、起きてまずはホテルのレストランで朝食。

201902kitakantou093s

バイキング形式だったので、適当に洋食ぽいチョイスで選んだらこんな感じに。スープがカリフラワーのポタージュだったのですが、これが優しい味で胃に染みました…やっぱり、お酒飲んだ翌日はこういうのが良いですよね。

さて、腹ごしらえも済ませて出発です。

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(6)" の続きを読む...
たまにはアルザスのピノ・ノワールを。
2019年 03月 27日 (水) 15:25 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Gerard Metz Pinot Noir Vieilles Vignes 2017」
(ジェラール・メッツ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ)

WINE_20190324_01s

WINE_20190324_02s

たまには赤ワインを。少し前に葡萄屋さんで買ったワイン。アルザスのピノ・ノワールですね。

正直言うと僕、白ワインは品種ごとの味の違いが分かっても、赤ワインってどうもよく分からないんですよね…だけどピノ・ノワールだけは別。この品種だけはハッキリ他と違うと分かりますw

で、そうは言ってもピノも産地によって様々なので、自分の好きなワイン産地であるアルザスのピノ・ノワールをたまには飲んでみようと買ってみた一本。

ちなみにお値段は3,150円と結構しましたが、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」とある通りいわゆる古樹から造られたワインなので、まあこれ位の値段がするのも仕方ないでしょう。

≫ "たまにはアルザスのピノ・ノワールを。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'19年4月号」感想。
2019年 03月 24日 (日) 11:00 | 編集
では、遅くなりましたが9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201904s


・表紙
今月の表紙は「スロウスタート」…なんですが、こういういわゆる「変顔」での表紙はなかなかに珍しい気もします。そしてそこに写っているのは花名・たまて・冠の3人。

ああ、やっぱりこういう時はえーこちゃんは外れるのね…とw

逆にむしろ、志温さんとかこういうのノリノリでやってくれそうな気もします。万年さんは…多分恥ずかしがっちゃって無理、だろうなぁw


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'19年4月号」感想。" の続きを読む...
2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(5)
2019年 03月 22日 (金) 20:54 | 編集
- 二日目(後編)・高崎へでワインを楽しむ -

高崎駅を出て、街を歩いていきます。

201902kitakantou079s

しかし改めて見ると高崎駅、本当に大きな駅ですし、駅前も大きな建物が幾つもあって大都会といった様相。ネットだとしばしばグンマーとかネタにされてる群馬県ですが、少なくともこの高崎周辺は普通に都会ですよね。


さて、今回泊まるホテルなんですが、駅からちょっと離れたところにある模様。ネットの地図アプリなど参考にしながら歩いていきますが、途中で通った商店街でまさに昭和の遺産的なものに遭遇。

201902kitakantou080s

廃館してしまった映画館。調べたところ2003年、つまり今から15年以上前に廃館となっているみたいですね。

そう言えばこの映画館のある商店街もかなり昭和の雰囲気が残っていて、駅前の現代的で都会的な雰囲気とはまるで対極的な様相を見せているのが印象的でした。

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(5)" の続きを読む...
シャブリのスパークリング。
2019年 03月 21日 (木) 12:38 | 編集
昨日・今日とお休みです。と言ってもまあ、どこへも出かけたりせず、ずっと家に引きこもってだらだら過ごしてますが…w

まあでも、こういう連休も大切ですよね。と言ったところで昨夜開けたお酒の感想日記でも。


「GILLES&ROMAIN COLLET CREMANT DE BOURGOGNE」
(ジル&ロマン・コレ クレマン・ド・ブルゴーニュ)

WINE_20190320_01s

WINE_20190320_02s


先日の旅行の際に飯能のワインショップ「FUKASHIN」さんで買ったうちの一本。

ブルゴーニュ産のいわゆる「クレマン」なんですが、なんとこれ、シャブリ地区のドメーヌが自社畑で栽培したシャルドネを原料に作ったというクレマン。

いわば、「シャブリのスパークリングワイン」と言える一本なわけですね。

シャブリと言えば豊富なミネラル感、それにキリリとした酸の効いた辛口ワインという印象ですが、果たしてそれがスパークリングになるとどんな風になるのか。とても興味深いワインです。

ちなみにお値段の方は多分、3000円弱とかそんなもんだったと思われます。

≫ "シャブリのスパークリング。" の続きを読む...
2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(4)
2019年 03月 20日 (水) 11:15 | 編集
- 二日目(前編)・高崎へ、そして上信電鉄乗り鉄 -

2月22日(金)。今回の旅行2日目、天気は今日も良さそうです。

さて、元々の予定では飯能でのヤマノススメ聖地巡礼が1日で終わるかどうか分からないので、この2日目を予備日にして、午前中は飯能で過ごして午後から列車で高崎へ向かうつもりでした。

しかし、昨日だけであらかた、観たかった場所は全て回ることが出来てしまったのでこの日は早々に高崎へと移動することにします。

その前に、とりあえず朝食。

201902kitakantou059s

朝食は和朝食とお粥の2つからチョイス出来ましたけど、まよわずにお粥をチョイス。やっぱり飲んだ翌日はお粥みたいにお腹に優しいものを食べたくなりますよねw


さて、ご飯を食べて準備をして、そして部屋でちょっとのんびりしてから出発。

まずは東飯能の駅まで歩き、そこから八高線に乗車します。

201902kitakantou060s

東飯能9時54分発の列車。この通勤形に乗るのは一駅だけ。次の高麗川で下車します。

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(4)" の続きを読む...
郡上のお酒「踊り免状」飲み比べ。
2019年 03月 19日 (火) 22:48 | 編集
さて、それでは先週末に飲んだお酒の感想を。今回は日本酒。母が郡上八幡へ日帰り旅行へ行ってきて、その土産で買って来たお酒ですね。

お酒は2本。どちらも岐阜県加茂郡川辺町・平和錦酒造さんのお酒「踊り免状」。このお酒はどうやら母が郡上で立ち寄った酒屋「上田酒店」さんだけで売られている、いわぱPB的な商品の様です。


まずは「特別純米酒(原酒)」。

sake20190316_01s

sake20190316_02s


原料米は五百万石。精米歩合60%に日本酒度は+3、酸度は1.6。アルコール分は17~18度。

特別純米酒でも、いわゆる原酒ですね。そのため、度数17度~18度と、普通の日本酒に比べて高めの度数となっています。
≫ "郡上のお酒「踊り免状」飲み比べ。" の続きを読む...
「スローループ」1巻。
2019年 03月 16日 (土) 11:05 | 編集
では、今月12日に発売されたKRコミックスの中から「スローループ」1巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。

この「スローループ」、かつてはきららミラクで「ななつ神オンリー!」を連載されていたうちのまいこ先生がきららフォワードで現在連載されている作品ですね。


20190316slowloop01s


表紙には2人の美少女。左側の黒髪の子がひよりちゃん、右側の金髪サイドテールの子が小春ちゃん、彼女ら2人がこの作品の主人公ですね。

そしてひよりちゃんの手にはロッド(釣り竿)、小春ちゃんの手には釣り上げられたと思しきニジマスの姿…そう、そうなんです。この作品、きららにも珍しい「釣り漫画」なんです。

きらら系雑誌の作品はどれも「美少女と萌え」を中心にしながらも、作品によって実に様々な題材を取り上げていますが、でもきらら系で釣り作品と言うのは何気に初めてなのではないでしょうか。

それも、ただの釣りじゃあありません。釣りをかじった人なら見れば分かると思いますが、ひよりちゃんが持っているロッド、これフライフィッシングのロッドなんですよね。

釣り漫画と言うだけでもきららではマイナーなのに、更にそこでフライフィッシングを選んでくる辺りがうちのまいこ先生、マニアック過ぎる!!


ちなみにうちのまいこ先生と言えば、前作の「ななつ神オンリー!」でも釣り描写を描かれたことがあって、その時はフライフィッシングの道具なのにウキを使っていたもんだからてっきり僕は「これは間違いなのでは…」なんて思ったのですがとんでもない!! 間違えているのは僕の方でした…。

後で知ったのですが、フライフィッシングでもウキを使ったやり方があるんですよね…この時は自分の無知を恥じたと同時に、逆にうちのまいこ先生はガチの釣り好きだと認識したのでした。

そのうちのまいこ先生が描き出す釣り漫画、個人的にはまさにこういうのを待っていたと言う感じですよ。やっぱりウンチク系漫画は、その題材を本当に好きで詳しい人が描かないと。


裏表紙はこんな感じ。

20190316slowloop02s

描かれているのはひよりちゃんの幼馴染みで釣り道具屋さんの娘、恋ちゃん。この釣り道具屋さんもフライフィッシング専門の釣具屋さんだったりと、やはりマニアック。

≫ "「スローループ」1巻。" の続きを読む...
2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(3)
2019年 03月 13日 (水) 20:42 | 編集
- 一日目(後編)・飯能でワインを楽しむ -

さて、飯能でのヤマノススメ聖地巡礼を終えて時間は14時過ぎ。予想よりも早くに終わってしまいました。まだホテルに行くにも早過ぎますし、ここで一軒、とあるお店に行ってみることにします。

201902kitakantou041s

それがこちら、ワインショップFUKASHINさん。

飯能にお住まいのツイッターフォロワーさんが事前に、飯能に面白いワインショップがあると教えて下さってたので、是非行ってみようと思ってたんですよね。

で、こちらのワインショップ…物凄い面白かったです。とにかく品揃えがユニーク。他では見ない様なシロモノばかりで、おまけにそれでいて値段もさほど高くない。

店主さんも、値段は張らずにレアで面白いワインを揃えるという方針の様で、本当に変わったワインがたくさんありました。ネッビオーロ種の白ワインだとか古樹のミュスカデだとかロワールのソーヴィニヨン・グリだとかシャブリの泡だとか…。

あまりに面白かったので気がつけば10本、2万8千円分のワインを買ってましたw

まさか旅先でこれだけたくさんワイン買ってしまうとはな…。


さて、これで時間も15時を回ったのでホテルへ向かいます。

201902kitakantou042s

201902kitakantou043s

本日の宿は「飯能第一ホテル」さん。まあ、ごく普通のビジネスホテルといった感じですね。

201902kitakantou044s

ただ、ロビーの、何かの扉にヤマノススメのポスターが貼ってありました。アニメ放映中はグッズ販売だとかもっと他にも色々コラボしていたみたいですね。

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(3)" の続きを読む...
珍品・ロワールのソーヴィニヨン・グリ。
2019年 03月 12日 (火) 17:25 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想、行ってみましょうか。


「Domaine Du Colombier Sauvignon Gris 2016」
(ドメーヌ デュ コロンビエ ソーヴィニョン・グリ)

WINE_20190310_01s

WINE_20190310_02s

先月の旅行の際に飯能のワインショップ「FUKASHIN」さんで買ったうちの一本。ロワールのワインなんだけれど、品種がなんとソーヴィニヨン・グリ!!

ロワールでソーヴィニヨン・ブランはよく使われる品種ですが、ソーヴィニヨン・グリはほとんど見かけないんじゃないか…と。なのでこのワイン、店頭で見かけた瞬間に「これは珍しい」と半ば衝動買いでしたw

ちなみにお値段は1600円くらいだったんじゃないかなと思われます。

一体どんなワインなのか…ソーヴィニヨン・ブランとの違いを比べてみたいですね。

≫ "珍品・ロワールのソーヴィニヨン・グリ。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'19年4月号」感想。
2019年 03月 10日 (日) 09:47 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、いってみましょうか。


kirara_carat201904s


・表紙
「恋する小惑星」アニメ化キター!!


いやはやまさか本当に来ちゃうとは…確かにこの作品、一部でかなり話題になっててアニメ化の噂も出ていましたし、僕自身も大好きで以前つくばに聖地巡礼に行ったこともありますけど、でもまさか本当にアニメ化来ちゃうとはね。ビックリです。

いや、仮に来るにしてもキャラット3号連続重大発表の最後に来るんじゃないかと思ってたんですよ。なにしろまだ単行本は1巻しか出ていないわけですし、他にアニメ化が噂されている作品は単行本が2巻、3巻まで出ていたりするわけですしね。

しかし嬉しい。ホント嬉しいです。正直ちょっと時期尚早な気もしなくはないですが、まあでも発表がこの時期でも放映がもう少し後ならば話のストックももう少し貯まるでしょうし…その辺りはきっとなんとかなるハズ。

あとはせっかくこの作品をアニメ化するのなら、臆して地学要素を薄めるようなことだけはしないで欲しいですね。いやいっそむしろ、地学の専門家を監修に付けて徹底的にやる位して欲しいですよ。そうすれば他のきららアニメとは一線を画した面白いものになるハズ。

それはさておき今回の表紙、良いですね。実にこの作品らしさが詰まっています。きららで黒系の表紙ってなかなか無いですが、「天体」をテーマにしたこの作品だからこそこの黒い表紙が許されるし映えますよね。

主役5人がきちんと描かれているのも良いですし、なによりみらちゃんとあおちゃんがさりげなく手と手を握り合って…ああっ、ああっ!!(呼吸困難)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年4月号」感想。" の続きを読む...
珍品・ネッビオーロ種の白ワイン。
2019年 03月 09日 (土) 22:23 | 編集
さて、それでは先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Piemonte Bianco DOC "Le Quattro Terre" 2016」
(ピエモンテ ビアンコ DOC "レ・クアットロ・テッレ" 2016)

WINE_20190307_01s

WINE_20190307_02s

先日の旅行の際に飯能のワインショップ「FUKASHIN」さんで買ったうちの一本。イタリア・ピエモンテ州の白ワインなんだけれど、変わっているのがなんとこのワイン、ネッビオーロ種を使ったものなんだとか。

ネッビオーロと言えば通常は赤ワインに使われる黒ブドウの品種。黒ブドウで白ワインを造るのはピノ・ノワール辺りではしばしば見かけるけどネッビオーロは初めて。これは珍しいと衝動買いしてしまいましたw

ネッビオーロだけじゃなく、どうやらシャルドネもブレンドされているみたいですね。値段は2300円前後だったと思いますが、このお店のレシート、全て「果実酒」となってたので買ったワインのどれがどの値段だったか詳しいことが分からず…w

≫ "珍品・ネッビオーロ種の白ワイン。" の続きを読む...
2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(2)
2019年 03月 08日 (金) 00:00 | 編集
- 一日目(中編)・飯能でヤマノススメ聖地巡礼後編 -

さて、それではいよいよ天覧山へ…の前に、せっかくなのでタイムズマートさんでソフトクリームを買って登る前の腹ごしらえとします。

201902kitakantou024s

実に30種類以上あるソフトクリームの中から僕が選んだのは北海道小倉のソフトクリーム。コーンはもちろん、ここなコーンをチョイス。ええ、まさに小倉尽くしと言うわけですね(おい)

小倉ソフト、小豆の味たっぷりなんだけどとてもクリーミィで美味しかったです。このタイムズマートさん、ヤマノススメのファンなら是非訪れてみるべきスポットですが、ソフトクリーム好きにもオススメしたい場所ですね。


さて、タイムズマートさんのすぐ横に天覧山への登り口があります。

201902kitakantou025s

ここから登っていきます。さすがに山だけあって坂は結構キツイですが、道はずっと舗装されているので気楽に歩いていけます。そして10分もしないうちに開けた場所に出ました。

201902kitakantou026s

えっ…まさかもう山頂に着いちゃったの…なんて思いましたけどそんなわけはありません。ここはあくまで中腹の広場、ですね。

そしてここからは道が舗装されていないので、割としっかり登山っぽくなってきますw

≫ "2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(2)" の続きを読む...
艦これ日記'19年3月7日(むっちゃんが改二になりました&艦娘お出かけモード)
2019年 03月 07日 (木) 13:03 | 編集
さて、艦これなんですが先月の末にアップデート&メンテナンスがありましたね。そこで実装されたのが長門型戦艦二番艦・むっちゃんこと陸奥の改二ですね。

さて、ウチのむっちゃん、練度は充分だったのですが色々あって本日まで改装が遅れてしまいました…ちなみに現在のレベルは98。改装に必要なレベルは89とのことで、充分に達しています。

kankore20190307_02s

もちろん、ステータスも全て改修MAX。と言うことで改装と参りましょうか。


むっちゃんの改装に必要な資材は弾薬8800に鋼材9200。まあ、資材コストがかかるのは戦艦なので仕方がありません。

kankore20190307_05s

しかしそれ以外は改装設計図のみでOKと言うのが初心者にも優しい仕様ですね。なにしろ最近は駆逐艦の子でも設計図以外の特別なものを要求してくる子とかいますからね…。

そう考えると、戦艦の中でも強力な長門型戦艦の改装が設計図のみでOKと言うのは非常に良心的な気がします。

≫ "艦これ日記'19年3月7日(むっちゃんが改二になりました&艦娘お出かけモード)" の続きを読む...
自分祝いにフランチャコルタを。
2019年 03月 06日 (水) 22:17 | 編集
では、先週末に開けたワインの感想日記を。実は先週末、自分の誕生日でした。で、誕生日となればいつもより少し良いワイン、それも泡モノで乾杯したくなるもの。

そんなわけでチョイスしたのがこちら。


「Monzio Compagnoni Franciacorta 2012」
(モンツィオ・コンパニョーニ・フランチャコルタ)

WINE_20190302_01s

WINE_20190302_02s

先日旅行した際に、飯能のワインショップ「FUKASHIN」さんで買ったワインのうちの1本。この「FUKASHIN」さん、非常に面白いワインショップだったのでまた、旅日記の中でも少し触れようと思います。

イタリアのスパークリングワインなんだけれど、いわゆるフランチャコルタ。物凄い乱暴な言い方するとフランチャコルタと言うのは、フランスのスパークリングワインにおけるシャンパーニュに近い位置付けのワインですね。

要するに、特定の地方でなおかつ特定の製法、特定の品種のみを使って作られたものでないと名乗ることが出来ないというワイン。だからお値段もそれなりに張るものが多いのですが、このフランチャコルタは3000円台と破格のお値段でした。

≫ "自分祝いにフランチャコルタを。" の続きを読む...
「また教室で」2巻。
2019年 03月 02日 (土) 14:10 | 編集
では、先月27日発売のKRコミックスの中から吉北ぽぷり先生「また教室で」2巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。


20190302matakyoshitsude01s


この「また教室で」、かつてはきららミラクで連載されていた作品ですね。それがミラクの休刊と共にWEB掲載に連載の場を移し、そしてWEBの方でも先日、連載が最終回となった作品です。

なので、これが最終巻というわけですね…(涙)

表紙に描かれているのは1巻と同じく天羽きさらちゃんと立花ひなこちゃんの2人。きらら作品においては、1巻の表紙はメインキャラ2人でも巻数が進むと他のキャラも描かれるというケースが多いのですがこの作品は2巻でも表紙はこの2人のみ。

勿論この作品も他の作品と同様、話が進む毎にキャラクターも増えてきたのですが、それでも表紙を飾るのはこの2人と言うのはやはり、この作品はこの2人の為の物語だから、と言えるでしょう。

それにしてもお互いの手と手を合わせてハートマークにしているところとか、本当に本当に尊いです…この作品はガチな百合と言うよりは女の子同士の可愛らしい友情物語だと思うのですが、でもこういう絵を見てしまうとやはり「尊い」以外の言葉が出てこなくなりますね…。

そしてまた、帯の「ずーっとなかよし♥」というのがまた良いです。更にその横のコマ…全くもう、ひなこちゃんってばごく自然にさらっとこういうことをやっちゃう子だから…!!


裏表紙はこちら。

20190302matakyoshitsude02s

天羽きさらちゃんのライバルキャラとして…と言うよりは彼女に一方的にツンデレな好意を抱くキャラクターとして描かれていた前園あすかちゃんを真ん中に、彼女の所属するアイドルユニットBKA24の3人が描かれていますね。

あすかちゃんは勿論のこと、この巻から登場する他の2人・BKAのセンターこと桂川さんも、チンチラちゃんも共になかなかに個性的で良い味出しているキャラクターです。

≫ "「また教室で」2巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...