たまにはアルザスのピノ・ノワールを。
2019年 03月 27日 (水) 15:25 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Gerard Metz Pinot Noir Vieilles Vignes 2017」
(ジェラール・メッツ ピノ・ノワール ヴィエイユ・ヴィーニュ)

WINE_20190324_01s

WINE_20190324_02s

たまには赤ワインを。少し前に葡萄屋さんで買ったワイン。アルザスのピノ・ノワールですね。

正直言うと僕、白ワインは品種ごとの味の違いが分かっても、赤ワインってどうもよく分からないんですよね…だけどピノ・ノワールだけは別。この品種だけはハッキリ他と違うと分かりますw

で、そうは言ってもピノも産地によって様々なので、自分の好きなワイン産地であるアルザスのピノ・ノワールをたまには飲んでみようと買ってみた一本。

ちなみにお値段は3,150円と結構しましたが、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」とある通りいわゆる古樹から造られたワインなので、まあこれ位の値段がするのも仕方ないでしょう。

≫ "たまにはアルザスのピノ・ノワールを。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...