「まんがタイムきららキャラット'19年8月号」感想。
2019年 06月 30日 (日) 08:38 | 編集
では、一昨日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201908s


・表紙
今月の表紙は「まちカドまぞく」。コミックス最新巻も発売されましたし、なんと言ってもアニメの方もいよいよ来月から放送開始ですからね。となると、今月だけじゃなくこれから数ヶ月間はこの作品が表紙で行くのでしょう。

(アニメ化決定の他二作に何か新情報が来ればまた変わるかもしれませんが)

しかし今月の表紙、シャミ子&ごせんぞの2人と言うのも何気に珍しい組み合わせな気がしますね。いや作中では当たり前な組み合わせなんだけれど、表紙でこの組み合わせは結構レアと言うか…。

ていうかそもそもごせんぞ、キャラット表紙に登場出来るだなんて、キャラクターとして随分出世したなぁと言う気がしますねw


・まちカドまぞくアニメ情報
シャミ子&桃ちゃんの立ち絵が公開されていますね。見た感じなかなか良い雰囲気。原作絵を上手にアニメに落とし込んでいるなぁという気がしますね。

あと、公式サイトにあがってるPVの方も観ましたがかなり出来が良さそうで期待が膨らみますね。制作会社のJ.C.STAFFは当たり外れ大きい印象があるので個人的に心配でしたけど、これは上手いこと「当たり」の方引いたかもしれませんね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年8月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'19年6月26日(海風ちゃんが改二になりました&艦娘梅雨モード)。
2019年 06月 26日 (水) 12:22 | 編集
さて、艦これなんですが昨日のメンテナンス&アップデートで2019年の春イベが終了しましたね。しかし春イベと言いつつ実際には6月後半まで持ち越してしまったので初夏イベ…? そうなると今年の夏イベやその後のスケジュールはどうなるのでしょうか。ちょっと心配だったりしますw

で、昨日のメンテでイベントが終了したと同時に、新たな改二艦娘が実装されましたね。それが白露型…と言うか、改白露型の海風ちゃん。

kankore20190626_02s

ちなみにウチの海風ちゃんは本日時点でレベルは86。まあ、余裕で改装レベル超えてますね。一応ウチの鎮守府、春イベお迎えの新艦娘以外は全員レベル85以上ありますし…。

と思ったら海風ちゃんの改装必要レベル、なんと82レベルだったらしく、ちょっと危なかったなぁ…と。最近は駆逐艦の子でも高練度のレベルを要求してくるので侮れませんね。


さて、それでは改装と参りましょうか。

kankore20190626_05s

海風ちゃんの改装に必要な資材は弾薬390に鋼材360。駆逐艦の子は資材コストが低いのが助かります。そしてあとは戦闘詳報が必要。まあ、最近は駆逐艦の子でも改装の際に色々と要求する子が増えてきましたからこれも覚悟していましたが、改装設計図が必要じゃなかったのでホッとしました。

ぶっちゃけ戦闘詳報は結構余ってるんですよね…設計図の方がやばい。なにしろ最近、設計図を2枚要求する様な方々がいらっしゃいますからね…w


≫ "艦これ日記'19年6月26日(海風ちゃんが改二になりました&艦娘梅雨モード)。" の続きを読む...
久々のシャブリは古樹でオーク樽熟成の変わりダネ。
2019年 06月 25日 (火) 22:29 | 編集
では、先週末の夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Alain Geoffroy Chablis Cuvee Vieilles Vignes 2017」
(アラン・ジョフロワ シャブリ キュヴェ・ヴィエイユ・ヴィーニュ)

WINE_20190623_01s

WINE_20190623_02s


久々のシャブリですね。シャルドネは好きでデイリーワインでもよく飲みますし、外へ行った際にもしばしば頼みますが、シャブリは何気に久々だなぁ…と。

しかもこのシャブリ、「ヴィエイユ・ヴィーニュ」とあるのでいわゆる古樹を使用したものですし、何より面白いのが半年間のオーク樽熟成をしていると言うところ。

シャブリと言うとそのくっきりとしたミネラル感や強い酸を活かす為にステンレスタンク醸造しているものが大半ですが、でもこのシャブリはオーク樽熟成。

シャブリならではのシャープな味わいが、オーク樽と出会うことでどうなっているのかが非常に楽しみな一本であります。

ちなみに葡萄屋さんで買ったのですが、価格は2550円でした。

≫ "久々のシャブリは古樹でオーク樽熟成の変わりダネ。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'19年7月号」感想。
2019年 06月 21日 (金) 22:16 | 編集
では、9日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。


kirara_201907s


・表紙
今月の表紙は最終回を迎える「うらら迷路帖」。この作品が終わってしまうことで、きららミラクの歴史がほぼ完全に終わってしまうんだなぁ…と、なんだか切なくも悲しい気持ちになりますね…。

まあそれはさておき、きちんとメインキャラ5人全員集合、そして皆笑顔で表紙を飾っているのが良いですね。ああ、もっと彼女たちの笑顔を見守っていたかった…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'19年7月号」感想。" の続きを読む...
「パルフェ3」。
2019年 06月 16日 (日) 08:18 | 編集
さて、それでは先月末に買ったコミックスの中から、百合姫コミックスの「パルフェ3」の感想っぽい記事を。


2019611parfair01s


この「パルフェ3」、いわゆる「おねロリ物」の百合作品を集めたアンソロジーなんですよね。元々百合は好きなものの特におねロリ的な趣向な無かった僕ですが、なぜ今回このコミックスを買おうと思ったのか。

それはなんと言っても、あの「なでしこドレミソラ」のみやびあきの先生が参加されていらっしゃる。もうこれに尽きます。みやびあきの先生が一体どんなおねロリ百合を描かれるのか実に興味津々…。

そして実際に買って読んでみたところ、他の作品も良質揃いだったので、以下に気になった作品について簡単に感想などまとめていきますね。

≫ "「パルフェ3」。" の続きを読む...
久々のソーヴィニヨン・ブランはナパ・ヴァレー産で。
2019年 06月 15日 (土) 22:36 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Honing Souvignon Blanc Napa Valley 2018」
(ホーニッグ ソーヴィニヨンブラン ナパ・ヴァレー)

WINE_20190611_01s

WINE_20190611_02s


久々にソーヴィニヨン・ブランを。それもアメリカ・カリフォルニア、ナパ・ヴァレーのソーヴィニヨン・ブランですね。

まあ、厳密にはソーヴィニヨン・ブラン100%ではなく、セミヨンとミュスカがブレンドされているみたいですが、その分量はそれぞれ7%、1%なので実質ソーヴィニヨン・ブラン単体のワインと思っても差し支えないでしょう。

葡萄屋さんで買ったものでお値段は3050円。オーク樽熟成をさせているとのことで、一体どんな味なのか非常に興味があります。

ボルドーの、セミヨンと半々にブレンドしたようなものだとオーク樽熟成させてあるものは多いですが、その他の国・地域でオーク樽を使ったソーヴィニヨン・ブランってなかなか見かけないんですよね。

あとこのワイン、ラベルがめっちゃ洒落ています。瓶全体にグリーンの模様が浮き出ている様に見えますが、これバックラベルに描かれているイラストがワインの液体を通して映し出されているんですよね。

≫ "久々のソーヴィニヨン・ブランはナパ・ヴァレー産で。" の続きを読む...
御嵩小旅行。
2019年 06月 12日 (水) 22:23 | 編集
先週末の休みなんですが、ちょいと小旅行に出かけてました。まあ、小旅行というほどのものでもないですが…犬山の更に向こう、御嵩まで行ってました。

そもそもなんで御嵩に行ってみようかと思ったかと言えば、昔からあの辺りの名鉄の終着駅が気になっていたんですよね。そういう意味ではもっと前に、八百津線が廃止になる前に行くべきだったのかもしれませんが。


さて、御嵩に行くにはまず名鉄電車で犬山まで。犬山から広見線に乗り換えます。

20190608mitake01s.jpg

車両は5000系。最近名鉄に増えてきたシルバー車体の車両ですね。と言ってもこの5000系は車体だけ新造車で、足回りはパノラマスーパー1000系のものを流用しているんですけどね。

犬山を出て、しばらくは住宅街の中を走っていきます。

20190608mitake02s.jpg

20190608mitake03s.jpg

が、すぐに車窓はローカル線のそれへと移り変わります。辺り一面に広がる田園風景…しかしこの広見線、末端区間のローカル線のくせに複線というのが何気に生意気ですw

≫ "御嵩小旅行。" の続きを読む...
艦これグラスで飲むシャンパーニュ。
2019年 06月 11日 (火) 07:30 | 編集
さて、それでは先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょう。


「Champagne Roualet Desbordes Brut」
(シャンパーニュ・ルアレ・デボルド・ブリュット)

WINE_20190608_01s

WINE_20190608_02

葡萄屋さんで買ったシャンパーニュですね。お値段は3350円とシャンパーニュにしてはお手軽。まあそれでもシャンパーニュはシャンパーニュです。

ちなみに品種はピノ・ムニエ67%、ピノ・ノワール33%と、黒ブドウのみで造られたいわゆるブラン・ド・ノワールということになりますね。

さて、先週末は特に何かおめでたいことがあったとかお祝いとかそういうのでも無いのになぜシャンパーニュを開けようと思ったのか…それは、このグラスの為です。

WINE_20190608_00s

そうです。艦これ×リーデルコラボのシャンパーニュグラス。少し前に届いたこれを使いたかったが為にシャンパーニュを開けることとなりました。

しかしこのグラス、箱を開けて開封した瞬間「これ本当にシャンパーニュグラスなの?とビックリしてしまいました。いわゆるフルート形状の長細いグラスじゃないのは勿論、横幅も膨らみもあって、まるで普通のワイングラスみたい。

いや実際、シャンパーニュだけじゃなく、軽めの白ワインとかならイケてしまうのではと思う様な形ですよね。

でも本当はシャンパーニュもフルート形状のグラスではなく、こういう深めのグラスで飲むのが良いのだという話もありますね。さあ実際、この形のグラスで飲んでみたら味わいとかどう感じるのか。

≫ "艦これグラスで飲むシャンパーニュ。" の続きを読む...
「まんがタイムきららキャラット'19年7月号」感想。
2019年 06月 08日 (土) 07:29 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみるとしましょうか。


kirara_carat201907s


・表紙
今月の表紙は「NEW GAME!」。キャラット、3作品も一気にアニメ化が決まったので表紙はその3つで回すのかと思いきや、意外に他の看板作品も織り交ぜてきますよね。

しかし今回の表紙、青葉&八神と言うのは、八神さんが帰ってきたこのタイミングの表紙としては非常にバッチリだったのかな、と思います。


・まちカドまぞくアニメ情報
新しいキービジュアルとメインキャストが発表されていましたね。キービジュアル見る限り原作の絵の雰囲気が良い具合に再現されていてなかなかに期待出来そうです。

ただ、J.C.STAFFは当たり外れが大きい印象が個人的にはあるので、それがちょっと怖いところ…上手いこと当たりの方を引ければ良いのですが。

あとメインキャストですが…うーん、鬼頭さん位しか分からない。鬼頭さんと言えばきらら系で言えば「ブレンド・S」で夏帆ちゃんを演じていますよね。桃ちゃんはまた全然違うタイプのキャラなので一体どんな風になるのか想像がつかない…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'19年7月号」感想。" の続きを読む...
艦これ日記'19年6月6日(2019年春イベクリア&全艦娘コンプ継続)。
2019年 06月 06日 (木) 07:12 | 編集
さて艦これなんですが、開催中の春イベントクリアしました。そして先日の休みの日にフレッチャーちゃんもお迎えすることが出来て、これで自分の中では今回の春イベ、完全勝利Sにして完全終了となりました。


と、そんなところでまずは前回の続きで、E3攻略から。

E3「アリューシャン列島沖・敵戦力牽制! 第二次AL作戦」

kankore20190525_55s

ここはダブルゲージのステージ。まず一本目は水上打撃部隊での攻略となりますね。

kankore20190525_51s

ロシア艦娘に特効があると聞いたので第二艦隊にベルちゃんとタシュちゃん入れてこんな編成で。ちなみに難易度は乙で挑戦。

≫ "艦これ日記'19年6月6日(2019年春イベクリア&全艦娘コンプ継続)。" の続きを読む...
「ネコじまにゃんだフル」2巻。
2019年 06月 02日 (日) 10:57 | 編集
では、先月27日発売のKRコミックスの中から、御北きぬ先生「ネコじまにゃんだフル」2巻の感想っぽい記事、行ってみるとしましょうか。

この「ネコじまにゃんだフル」、きららキャラットの19年6月号まで連載されていた作品ですね。つまり、この2巻が最終巻ということになります…(涙)


20190602nekojima01s


さて、この2巻の表紙ですが、描かれているのは寧々子先生にシロちゃんとクロちゃんの3人。いや…1人と2匹になるのでしょうか…?

描かれているのがこの組み合わせなのは1巻と同じですね。寧々子さんの持ってるネズミのおもちゃで遊ぶクロちゃんに、(帯で隠れて見えにくいですが)たい焼きかじりながら読書しているシロちゃん。皆、リラックスしている感じなのが良いですね。


裏表紙はこちら。

20190602nekojima02s

1巻は裏表紙に描かれているのもシロ&クロのコンビでしたけど、2巻ではスコちゃんとミケちゃんのコンビを描いてきましたね。

様々な猫耳美少女達が登場するこの作品ですが、組み合わせ的に一番百合度…というか密着度が高いのはこの2人だったりします。肉体的な意味でも精神的な意味でも密着度が高い2人。

一見、ズボラなミケちゃんがしっかり者のスコちゃんに頼っている様に見えるんですが、実はむしろスコちゃんの方がミケちゃんのお世話をすることに自らの生きがい、存在意義を見出していそうな、そんな雰囲気が伺えるんですよね。

ある意味、共依存百合とも言えますこの2人。まあ、共依存と言いつつ実際に依存度が高いのは多分スコちゃんの方でしょうが…。

この2巻にもそんな話が1本ありますね。ミケちゃんの自立を促そうとスコちゃんが世話をするのを止めようと思ったものの、それによってスコちゃん自身が体調崩して寝込んでしまうと言う…うん、やっぱスコちゃん完全にミケちゃんに依存してますねw

≫ "「ネコじまにゃんだフル」2巻。" の続きを読む...
南仏のピノ・ノワールをゆるりと。
2019年 06月 01日 (土) 22:35 | 編集
では、一昨日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Domaine de Fondouce Vents Contraires Pinot Noir 2014」
(ドメーヌ・ド・フォンドゥース ヴァン・コントレール・ピノ・ノワール)

WINE_20190530_01s

WINE_20190530_02s

2月の旅行に際に飯能のワインショップ「FUKASHIN」さんで買ったうちの一本。というか、あの旅行で買ってきたワインの中では最後の一本になりますね。

品種はピノ・ノワール。普段白ワインばかり飲む僕ですが、あえて赤を買うのなら大好きな品種ピノ・ノワールに限ります。

そしてこのピノなんですが、南仏のラングドック・ルーションのもの。ピノも色々買って試しましたけど、南仏のピノというのはほとんど飲んだことがありません。

ピノと言えば普通はブルゴーニュ、でなければアルザスというのがフランス産ピノの一般的なイメージですが、南仏ピノ、その実力は果たして如何に…?

≫ "南仏のピノ・ノワールをゆるりと。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...