久々の南アフリカワインはよく出来たシュナン・ブラン。
2019年 07月 13日 (土) 22:12 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Brahms Chenin Blanc 2015」
(ブラハム・シュナンブラン)

WINE_20190711_01s

WINE_20190711_02s

久々の南アフリカのワイン、そして久々のシュナン・ブランですね。

シュナン・ブランと言えばフランスのロワールと南アフリカで有名な葡萄品種で、僕もこれまでに何度も試したことがありますが、どうも自分の中でいまいち掴みどころの無い品種だったりします。

その中でも南アフリカのものは爽やか・軽めというイメージはありますが、ただこのシュナン・ブランはオーク樽熟成とのことで結構きちんとしたボディ感がありそう。一体どんなシュナン・ブランなのか…。

そしてこのワイン、女性弁護士の方が造られたワインというちょっと変わった経歴のワインでもありますね。ちなみに葡萄屋さんで買ったのですがお値段は1990円。南アフリカのワインとしてはそれなりに良いお値段…なのかな?

≫ "久々の南アフリカワインはよく出来たシュナン・ブラン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...