変わり種・ピノ・グリのロゼワイン。
2019年 11月 01日 (金) 23:35 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


今回も増税前に葡萄屋さんでまとめ買いしたワインの中から一本を。

久々にロゼワイン。それも赤ワイン品種ではなく、白ワイン品種のピノ・グリで作られたロゼです。

「Alain Vignot Bourgogne Cotes St Jacques Pinot Gris 2017」
(ドメーヌ・アラン・ヴィニョ ブルゴーニュ・コート・サンジャック・ピノ・グリ)

WINE_20191030_01

WINE_20191030_02

産地はフランス・ブルゴーニュのコート・サンジャック。ブルゴーニュと言うとシャルドネかピノ・ノワールというイメージがありますが、こんなワインも作られているんだなぁ…と。

ロゼワインと言っても白ワイン品種で、それもスキンコンタクトでこの色合いを出しているとのことで、実際はロゼと言うよりはいわゆるオレンジワインに近いワインなんじゃないかな…と予想。

ちなみにお値段は2780円とそこそこに良いお値段がしますねw


≫ "変わり種・ピノ・グリのロゼワイン。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...