艦これ日記'19年12月7日(2019年晩秋イベント攻略中)。
2019年 12月 07日 (土) 15:35 | 編集
さて、艦これですが、先月の末からいよいよ今年の秋イベ…というか晩秋イベントが始まりましたね。僕も数日前から攻略を開始して、今日の午前中でなんとかE4の前段作戦全てを終えることが出来ました。

まず、出撃前の資材状況。

kankore20191203_01s

夏イベでガツンと減った資材、なんとかここまで復活しました。欲を言えばバケツがもう少し欲しい気もしますが、まあ…大丈夫でしょう。今回のイベントが「大規模」と言うのが気になるところではありますが…。


さて、それではE1・マカッサル沖/バリ島沖「八駆見参!バリ島沖海戦」

kankore20191203_03s

kankore20191203_02s

この海域は駆逐4(+軽巡など1)で最短でボスに行けるらしいのでこんな編成で。作戦名に「八駆見参」とあるので第八駆逐隊全員投入したいところですが、さすがにそれは戦力過剰過ぎる気がするので荒潮ちゃんだけ参加で。

と言うか、かなり楽だと聞いたので普段イベントに出さないレーベきゅんとマックスちゃん引っ張り出してみたりとか、かなり舐めたプレイをしていますwちなみに難易度は甲で。

≫ "艦これ日記'19年12月7日(2019年晩秋イベント攻略中)。" の続きを読む...
チリ・エミリアーナのスパークリングワイン。
2019年 12月 06日 (金) 22:47 | 編集
さて、それでは先日の休みの日に開けたワインの感想日記を。


今回は地元のショッピングセンターで買ったスパークリングワインです。

「NV Emiliana Organic Sparkling Wine Brut」
(エミリアーナ・ヴィンヤーズ・オーガニック・スパークリング・ワイン ブリュット)

WINE_20191203_01s

WINE_20191203_02s

地元のショッピングセンターで見かけて「おっ、これ美味そう」とピンと来て買ったチリのスパークリングワイン。

チリ産だけど、シャンパーニュと同じ製法で造られているというところに引かれました。あと、有機栽培葡萄を100%使用というのもポイント。

それでいてチリ産だけあってお値打ち。レシート捨ててしまったので細かい値段は分からないですが、多分1800円くらいだったかと。

使用品種はラベルには記載されていないですが、ネットで調べたところシャルドネとピノ・ノワールみたいですね。そんなところもシャンパーニュっぽい。

≫ "チリ・エミリアーナのスパークリングワイン。" の続きを読む...
「真面目ガールと青春ランジェリー」2巻。
2019年 12月 03日 (火) 08:01 | 編集
では、先月の27日に発売されたコミックス「真面目ガールと青春ランジェリー」2巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。


20191127lingerie01s


あの「桜Trick」のタチ先生が執筆の場を「コミック電撃だいおうじ」に移して描かれてきたこの作品もこの2巻が最終巻となります。うう…(涙)

しかしそれにしてもこの表紙、なかなかに攻めてますよね?

女子高生×下着をテーマにしたこの作品、1巻の表紙では主人公の蘭ちゃんが下着を手にして…という構図でしたけど、この2巻では蘭ちゃんと親友(いや友達以上と言って良い)のジェリーちゃん2人の下着姿。

それも完全な下着姿ではなくジェリーちゃんは下半身はスカート履いていて上半身はブラをさらけ出し、逆に蘭ちゃんは上半身はきちんと着ていて下半身はぱんつと言う…そしてこの蘭ちゃんの恥ずかしそうな表情!!

全く、なんとフェティッシュなことをされてしまうのだ…つくづく、タチ先生という作家さんは恐ろしいお方だと、そう思うのでありますw


また、帯の文章も攻めてますよね?

「好きだから下着の交換したいんです。」

いや…普通好きだからって下着の交換はしないでしょう!? 親友同士は勿論、恋人同士だってそれは普通しないプレイだと思います。それとも…女の子同士ってそれが普通だったりするのでしょうか!!

駄目だ…色々と妄想を掻き立てられ過ぎておかしくなりそうですw


20191127lingerie02s

裏表紙には蘭ちゃん達の下着の先生とも呼べるそららさんや彼女の妹のうみみちゃん、それに蘭ちゃんの友人のしらたきちゃんの姿が描かれていますね。

(まあ友人と言うか、完全にしらたき→蘭は百合的感情有りなわけなんですが)

それにしても裏側でもやっぱり帯が攻めてますね…「女の子同士だからこんなことだって出来ちゃいます」とか…いやだから実際女の子同士ってするんですか!? もうダメだ…気になりすぎて眠れないぞこれは…w

≫ "「真面目ガールと青春ランジェリー」2巻。" の続きを読む...
ギリシャのゲヴェルツトラミネールは一味違う。
2019年 12月 02日 (月) 22:36 | 編集
さて、それでは先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


今回もまた、増税前に葡萄屋さんでまとめ買いした中からの一本です。

「Lenga 2015」
(レンガ)

WINE_20191128_01s

WINE_20191128_02s

今回は僕の大好きな品種、ゲヴェルツトラミネールをチョイス。だけどこのゲヴェルツ、なんとギリシャ産のもの!!

ゲヴェルツトラミネールと言えばフランス・アルザスのものが本場ですけど、イタリアだったりチリだったり、他の地域のものもそれぞれ個性があって美味しい。

果たしてギリシャのゲヴェルツトラミネールは一体どんな雰囲気なのでしょうか…飲む前から非常にワクワクしてしまいます。

ちなみにお値段は3499円。何気に、今回の増税前まとめ買いワインの中では一番高かったものだったりします…w

≫ "ギリシャのゲヴェルツトラミネールは一味違う。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...