「まんがタイムきららキャラット'20年2月号」感想。
2020年 01月 08日 (水) 23:25 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。

(まだ先月の無印感想書いてないのに…w)


kirara_carat202002s


・表紙
今月の表紙は「恋する小惑星」。今月よりアニメ放映がとうとう始まりましたし、これはこの作品が表紙を飾って当然でしょう。そしてきちんと、メインキャラ5人勢揃いなのが良いですね。

モンロー先輩と桜井先輩が卒業しちゃった今となってはこの5人勢揃いのカットも貴重かと。

そして全員、望遠鏡や双眼鏡、地図に鉱石と、それぞれの目指すものにちなんだアイテムを持っているのがきちんとこの作品らしくて良いです。


・恋する小惑星アニメ情報
今月は1話目の簡単なあらすじ、そしてメインキャラの線画が載っていました。

さて、「恋する小惑星」のアニメ第一話、僕も観ましたが…もう予想以上に素晴らしい出来に感動すら覚えました!!

まずなんと言っても作画が良い!! 作中で大事なテーマとなる星空にこだわって描いているのはしっかり伝わりましたし、何よりもキャラクターが本当に可愛らしく、丁寧に描いてあって非常に好感が持てます。

とりわけ瞳の色。どのキャラクターも瞳の色に不思議な透明感があって…他のアニメには無い、非常に独特の雰囲気を出していたと思います。この瞳の描き方はこの作品のテーマである星や鉱石の輝きを意識したものなのかな…と。

ストーリー的にも原作をきちんと忠実に描きつつ、アニメで初見の人たちにも分かりやすい構成にしてあったなぁ…と。

あと感じたのが、きららアニメってどちらかと言うとこう、わちゃわちゃした雰囲気のものも多いのですが、この作品はそれとは対象的に全体的にしっとり、落ち着いた雰囲気に作り上げてあったなぁ、と。

でもその少し落ち着いた雰囲気がこの作品にはよく合っていると思いました。2話以降もこの雰囲気、そしてこの丁寧な作りを維持したまま放映していって欲しいですね。期待しています!!


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきららキャラット'20年2月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...