「ワインガールズ」3巻。
2020年 03月 29日 (日) 14:29 | 編集
では、今月25日に発売されたマイクロマガジン社コミックスの、「ワインガールズ」3巻感想記事行ってみるとしましょうか。

このワインガールズ、萌え4コマ界でも屈指のワイン好きとして知られる真田一輝先生が手掛けた、ワイン品種の美少女擬人化作品。連載開始よりずっと、コミックヴァルキリーweb連載の方でも追って楽しみに読んできましたけど、とうとうこの3巻で最終巻です…(涙)

これまでに実にたくさんのワイン品種、ワインガールズ達が登場したこの作品。この3巻に新たに登場した子たちを含めると実に60人近くものワインガールズが登場したみたいですね。

これだけたくさんの登場人物が出てきた萌え4コマと言うのも他にはそうそう無い気がします…。


20200329winegirls01s


さて、そんなワインガールズ最終巻の表紙を務めるのはリースリング&グリューナー・フェルトリーナーの高貴な白ワインカップル。騎士道精神溢れる硬派なリースリングさんが、彼女に憧れるグリューナーちゃんをお姫様抱っこしていると言う構図が素晴らしいです。

真田先生と言えばワイン好きだけでなく、百合作品もこれまで色々と手掛けてこられている方なだけに、この作品でも様々なワインガールズ達のカップルが登場しましたね。

この3巻ではグリューナーちゃんの気持ちに深くスポットを当てる話もあったりするので、この2人が表紙というのは内容にも合ってて良いチョイスだったのではと思います。


20200329winegirls02s

裏表紙はこちら。

デフォルメで描けれているのはこの3巻で初登場のネッビオーロ&バルベーラ。2人ともイタリアの赤ワイン用品種ですね。

ネッビオーロさんがモデルでバルベーラさんがスタイリスト兼カメラマンという組み合わせで、初登場にして結構濃いいちゃつきと言うか良い百合を見せてくれて「ああ尊い…」てなりましたw

≫ "「ワインガールズ」3巻。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...