「初夜百合アンソロジーシロップ[HONEY]」。
2020年 04月 29日 (水) 12:41 | 編集
では、今月の27日に発売された「初夜百合アンソロジーシロップ[HONEY]」の感想行ってみましょうか。


20200429honey01s


この「シロップ」と言う百合アンソロジーはこれまでにも色々なテーマで何冊か刊行されているみたいですね。でも僕は今回、初めて買いました。

なぜ買ったのか。「初夜」というキーワードが気になったのは勿論ですが、なんと言っても執筆者にあのタチ先生がいらっしゃる。もうこれに尽きますね。タチ先生が描かれる初夜の百合…当然、初夜となればえっちなことも致すわけでしょうし、一体どんな作品になるのか。

もうこれは気になって気になって買うしかないじゃないか、と。

他の執筆者にも森島明子先生とか嵩乃朔先生とか、百合作品としては物凄いガチなメンツが揃っているのでとにかく買ってみたわけであります。

≫ "「初夜百合アンソロジーシロップ[HONEY]」。" の続きを読む...
久々のドイツワインはシルヴァーナを。
2020年 04月 28日 (火) 20:38 | 編集
さて、それでは先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「Kester Wolf Silvaner Classic Q.b.A 2018」
(ケスター・ヴォルフ シルヴァーナ クラシック Q.b.A)

WINE_20200426_01s

WINE_20200426_02s

葡萄屋さんでまとめ買いした中の一本。値段は1680円。

ドイツのワインですね。何気に物凄い久々のドイツワイン。実は正直、ドイツワインってあまり得意じゃないんですよね…リースリングなんかもドイツのっていまいちキレが無いと言うか甘いと言うか…。

ただ、今回は品種がシルヴァーナ。これまたあまり飲んだことのない品種。ならば試してみようということで買ってみたわけであります。

それにしてもドイツの白ワインって細長い瓶の印象がありましたけど、これはそういう形の瓶じゃなくってちょっと意外な感じ。

≫ "久々のドイツワインはシルヴァーナを。" の続きを読む...
「珈琲をしづかに」2巻。
2020年 04月 27日 (月) 10:35 | 編集
では、今月の23日に発売されたコミックス、みやびあきの先生「珈琲をしづかに」2巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。

この「珈琲をしづかに」、モーニング・ツーで連載中の作品で、雑誌の方は買ってないので単行本での追っかけという形になりますが…でも、昨年の秋にこの作品・みやびあきの先生のサイン会にまで行ってしまった位なので当然、コミックスを買わないわけにはいきません!!w


20200426coffee_01s


1巻の表紙は緑色のシックな着物を着たしづかさんが描かれていましたけど、この2巻では黄色をベースに花の描かれた綺麗な着物を着ています。春らしい色合いの、とても良い着物姿。

着物は勿論素敵なんだけれど、そこに合わせた帯や帯締め、半襟といった全体の色合わせも凄く素敵だなぁ…と。この辺り、さすがご自身が着物好きなみやびあきの先生ならではのコダワリが溢れまくっていると思います。


それはさておき、個人的にはこのコミックスの帯に書かれた「大人になれない大人に贈る」という言葉がなんだか凄くグサッと来ます…いやだって自分なんてホント正に大人になれない大人、そのものなんじゃないかと思うんですよ。

いい年こいて実家住まいの独身(勿論稼ぎは家計に収めてますが)という時点でも結構アレだと思いますが、その上でいつまでも自分の趣味ばかり追いかけていて人生についてあまりきちんと考えていない辺りとか…うーん、ホント大人じゃないなぁ。

いやそもそも大人ってなんだろう…実はこの「大人ってなんだろう」ていうのもこの作品のテーマの一つじゃないかと、そんな風に思ったりもします。


20200426coffee_02s


裏表紙には1巻同様、デフォルメされたしづかさんと、貴樹くんとが描かれていますね。ただ、同じコーヒーカップのソーサーに腰掛けている辺り、1巻よりも距離が縮まった…と見て良いのかな?

≫ "「珈琲をしづかに」2巻。" の続きを読む...
艦これ日記'20年4月26日(比叡ちゃんが改二丙になりました)。
2020年 04月 26日 (日) 10:46 | 編集
艦これ、先程の日記でゴトランドちゃんをandraにした記事を書きましたが、今回のメンテナンス&アップデートでもう1人、戦艦の子にも大規模な改装が実施されていたんですよね。

それが金剛姉妹の次女、比叡ちゃん。

元々、長女の金剛ちゃんに昨年、改二丙という改二の更に上の改装が来ていたのですが、それから一年経って今回、妹の比叡ちゃんにも来た感じですね。

kankore20200426_11s

ウチの比叡ちゃんはレベル98。今回の改装に必要なレベルは90レベルとなかなかに高レベルなのですが、全く問題ありません。大体戦艦の子たちって出撃回数が多くなるから自然とレベルが98、99になっちゃうんですよね。


さあ、それでは改装と参りましょう。

kankore20200426_12s

改装には戦闘詳報、それから新型砲熕兵装資材が2つに改装設計図も2つ要求してきます。何気に設計図を2枚使うと言うのが結構つらい…w

必要資材は弾薬8800に鋼材7800。まあ、戦艦の改装なのでこれは致し方ないでしょう。


それでは、改装開始ボタンをポチッとな。

≫ "艦これ日記'20年4月26日(比叡ちゃんが改二丙になりました)。" の続きを読む...
艦これ日記'20年4月26日(ゴトランドちゃんがandraになりました)。
2020年 04月 26日 (日) 09:55 | 編集
さて、艦これなんですが、先日の23日に大幅なメンテナンス&アップデートが実装されましたね。今回のアップデートが行われたのは艦これ7周年の日。記念すべきアップデートですね。

そんな今回のアプデで、1人の海外軽巡の子に改二相当の改装が実装されました。


ええ、前々から改二が来ると噂されていた、スウェーデンのゴトランドちゃんです。

kankore20200426_01s

本日時点でウチのゴトランドちゃんはレベル97。今回の改装に必要なレベルは85レベルと言うことで余裕でクリアしてますね。もちろんステータスも改修MAX。


さあ、それでは改装と参りましょうか。

kankore20200426_02s

改装に必要な資材は弾薬1200に鋼材3900。軽巡という艦種にしてはかなり重いです。

そして何より、改装設計図と試製甲板カタパルトを必要としてきます。カタパルト、最近のイベントやら任務やらでやたらと配ってたから絶対これが必要な改装が来るだろうとは思っていましたが、まさかのゴトちゃんだったとは…。

≫ "艦これ日記'20年4月26日(ゴトランドちゃんがandraになりました)。" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(11)
2020年 04月 25日 (土) 08:43 | 編集
- 四日目(後編)・高野山下山、そして難波の夜 -

高野山での見どころを大体回って時間は12時過ぎ。これより高野山を下山します。まずはバスに乗って高野山の駅へ。そしてケーブルカーで極楽橋まで降りてきました。

ここからは南海電車で難波へ。出来れば特急「こうや」に乗ってゆったり帰りたいところですがあいにくこの時間に「こうや」の運行は無く、それどころか難波へ直通の列車もありません。

なのでまずは、山岳区間終点の橋本まで行く電車に乗車。

202002kansai159s

202002kansai160s

車両は2000系。高野線の山岳区間の主力車両ですね。17メートルなので2扉車なのですが車内はロングシート。ただ、僕が乗ったこの車両(第5次車以降?)は車端部に向かい合わせクロスシートがあったので勿論この座席を確保。

橋本までの約40分はこの座席で快適に過ごすことが出来ました。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(11)" の続きを読む...
久々にボルドー・ブランを。
2020年 04月 24日 (金) 10:06 | 編集
さて、それでは先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「RONAN BY CLINET BORDEAUX BLANC 2018」
(ロナン・バイ・クリネ ボルドー・ブラン)

WINE_20200422_01s

WINE_20200422_02s

久々にボルドーの白が飲みたいなと思い、KALDIで買ってきたもの。値段は2074円。

ボルドーの白と言えばソーヴィニヨン・ブランとセミヨンのブレンドが主流で、こちらのワインもそうなのですが、比率としてはソーヴィニヨン・ブラン65%にセミヨン35%になっている様ですね。

あとは恐らく樽も使われているでしょうし、きっと他の地域のソーヴィニヨン・ブラン単体のワインに比べてまろやかな物に仕上がっているのではないかな、と。

≫ "久々にボルドー・ブランを。" の続きを読む...
艦これ日記'20年4月22日(アトランタちゃんとケッコンしました!!)。
2020年 04月 22日 (水) 08:37 | 編集
さて、艦これなんですが…今朝の演習をもって、アトランタちゃんがレベル99になりました。

kankore20200422_01s

艦これ、これまでずっと単婚提督を貫いてきたのですが、2019年秋イベントでお迎えしたアトランタちゃん、あまりにも好み過ぎてもうケッコンせざるを得ないという気持ちになってました…。

こないだの桃の節句イベントでも積極的に採用したり、日々の演習にもなるべく組み込んでこつこつとレベル上げして…そして本日。これでようやく指輪を渡せます。


艦娘に指輪を渡すのはこれが2回目。

kankore20200422_02s

kankore20200422_03s

でもやっぱり、この瞬間はなんだか緊張します…。

≫ "艦これ日記'20年4月22日(アトランタちゃんとケッコンしました!!)。" の続きを読む...
爽やかフルーティ、インドのシュナン・ブラン。
2020年 04月 21日 (火) 09:48 | 編集
では、先週末の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「Sula Vineyards Chenin Blanc 2019」
(スラ・ヴィンヤーズ シュナンブラン)

WINE_20200419_01s

WINE_20200419_02s

久々に葡萄屋さんでワインまとめ買いをしたので、その中から一本を。インドのシュナン・ブランですね。

インドのワイン自体ほとんど馴染みが無い…というか恐らく僕も飲むのは初めて。そのシュナン・ブラン、一体どんな感じなのでしょうか。

先日、南アフリカのシュナン・ブラン(シャルドネとブレンドではありますが)を飲んだところなので、それと比較してみるのも面白そうです。

ちなみにお値段は1480円。それにしてもラベルが独特で、いかにもインドって雰囲気ですね。

≫ "爽やかフルーティ、インドのシュナン・ブラン。" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(10)
2020年 04月 19日 (日) 10:14 | 編集
- 四日目(前編)・聖地高野山を巡る -

2月21日(金)、天気は晴れ。今回の旅行もいよいよ4日目となりました。

さて、本日はまず、宿泊している宿坊の朝のお勤めに参加します。お勤めは6時半から。と言うわけで6時半ちょっと前に本堂へ向かいます。早朝からお勤めに参加するというのが宿坊ならでは、て感じがしますよね。

そして本堂へ入ってみると…寒い!! 早朝ということもあってめっちゃ冷え込んでます!! もちろんストーブなんかの暖房も入っているのですが気温が低過ぎて全然効いてない…前日、朝のお勤めは寒いので上着を着てきて下さいと言われていたのですがその理由がしっかり分かりました…。

(勿論ダウンジャケット着用で臨みました)

本堂へ入り、まずは本堂内をぐるっと一周して見学。本堂にはこの、朝のお勤めの時にしか入れないのでしっかりと色々、この目に焼き付けておきます。

そして始まったお勤め。基本的には椅子に腰掛けて、お坊さんのお経を聞いているだけですが、途中一緒に唱える部分もあったりします。こうして、50分ほどで朝のお勤めは終了しました。


部屋に戻ると、朝食が用意されています。

202002kansai146s

どれも優しいお味で、すっと胃に染みます。デザートに梨のコンポートが用意されていたのにはビックリ。お寺でこんな洒落たもの出すんだなぁ…と、驚きと感激の入り混じった気持ちになりました。

昨夜の夕食もそうでしたけど今回お世話になった一乗院さん、評判通り、本当に料理の美味しい宿坊でした。高野山の宿泊には是非おすすめしたい宿だと思います。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(10)" の続きを読む...
南アフリカ・バランスのバレルセレクト。
2020年 04月 18日 (土) 20:35 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「BALANCE BARREL SELECT CHENIN BLANC CHARDONNAY 2018」
(バランス・バレルセレクト・シュナン・ブラン・シャルドネ)

WINE_20200415_01s

WINE_20200415_02s


象のラベルが印象的な南アフリカ・バランスの白ワイン。ここのワインは以前にも何度か飲んだことありますが、この「バレルセレクト」と言うのは以前は無かった新シリーズの様ですね。

品種はシュナン・ブランとシャルドネのブレンド。以前飲んだ白はシュナン・ブランをベースにコロンバールがブレンドでしたが、今回はシャルドネがブレンド。一体どんな味になっているのか…?

ちなみに地元のKALDIで買ったのですがお値段は998円と実にお値打ち。

≫ "南アフリカ・バランスのバレルセレクト。" の続きを読む...
「まんがタイムきらら'20年5月号」感想。
2020年 04月 15日 (水) 16:16 | 編集
では、今月9日発売の無印きらら、感想行ってみましょう。


kirara_202005s


・表紙
今月の表紙は「一畳間まんきつ暮らし!」。まさかこの作品が表紙に来るとは…ちょっと意外でビックリです。そんなに人気あったのかこの作品…。

まあでも今の無印きらら、元々看板クラスだった作品がほぼ休載だらけになっているケースとか多いですし、新しめの作品から次の看板となる作品を生み出していかないと結構やばい状況なんでしょうね…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「まんがタイムきらら'20年5月号」感想。" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(9)
2020年 04月 11日 (土) 21:13 | 編集
- 三日目(後編)・宿坊初体験 -

高野山の奥の院と金剛峯寺の見学を終え、時間は15時ちょっと前。本日の観光はここまでにして、宿坊へと向かいます。

202002kansai129s

本日お世話になるのはこちらの一乗院さん。

高野山に数ある宿坊の中でも、精進料理が美味しいと評判なので選びました。

着くと入り口で修行僧の方がお出迎え。そして手に、お清めなのかお香を刷り込まれるのがちょっと変わっています。なるほど…旅館ではなく、きちんと寺院の宿泊施設に来たんだなぁと言う実感が湧いてきますね。


でも、館内へ入るととても綺麗で、普通に宿といった雰囲気です。

202002kansai130s

202002kansai131s

廊下とか部屋を見ると普通に和風旅館と言った趣き。部屋にはきちんとトイレ(勿論洋式)も付いているのでなんら不便はありません。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(9)" の続きを読む...
コノスル・新シリーズのピノ・ノワール。
2020年 04月 10日 (金) 21:56 | 編集
さて、それでは先日の休みの夜に開けたワインの感想日記を。


「CONO SUR RESERVA ESPECIAL VALLEY COLLECTION PINOT NOIR 2016」
(コノスル・レゼルヴァ・エスペシャル・ヴァレー・コレクション・ピノ・ノワール)

WINE_20200408_01s

WINE_20200408_02s

久々に赤ワイン。と言うことでチョイスしたのがコノスルのピノ・ノワール。

「レゼルヴァ・エスペシャル・ヴァレー・コレクション」とこれまで聞いたことのないシリーズなんですが、要は以前のレゼルヴァがリニューアルしてこのシリーズになったみたいですね。

まあレゼルヴァのピノ・ノワールは以前に何度も試したことありますが…でもこのシリーズになってからは初めて。ラベルも全く雰囲気変わってますし、何よりレゼルヴァはスクリューキャップだったのがそうではなくなっているので味も変わっているのかも?

ちなみにお値段は、地元のショッピングセンターで1280円。

≫ "コノスル・新シリーズのピノ・ノワール。" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(8)
2020年 04月 08日 (水) 13:17 | 編集
- 三日目(中編)・聖地高野山 -

特急「こうや」とケーブルカーを乗り継いで、ついに高野山の駅までやって来ました。ここからはバスに乗って、高野山のお寺などがある地区へと向かいます。

ちなみにバスに乗る際に、係員の方に1日乗車券を申し出たところ、宿泊するのならば無理に1日乗車券を買うよりも乗る都度買った方がお得だと教えられました。確かに計算してみるとその方がお得っぽいです。


バスに乗って15分ほど。高野山の中心街…というか、お寺などがいっぱい並んでいる地域へとやって来ました。ここでまずは本日宿泊予定の宿坊を訪ね、大きな荷物を預かってもらいます。

そして再びバスに乗って…まずは高野山の見学スポットでも一番奥にある、奥の院へと行ってみることにします。

バスに乗って10分少々。奥の院へと続く参道入口へとやって来ました。

202002kansai116

ここから延々と、参道を歩いていく形となります。

202002kansai117s

参道に入ると空気感が一変しますね。なんと言うか…ピンっと張り詰めた空気。道の両側には高い木々がずっと立ち並び、その中を歩いていくとなんとも身の引きしまる様な気がします。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(8)" の続きを読む...
久しぶりにガスコーニュのワインを。
2020年 04月 07日 (火) 21:58 | 編集
では、先週末の休みの夜に飲んだワインの感想日記を。


「D'ALAN BRUMONT GASCOGNE BLANC 2018」
(ドメーヌ・アラン・ブリュモン・ガスコーニュ・ブラン)

WINE_20200405_01s

WINE_20200405_02s

フランスワインでもガスコーニュとかって割とマイナーな印象ありますが、たまには試してみようかなぁ…と、地元のショッピングセンターで見かけて買った一本。値段は1100円。

品種はグロマンサンとソーヴィニヨンとラベルにはありますが、ソーヴィニヨン・ブランなのかソーヴィニヨン・グリなのかが分かりませんね…?

≫ "久しぶりにガスコーニュのワインを。" の続きを読む...
2020年2月・関西で歴史に触れる旅(7)
2020年 04月 05日 (日) 09:00 | 編集
- 三日目(前編)・特急「こうや」で高野山へ -

2月20日(木)。天気は晴れ。今回の旅行も3日目となりました。

まずはホテルで軽く朝食を取って、そしてチェックアウトを済ませて出発。ホテルのある天王寺から、地下鉄に乗って難波へと向かいます。

そしてやって来ました、南海なんば駅。

202002kansai098s

とても大きなターミナル。行ったことある人なら分かると思いますが、ホームにたどり着くには大きなエスカレーターに乗って上にあがっていかないといけないのがなんとも印象的。

何線もあるホームには、ひっきりなしに色々な方面への列車が到着してきます。


さあ、今日はこれより、特急「こうや」に乗って高野山へと向かいます。

が、僕の乗る特急「こうや」が入線するまでまだ時間があるのでホームにやってくる列車たちをしばし見学することにします。

202002kansai099s

こちらは6000系。古いステンレスカーです。なんと、今の南海では最古参の車両!! 物凄く年季が入った古豪の顔をしていますよね…。


こちらは特急「サザン」用の10000系。

202002kansai100s

202002kansai101s

…なのだけど、何やら不可思議なラッピングが施されています。前面には「HYDE」のヘッドマーク付けているし、かと思いきや側面には「和歌山市ふるさと観光大使」の文字…一体なんだったんだこの車両は。

≫ "2020年2月・関西で歴史に触れる旅(7)" の続きを読む...
久々にマールボロのソーヴィニヨン・ブランを。
2020年 04月 04日 (土) 22:17 | 編集
では、先日の休みの夜に開けたワインの感想日記、行ってみましょうか。


「MATUA SAUVIGNON BLANC 2017」
(マトゥア・リージョナル・ソーヴィニヨン・ブラン)

WINE_20200402_01s

WINE_20200402_02s

久々にニュージーランド、マールボロのソーヴィニヨン・ブランを買ってみました。地元のショッピングセンターで売られていたもので1980円。

ソーヴィニヨン・ブランも国によって、生産者によって味わいの個性が色々と変化しますけど、マールボロのものであれば品種特有の青臭い香りがこれでもか!!て位に強く漂ってくるのでは…と期待。

≫ "久々にマールボロのソーヴィニヨン・ブランを。" の続きを読む...
「きららキャラット'20年5月号」感想。
2020年 04月 02日 (木) 14:20 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat202005s


・表紙
表紙は「恋する小惑星」。アニメ放映もとうとう3月末で最終回を迎えましたが、本当に、素晴らしいアニメ化だったと思います。他のきららアニメに比べると展開がやや早めでしたけど、むしろそれがこの作品には合っていましたね。

とりわけ最終回の素晴らしさ…ホント、制作スタッフの皆様はこの作品の根幹がどこにあるかとか、各キャラクターの特性だとか、きっちりと抑えて作品を作っていただいたんだなぁと思います。本当にありがとうございました!!

さて、今月の表紙なんですが、春のみらあおデートって感じでとても良いですね。一見制服っぽい衣装なんだけど、でも実は違うと言う…特にあおちゃん、チェックのパンツにブルゾンの合わせがボーイッシュで素敵。

そんな2人のバックには満開の桜…世間が大変なことになってしまって今年はもう、ホントお花見どころでは無くなってしまっているけど、こうやって漫画作品の中で位は綺麗な桜を見たいものです。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。

≫ "「きららキャラット'20年5月号」感想。" の続きを読む...
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...