2013年8月・四国鉄道旅(4)
2013年 08月 30日 (金) 13:26 | 編集
- 二日目(前編)・眉山観光 -

四国旅行二日目の8/21(水)。天気は昨日に引き続き快晴の模様ですね。

さて、この日は昨日お会いしたminamiさんの案内で徳島県内をあちこち観光に回る予定となっています。朝9時前に合流し、さあ、徳島巡りに出発です。


まず向かったのは「阿波おどり会館」。

201308shikoku043s

と言っても別に阿波踊りのあれこれを観たかったワケではありません。この建物の5Fからロープウェイが出ていて、それに乗って眉山へ行くのが目的です。

徳島の市内観光、何があるかな…と事前に調べた時にこの眉山だけはどうしても行ってみたかったんですよね。観光の定番ですが、山があればとりあえず登ってそこからの風景を眺めたくなると言うものです。


こんなロープウェイ二乗って眉山の山頂へ向かいます。

201308shikoku044s

ちなみにお客は僕ら二人を含めて5人程度…まあ、平日の午前中となればこんなものでしょう。


ロープウェイに乗って10分もしないうちに眉山の山頂へ到着です。

で、山頂のロープウェイ乗降場には昨日鳴門の観潮船乗り場で見かけた様なアニメ×阿波踊りのポスターが貼られていました。


201308shikoku045s

よくよく見ると端の方にすーぱーそに子ちゃんがいるのですが…まあ多分Fate→ニトロ繋がりなんだろうけど、ここまで来るとアニメもufotableも関係ないじゃん!!と言う気がしてきますw


201308shikoku046s

こちらは東方。まさか東方まであるとは…もはや何でもアリだなw


乗降場から出るとそこは山頂…なのですが、こんな建物が建っています。

201308shikoku047s

ミャンマーの仏塔パゴダを模した「パゴダ平和記念塔」。ちなみに内部へは土日しか入れない様で、当然この日は入ることは出来ず…中がどうなってたのかは分かりません。


201308shikoku048s

こちらはモラエス館。こちらは入館出来たので中に入ってみましたが、徳島ゆかりの文筆家・モラエスにまつわる展示が色々とされています。

…と言っても僕は文学だとかほとんど読まないですし、モラエスと言う名前自体そもそも初めて聞いたのが本当のところだったりもしますが。徳島ではとても有名な方の様ですね。


さて、そしていよいよやって来ました眉山の山頂。

201308shikoku049s

201308shikoku050s

眼下一杯に街が広がります。とりわけ目立つのが吉野川。徳島の市内を突っ切って流れているのがよく分かりますね。

それにしても、こうやって見ると街との距離が非常に近いのを改めて感じます。眉山と言う山は徳島市内の、本当に街の中心街からさほど離れていない場所にあるんですよね。

ロープウェイ乗り場のある阿波おどり会館まで、徳島駅から歩いても10分程度。そこからロープウェイで10分。つまり、駅から30分以内で山頂まで来れてしまうワケです。

県庁所在地のある市の、中心部に山がある都道府県と言うのは日本全国でも結構珍しいのでは?


ちなみに眉山山頂からの眺め、街と反対側はこんな感じ。

201308shikoku051s

ただただ山が広がります。また、少し下ったところには広場があって、ここで色々なイベントが行われたりもする模様ですね。

ところでこの眉山、一応歩いて登る事も出来る様ですが、この時期は絶対に止めた方が良いでしょうね。と言うのもスズメバチが…。


実際、ロープウェイ乗り場に何匹も死骸が転がってましたし、飛んでいる姿も見かけました。まあ自然が豊富な場所にはこういった危険な生き物も付きものなので仕方がないですね…。


眉山山頂からの風景に満足しながら下山。

ここで僕はお土産購入タイムとなります。阿波おどり会館に結構大きな土産物コーナーがあったのでそこでまとめて色々と買いました。家へのお酒や会社へのお菓子などなど…。

旅行に出れば土産を買うのはいつものことですが、個人的には土産はなるべく早い段階で買ってしまいたい方だったりします。半ば義務的に買ってる部分もあるので、さっさと済ませてしまいたいと言うか…w


さて、時間はまだ午前10時過ぎくらい。と言うワケでまだまだ時間があるのでもう一ヶ所市内観光…と言うことで瑞巌寺と言うお寺へ向かいます。

201308shikoku052s

…が、ここがとんでもないガッカリスポットw

庭園が素晴らしいとガイドブックなどにも記載があったのですが、実際に観てみるとあまり手入れもされていなくて草が生い茂っている様な感じで…。

庭園自体は結構あちこち歩き回れる様な感じになってたのですが、あまりの草の生い茂りっぷりと万が一ハチとかいたら危ないと言うことで早々に退散。

これにはminamiさんも僕も顔を見合わせてただただ苦笑するしかありませんでした…w


さあ、これより市内を離れてとあるスポットへと向かいます!!


2013年8月・四国鉄道旅(5)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...