「幸腹グラフィティ」2巻。
2013年 10月 15日 (火) 22:40 | 編集
では、ちょっと遅くなっちゃいましたが…先月発売KRコミックスの中から、きららミラクに連載中・川井マコト先生の「幸腹グラフィティ」2巻の感想&特典レビューっぽいものを。


20131006kohuku01s


なんとも鮮やかなグリーンの表紙が目を引きますね。きらら系のコミックスって実に色とりどりなんですが、その中でもこういう蛍光グリーン系のは珍しい気がします。僕が知ってる中では「けいおん!」のあずにゃん部長編くらい…?

そしてその色の鮮やかさもさることながら、何より目が行ってしまうのは美味しそうなサンドイッチと、それを頬張るリョウちゃんときりんちゃん。美少女と美味しい食べ物の取り合わせ、なんとも良いものです…!!

帯には「一日三食、そのたびに君と幸せ。」もうこの表紙と帯だけで、この作品がどんな漫画なのか大体分かってきますよね…?


20131006kohuku02s

裏表紙はこんな感じ。リョウ&きりんに加えて椎名さん、その主要登場人物3人組がサンドイッチを頬張る図。食べ方にそれぞれの個性がよく表れています。


そんな「幸腹グラフィティ」の2巻ですが、1巻と同様にリョウちゃんが、きりんちゃんが、そして椎名さんが色々と美味しいご飯を食べるシーンが満載で、読んでるとお腹が空いちゃうこと間違いなし!!w

取り上げられている料理はどれも、決して豪華食材だったり凝った料理なんかじゃなく、むしろありきたりなものが大半なんだけれど、でも身近なもの故にリアリティのある美味しさが伝わって来るんです。

どれもが美味しそうなんだけれど、特に今巻で印象的だったのはカツサンドの話でしょうか。受験と言う、大きなテーマにちなんだ回だったと言うストーリーの印象深さもありますが、それ抜きにしてもこの回のカツサンドは本当に美味しそうでした…。

衣がサクッと、お肉はしっとりジューシィ。そこにソースの旨みとパンの優しさとが加わって…実を言うと僕は肉類が苦手でほぼ全く食べられないのですが、その僕が読んでて「このカツサンドめっちゃ美味そう!!」て思ってしまった位ですからw


この2巻では、今書いた様に「受験」と言うストーリー面の大きな節目を迎えます。無事に皆揃って同じ高校に受かって、リョウちゃん達3人は晴れて高校生になりました。

進学先の高校では、新米の司書の先生(ユキさん)と仲良くなって、彼女達の日常はますます賑やかに暖かいものになっていきそうです。


さて。

好きな作品となればもはや恒例のアレ。ええ…今回も特典目当ての複数買いやらかして来ましたw


まずはゲーマーズ特典のブロマイド。

20131006kohuku04s

絵柄はきりんちゃんですね。食べているのは…豚肉の生姜焼きか何かでしょうか? この、山盛りの白いご飯と一緒に豪快にかっこんでいるのがいかにも彼女らしいです。

でもそんなに慌てて食べたらのどにつまっちゃうよ…w


続いて、三洋堂書店のポストカード。

20131006kohuku03s

最近、三洋堂でもきらら系作品の特典がしばしば付く様になってきましたね。三洋堂は家の近所にもあるのでありがたいですw

こちらはリョウちゃんときりんちゃんの仲良しツーショット。お弁当はきっとリョウちゃんお手製のものなのでしょう。色とりどりで、栄養面もきちんと考えられてそうな、とても美味しそうなお弁当です。


こちらはWonderGOOのポストカード。

20131006kohuku05s

こちらもリョウちゃんときりんちゃんのツーショット。パラリと焼き上げられた、美味しそうなチャーハンが目を引きます。

また、きりんちゃんが手に持ったスプーンでこちらにチャーハンを勧めてくれている様な、そんな構図がとても良いですね。二人の優しい表情も印象的です。


次に、COMIC ZINのポストカード。

20131006kohuku06s

こちらは、料理は酢豚でしょうか…? そして他の特典が料理が一人前だったのに対し、こちらはきちんとご飯が二人前ありますね。しかし二つあるご飯茶わんのこの量の違いと言ったら…w

どちらがリョウちゃんでどちらがきりんちゃんかはもう言わずと知れたことですね。


今度はとらのあな特典の小冊子。

20131006kohuku07s

リョウちゃんときりんちゃん、二人がそれぞれ別々の丼モノを手にしています。きりんちゃんのはカツ丼ですね。リョウちゃんのは照り焼きチキン丼。

そう…これって、2巻にある学食の話で食べてたものなんですよね。と言うワケで、この小冊子を開くとそこには椎名さんとユキさんの二人がそれぞれ、この話の時に食べていた丼と一緒に描かれていますw

また、裏表紙はちょっとしたラフ画集になっていてこれもなかなかレアな絵でファンならば是非手に入れておきたいところ。


最後にメロンブックスの小冊子。

20131006kohuku08s

リョウちゃんときりんちゃんがお弁当を手にしています。両方ともリョウちゃんが作ったのでしょうか。それともきりんちゃんもお手伝いしたのかな…?

中を開くと、リョウちゃん・きりんちゃん・椎名さん・ユキさんの4人でピクニックに来てお弁当を食べていると言う構図で、なんとも幸せな時間の一コマと言った感じです。

しかしユキさんの食べ方が…ww


と、こうして全特典を改めて見直してみると、どれもが人物と同じくらいにご飯についても力を入れて描かれているのが分かりますね。

いや実際、この作品においてご飯はリョウちゃん達と同じ位に重要な存在。むしろ影の主役とか、そんな位に大きな存在なんですよね。


そして何よりも、食べることを通じて描かれる、人と人との暖かい交流。その暖かさは1巻の、初期の頃から一貫して描かれていますが、2巻で更に確固たるものとなった感があります。

リョウちゃんときりんちゃんと言う主役二人の交流も勿論ですが、きりんちゃんとそのお母さんだったり、椎名さんとお母さんとお手伝いさん、リョウちゃんと亡くなったおばあちゃん…。

様々な人達の暖かい「絆」がしっかりと、丁寧に描かれています。きららにおいて暖かさを感じさせる作品は数あれど、読んでてここまでじんわりぽかぽかと、心の底から暖かくなる様な作品もなかなかに珍しいと思います。


いや、僕はこの作品は全きらら作品においても最もハートウォーミングなストーリー4コマだと、そう思っています。段々と寒くなっていくこれからの季節。この作品を読んで身も心もぽかぽかになって過ごしてみませんか?


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...