カリフォルニアの安旨ワイン飲み較べ。
2013年 10月 22日 (火) 22:55 | 編集
明日、日帰りで東京方面へ出張に行くことに。まあ、出張って言ってもセミナーみたいのに行くだけなので気楽と言えば気楽なんですけどね。

で、明後日が休みなので勝手に宿泊して(もちろん自腹で)東京周辺で遊んでこようと思ってたのですが、台風が接近していて天気がどうなるか分からない。ので諦めて普通に日帰りで帰って来ることにします…w

いやでも泊まったせいで帰ってこれないとかなったら洒落にならんですからね…。


でも残念だなぁ。関東もそうそう行けるワケじゃないので、こういう時に行ったついでに久々に小湊鉄道辺り乗って乗り鉄したかったんですけどね。


と、そんなところで一昨日の夜飲んだワインの感想を。

白も赤もカリフォルニアのワイン。どちらもビックカメラ酒販で1000円切る安ワインですねw


まずは白。

「BAREFOOT PINOT SAUVIGNON BLANC」 
(ベアフット・ソーヴィニヨンブラン)

WINE_201301020_01s

WINE_201301020_02s

ちょっと前に飲んでこのブログ内で触れた「ベアフット」のワイン。何種類か買ってたうちの1本ですね。値段は先日飲んだものと同じく930円。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。抜いてグラスに注ぐと色はごく薄め。レモンイエローと言うよりもっと薄く、ほぼ無色透明に近いくらい。ソーヴィニヨンブランと言うよりも、日本の甲州種のワインみたいな色してます。

香りはふわっと柑橘系のアロマ。グレープフルーツやシトラスの爽やかな香りがいかにもソーヴィニヨンブランって感じですね。その奥に、品種特有の青草やハーブのニュアンスもきちんと感じられます。

安ソーヴィニヨンでこれだけ香りが強いとかなり得した気分w


口に含むと、程々にカッチリとした酸があって、実にサッパリした口当り。フレッシュな果実味が口中に広がります。

果実感は香り同様にシトラスやグレープフルーツ中心。飲んでしまうとそんなに香りは漂ってこない感じですね。

ソーヴィニヨンブランって、口に含んだ後でハーブのニュアンスが広がったり…てのも多いんだけれどこれはそういうのは全く無し。まあ、この値段だから仕方ないと言えばそうw

ただ、飲み進めて行くと柑橘系中心だった香りや味わいの中に徐々にピーチやパイナップルなどの甘い果実も顔を出してきて、これがなかなかに心地良いですね。

奥行きや複雑味は全く無いけれど、でも素直な味わいでカジュアル・ライトで親しみやすいソーヴィニヨンブランですね。


ちなみに「ベアフット」のワイン。あと1本まだあるのですが(リースリング)、よくよくラベルを見直したら「甘口」だったのでどうしようと悩んでます…。

甘口白ワインって苦手なんですよね…なんで間違えて買っちゃったんだろw


続いて赤。

「WOODBRIDGE ROBERT MONDAVI CABERNET SAUVIGNON 2011」
(ウッドブリッジ・ロバートモンダヴィ・カベルネソーヴィニヨン)

WINE_201301020_03s

WINE_201301020_04s

「ウッドブリッジ」のワインも何種類かまとめて買っていますね。先日、シラーズのロゼと赤を飲みましたが、今回はカベルネを。値段は先日のシラーズ同様980円。


こちらも栓はスクリューキャップ。抜いてグラスに注ぐと色は濃い。非常に濃いです。真っ黒に色づいた赤紫と言う感じ。グラスの底は全く見えません。

そしてこのワイン、香りが非常に良いですね。グラスに鼻を近づけると、まず乳酸系の香りがふわっと立ち上がります。続けてプラムやブルーベリーのジャムがたっぷりと。

カベルネの定番の香りと言えばそうなんだけれど、それがふんわりと、なんとも良い感じで漂って来るんですよね。

その奥にちょっと蒸れた様な香りと、それに海藻系のニュアンスも感じられます。


口に含むとまったりとして深く、とっても甘やかでまろやか。赤黒い果実の美味しさがたっぷりぎゅっと詰まってて、酸味と甘みとのバランスが良くとってもフルーティ。それでいてたっぷりと濃厚なんですね。

赤黒い果実の味わいと共に、バナナやクローヴの様な風味も感じられます。

タンニンの渋みは完全に果実の中に溶け込んでいて、全く出過ぎたところはなく、むしろコーヒーの様な深みをワインに与えています。


ボディはやや強めのミディアムと言ったところでしょうか。

いや、これはこの値段としてはビックリするくらいに美味しいカベルネだと思いますよ?


「ウッドブリッジ」の赤はこれで試すのが恐らく3種類目なのですが、どれもとても良く出来ていて美味しいですね。なかでも今回のカベルネはピカイチだと思います。

これ位の値段でこれ位美味しいワインに出会えるとホント嬉しくなりますよね…w


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...