秋の味覚「ツガニ」と「尊皇辛口純米 活鱗」。
2013年 10月 25日 (金) 21:26 | 編集
昨夜はちょっと変わったものを食べました。

sake20131024_00s

まあ、去年もこの位の時期に食べたものなんですけどね。

これ、四国から取り寄せたツガニと言うカニなんです。ツガニと言うのはこのカニを名産としている四国・四万十川流域での呼び名で、正式名称はモクズガニと言うカニですね。

大きさは大きいものでも手のひらサイズ位と、海で取れるカニと比べれば小さめ。だけど、海のカニとは全く違う独特の濃厚な味わいがあって…去年初めて取り寄せて食べてからすっかり病みつきになってしまいましたw

季節的には今の時期位からが一番の旬・食べ頃なので、自分の中ではもうすっかり秋の味覚の一つと言った感じですね。来年からもこの時期になるときっと取り寄せてしまうのでしょう…。


さて、美味しいカニを食べるのなら美味しいお酒を合わせたいと思うのは酒飲みのサガ。と言うワケで昨夜飲んだお酒がこちら。

山崎合資会社の「尊皇辛口純米 活鱗」

sake20131024_01s

たまには地元・三河地方のお酒でも飲んでみようと買ったもの。近所のショッピングセンターで買ったもので、お値段は720ミリ瓶で1155円。

ちなみにこのお酒、原料を見ると「愛知県産の若水100%」とあって、きちんと地元にこだわったお酒なのだなと言う感じがします。


紙の包装を外すとこんな感じ。

sake20131024_02s

sake20131024_03s

さて、酒器に注いでみると色はほんのり、わずかに黄色みを帯びていますね。いかにも日本酒らしい色合いです。

日本酒って言うと無色透明だと思われている方も多いかもしれませんが、実際はわずかに黄色っぽく見える物の方が多かったりしますね(ほぼ無色なものも勿論ありますが)。

そして注いだ時に液体に粘性が少しあるのが感じられます。


香りはサラリとした、いかにも辛口日本酒と言った雰囲気。アルコールのツンとした感じがわずかにあって、そこに米本来の旨みが詰まった風味が続いて来る感じ。

そしてどこか、品の良さを感じさせます。吟醸香と言うワケではないのだけれど上品な香り。


口に含むと味わいがしっかりとしていて、実に味が濃い。だけど、くどさや嫌味などは全く無く、クセの無いピュアな味わい。米本来の旨みがぎっしりと詰まっていて、ふくよかなボディ感があります。

そして特筆すべきは含み香の良さ。口の中で、メロンやバナナを思わせる優雅な甘い芳香がふわっと広がるんですね。白ビールによくあるクローブ香の様な風味もあります。

杯に注いだ時よりも、実際に飲んでみた時の方が遥かに良い香りがしますね。


濃厚で力強いお酒なのですが、それでいてとても品の良い日本酒ですね。

ツガニとの相性は言わずもがな。

sake20131024_05s

蒸したツガニはとにかくカニミソが美味しいんですよね。卵の黄身やピーナッツバターの様に濃厚でたっぷりと甘い。これがこの「活鱗」の力強くも上品な味わいとベストマッチ。

ツガニと日本酒。

味覚の秋にふさわしいこの組み合わせは、この季節の毎年の楽しみになりそうですw


Comment
この記事へのコメント
お久しぶりです
久しぶりすぎて記憶にないかもしれませんが…。

ツガニの呼び方は四国や九州で使われているようですね。伊豆では『ズガニ』と呼ぶようです(何年か前、伊豆で要予約の店でズガニを食べました)。

このカニ、県によって食べたり食べなかったりするようですが、愛知県では基本食べない…と聞いていたんですが、先日、名古屋市南区の鮮魚店の前を通ったら、モクズガニ(加熱済み)が売っていてちょっとびっくりしました。

ところで一番下の画像のカニ、♀が多いですね。羨ましいです(卵巣がまた美味なので…)。知る人ぞ知る秋の味覚ですね。
2013/ 11/ 08 (金) 23: 26: 39 | URL | &oh # dlg/xXMc[ 編集 ]
>&ohさん
お久しぶりです。確か以前にも、カニ関連の記事でコメント頂いたかと…。

仰る通り、ツガニの名は四国や九州地方で呼ばれている様ですね。
愛知県では確かにあまり食べる風習は聞かないですが、東海圏では岐阜のおちょぼ稲荷の参道で売られていることがある…と噂を聞いたことがあります。
(もっとも、実際に出かけてみましたが売られているのは発見できず…)

ウチは四国の業者さんから取り寄せで活きたのを送ってもらったのですが、雌が多く本当に美味でした。
決してメジャーな食材ではありませんが、一度食べると病みつきになってしまいますねw
2013/ 11/ 09 (土) 08: 32: 17 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
今頃気が付いたんですが
名古屋市南区の鮮魚店で売っていたという蟹、あれは上海蟹(チュウゴクモクズガニ)だったかもしれません。

通りすがりで横目でちらっと見ただけだったので、さすがにあの一瞬でどちらの種類かは区別出来ないです(近くでじっくりと見れば分かりますが)。
2014/ 03/ 08 (土) 23: 00: 57 | URL | &oh # dlg/xXMc[ 編集 ]
>&ohさん
なるほど…上海蟹の方かもしれませんか…。

確かにモクズガニは食べる地方が限られているので、都市部であれば上海蟹の方が売られてる可能性高いかもですね。
2014/ 03/ 11 (火) 23: 48: 15 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...