「ご注文はうさぎですか?」アニメ化決定について思うこと。
2013年 11月 20日 (水) 12:15 | 編集
さて、昨日発売のきららMAX感想…と行きたいところですが、その前に一つ。

これに触れておかなくてはならないでしょう。


kirara_max201401s


ええ…今月のMAX表紙にも大きく載っていますね。

「ご注文はうさぎですか?」TVアニメ化決定です。


実際この情報に関しては昨日のMAX発売を遡ること数日前から知っていました。いわゆる雑誌の早売りから情報が漏れて、どうも土曜の深夜にはネット上のあちこちで情報が飛び交っていた様です。

僕自身はその時間には眠ってしまっていたので、知ったのは日曜の朝。ツイッターを立ち上げるなりそんな情報が飛び込んで来て、愕然としたのを覚えています。


「ああ…とうとうこの時が来てしまったか」-そんな想いが強かったですね。


好きな作品のアニメ化と言うと喜ぶ人が大半かもしれませんが、でもそんな人ばかりじゃあないんです。漠然とした不安だとかもやもやした何かこう割り切れない想い-そんな、マイナスに近い感情を抱いてしまう人だっている。

この作品に関しては僕はそちらの方でした。


別にアニメ化そのものを否定とか完全反対するつもりは無いんです。ただ、この作品に関しては安易にアニメ化するべきじゃあない。ずっとそう思っていました。

この作品は一見、キャラクターの可愛らしさに目を奪われてしまいがちなんですが、でも本質はそこじゃあないと僕は考えています。

Koi先生の確かな画力で描かれる、緻密で繊細な風景描写や丁寧に造りこまれた世界観。そう言ったものこそがこの作品の本質だと思うのです。

果たしてそれを再現できるアニメ製作スタッフや製作会社が一体どれだけ存在しているのか。きちんと理解しないまま造ってしまえばそれこそ、単にキャラクターが可愛いだけのよくある「萌えアニメ」で終わってしまう。

だったらいっそアニメ化なんてすべきじゃあない。

それが一ファンとしての、僕の本音でした。


あとはアニメ化されたことで今までと空気が変わってしまう。そんな怖さが旧来のファンとしてはあります。

別にアニメ化から入って来る新規ファンを否定とか排除とかそんなつもりはありません。そもそも僕自身だって、某作品のアニメ化からきらら読者になった人間なワケですし。

ただ…これは「きんいろモザイク」アニメ化の時にも思ったことですが、アニメ化されてその出来が万が一悪いと原作まで貶めようとする心無い層が現れたり、また逆に売れれば売れたでおかしなファン(いわゆる厨)が付いてしまったり…。

そんなリスクも秘めているので、アニメ化って必ずしも喜ばしいことだけではないと思うんですよね。実際、「きんモザ」に関して言えばアニメ放映中は一部の層が悪ノリしているのが目に付いて非常に苦々しく思うこともありましたし…。


好きな作品であればある程、そのアニメ化と言う本来喜ぶべきことが逆に素直に受け入れられなくなってしまう、そんなことだってあるんです。


さて、情報を知ってから数日。昨日にはきららMAXも発売され、実際に誌面でも情報を確認して…少し落ち着いてきて改めて思い直すと、以前の「きんいろモザイク」アニメ化第一報を受けた時程の拒否感は無く、今は受け入れようと言う気持ちにもなりつつあります。

もっともそれは、「きんモザ」の騒ぎ諸々を通過して慣れてしまった・或いは麻痺してしまったと言うのとか、もう決まったことだし仕方ないやと言う諦めの気持ちもあるのかもしれません。


ただ今回の「ご注文はうさぎですか?」アニメ化に関しては非常に動きが早いですね。MAX誌面でアニメ化発表の報と同時に主な製作スタッフ、それに製作会社まで発表されていますね。となると、きっとかなり前からアニメ化は決定していたのでしょう。

正直、製作スタッフの方に関してはよく分かりませんが、ただ、製作会社の名前を見てちょっとホッとした感じはあります。

WHITE FOXは手掛けた作品数はそんなに多くはないけれど、非常に丁寧な造りをする会社だと言う評判ですし、僕自身はここのアニメは一作しか観たことないですが、映像・作画のクオリティも高く非常に面白かった記憶があるので、これなら期待して良いかも…と、そう思えました。

とは言え、この作品のあの繊細緻密な世界観をどこまで再現出来るかと言えば、非常になんとも難しいところだとは思いますが。


まあ、自分の中に正直ここだけは止めて…と言う製作会社が2,3あったので、とりあえずそこじゃあなく、なおかつ丁寧な作品造りと評判な会社に決まった。それだけでも良かったかなと。


とにかく、アニメ化が決まった以上、製作スタッフ・製作会社の皆様には全力で良い物を創って頂きたいなと、そう切に願います。

勿論不安もありますし、まだ割り切れないもやもやした感じはあるけれど…でも最終的にはファンとしては全力で応援して行くしかありません。


Comment
この記事へのコメント
アニメ化に関しては意見が正反対になってしまうminamiです。ツイッターでは肩身の狭い思いをしていますw

でもわたしも反対派の言うことにも一理あると思ってますし、またみなさんも私を理解してくださってる(と思い込んでる)ようですので助かります。

TLには「なぜ反対するのか理解できない」と敵視する人もいますが、私はそういうのが嫌なんです。同じ作品を好きな同志でなぜいがみ合わなければいけないのでしょう。

ただ、きんモザの時にもいたように自分たちが騒ぎたいだけで画像を貼りまくる配慮のない連中は新打法がいいと思います(過激ですみません)
2013/ 11/ 20 (水) 21: 11: 42 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
こんにちは。

たしかに、この作品は一見すると絵に注目されがちですが、その実は独特な世界観が素晴らしい作品ですよね。
「独特な」は言い換えれば「ちぐはぐさ」で、普通ちぐはぐな事というのはあまり良くないんですが、この作品に関して言えばそれがすごく面白さにつながっている。

・西洋風の街並みなのに通貨単位が円で、主人公たちの名前も一見ファンタジーマンガっぽいのに、よく見ると純然たる日本人
・下着姿の女子高生が持っているのがチャカ
・メスウサギにじいさんの魂
・明治維新って何?相対性理論なら説明できるよ

……改めて見ると、あまりにもちぐはぐすぎるw
正直絵も大事だとは思いますが、それよりもこういった混沌とした世界をきちんと描けるかどうか、たしかに見ものですね。
(きららのアニメは、基本そういうのをしっかり理解して作ってもらえる幸せなものが多いですが。ひだまり、けいおん、ゆゆ式、きんモザETC……)

それでは。
2013/ 11/ 20 (水) 22: 03: 07 | URL | ワレモノ中尉 # UgWWdkD2[ 編集 ]
初めてコメントします。

製作会社がWHITE FOXに決まったことに対して、キャラクターが可愛いかどうか、それだけを重視する一部の人たちは、WHITE FOXがいわゆる「萌えアニメ」を制作した作品数が少ない点を不安視しているようです。
これについては、まだアニメのキャラクターデザインが未発表ということもあり、今の段階では何とも言えません。

もし仮にキャラデザが原作と比較して「劣化した」ものになったとしても(あまりにも酷いものでなければ)、世界観の再現性が高ければ十分評価に値すると思うのですが、そういう層からは色々言われてしまいそうです。
絵が萌えるかどうかもアニメの重要な要素の一つですが、元々キャラ絵の再現が難しい作品ですから、程度の差はあれどこが制作しても多少の違和感は出るでしょうし、そこを責めるのは酷という気がします。

もちろん、WHITE FOXが原作のイメージに近い絵に仕上げてくるということも、ポテンシャルを考えればあり得ないことではないでしょう。
2013/ 11/ 21 (木) 18: 41: 10 | URL | tmrlhg # NpmxldsU[ 編集 ]
>minamiさん
>>ツイッターでは肩身の狭い思いをしていますw

いや…どちらかと言うと反対派の方が少数だと思いますよ? 僕のTLでも反対表明してるのは僕自身含め2,3人くらいしかいない様な…w

まあ僕自身は反対と言うか不安に思う理由は上記の通りですね。最終的に良い物に仕上げてくれるのならばそれで良いのですが…。

あとはホント、画像貼りまくる様な連中が出てこないことを祈るのみです。

>ワレモノ中尉さん
「ちぐはぐ」ですか…なるほど。そういう視点で見たことは無かったですが、確かに仰る通り「ちぐはぐ」さが妙な味になっている部分はありますね。

仰る通り、あの混沌とした(それでいて美しい)世界観をしっかりと再現してくれるかどうか。アニメ化の成否はそこにかかっていると思います。
乱暴な言い方してしまえば、キャラの可愛らしさはその次でも良い気もします。

>tmrlhgさん
コメントありがとうございます。

なるほど…そういった考えの人達もいるのですね。
僕自身としては上記に書いた通り、この作品の本質はキャラクターの可愛らしさよりも繊細綺麗かつ丁寧に作りこまれた世界観だと思いますので、萌え系を得意とする製作会社かどうかは別に重要でないと思います。

仰る通り、世界観の再現性が高ければそれで良いと言う気がします。
(この作品のキャラ絵をそのまんまアニメで表現するのはどこのスタジオでも無理かもしれませんし…)

むしろ、萌え系・日常系を作り慣れているところがやった方が心配な気すらします。キャラクター可愛いだけの安易な萌えアニメにされてしまいそうで…。
2013/ 11/ 21 (木) 21: 18: 35 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...