「まんがタイムきらら'14年1月号」感想。
2013年 12月 10日 (火) 10:32 | 編集
では、昨日発売のきららの感想、行ってみたいと思います。


kirara_201401s


…と言いたいところですがその前に。







放課後リトリップ次号最終回って何ですかそれ?



もうね…この報を初めて聞いた時は自分の目と耳を疑いました。まさかまさかそんなことあるハズが無いと。何かの間違いに決まっている…と。

でもきらら誌面を見ると容赦なく告げられている残酷な現実…。


この「放課後リトリップ」、10月号から連載をスタートした作品で、僕の中では今の無印きららではダントツで一番大好きな作品です。

作者のms先生の前作「少女公団アパートメント」が物凄く好きだったと言うのもありますが、それだけでなくこの作品にはたくさんの魅力が詰まっています。

ms先生ならではの優しいタッチで描かれる可愛らしい女の子。その女の子同士の交流は、その画風同様にとても優しく柔らかく、ふわふわと暖かい雰囲気にあふれていて、読んでいるとこちらまで優しい気持ちになって癒されます。

そしてこの作品は何よりその設定が印象的。歴代のきらら作品には色々なタイプのヒロインが登場しますが、しかし26歳のなんちゃって女子高生と言うのはこれまでに無い斬新なものでした。

その26歳なんちゃって女子高生と本物の女子高生の二人がはぐくむ友情がどうなっていくのか、今後が本当に楽しみだったのに…これで終わってしまうだなんて信じられません。


それも、何か止むに止まれぬ事情があるのかと思えばどうやら打ち切りと言うことらしく、ますます信じられない気分です。


実際、ツイッターの僕のフォロワーさん周りではこの作品、物凄く好評だったんですよね。僕同様に今の無印で一番推したいと仰ってる方も他にいましたし…なので、人気が無かっただなんてとても思えないのです。

この作品を終わらせるだなんて、編集部は何か間違えてるとしか思えません。それともこれが読者の総意だと言うのなら、きらら読者の目が曇っている…そう言いたい気分です。


ただ。僕の周りのフォロワーさんと一般的なきらら読者とでは、もしかすると好みに相当なズレがあるのかもしれません。それは僕も去年投票させて頂いた「4コマオブザイヤー」の結果を見ても明らかでしたし…。


やはり、26歳女子高生と言うのはこの世界には早過ぎた存在なのかもしれません。

若い世代(高校生くらい)の読者層からすれば、26歳と言う年齢のヒロインに萌えるのは少々難易度が高いかもしれませんし。

そういうイミでは僕の周りのフォロワーさんは社会人が多いですし年齢的にも30代以上の方もちらほらいるので、この作品のヒロイン・設定をすんなり受け入れられたと言うのはあるのかもしれません。



しかし…それでも打ち切りは早過ぎる感がしてなりません。まだ連載始まって今月で4回目ですよ? と言うことは先月、3回目が終わった時点でこの判断に行きついたと言うことでしょうか?

幾らなんでも結論を出すには時期尚早だと思うのです。やはりこの判断に至った編集部は何か間違えている気がしてなりません。


今月の無印きららに関してはもう、読む気も感想書く気も失せてしまいましたので感想記事は取りやめとさせて頂きます。

楽しみにされている方がいらっしゃったら申し訳ありません(いるのかそんな人?)


Comment
この記事へのコメント
思ったよりもオウジーさんの怒りが本気で驚きました。そこまで「放課後リトリップ」に入れ込んでいたのですね。一番好きな作品がこのような終わり方を迎えるとなると、気持ちはわからなくもないです。
ツイッターのmsさんのTLを覗いてみましたが、打ち切りを惜しむ声が多数届いてますね。たった3話で結論を出してしまった編集部には疑問もありますがなにか裏があるのでは、と勘ぐってしまいます。
もしそういう理由がなく、たった3話で人気がないと判断したのなら、編集部は無能としか思えません。

ただ、感想記事が読めないのは残念です。ただ自分の言いたいことを書いてるだけの日記帳もどきの拙ブログとは違って、やってくる人を楽しませようという心意気が「酒と音と鉄旅と。」には感じられます。MAXやCaratまで今の気持ちを引っ張らないようにお願いしたいです。
2013/ 12/ 11 (水) 20: 37: 30 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minamiさん
今回の件、怒りと言うよりは絶望と悲しみと言った気持ちの方が大きいですね…なんかもう辛すぎて感想書く気になれなかったのですよ。申し訳ありません。
(もう読む気すら起きない感じだったりします…)

MAXやキャラットの感想は(何も無ければ)きちんと書くつもりでおりますので…。
と言うかもう、自分的には今回の無印は「無かったこと」にして16日発売のミラクを早く読みたい気持ちでいっぱいですw
2013/ 12/ 11 (水) 21: 16: 23 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...