「まんがタイムきららMAX'14年2月号」感想。
2013年 12月 24日 (火) 13:52 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max201402s


・表紙
今月の表紙は「ご注文はうさぎですか?」「きんいろモザイク」のコラボ表紙。他のきらら誌ではこういうコラボ表紙ってほとんど見かけないですが、MAXのこの二作品のコラボ表紙はなんとこれが三度目なんですよね。

しかしこうして改めて見てみると原悠衣先生の絵とKoi先生の絵って物凄く親和性があるんだなぁ、と。勿論絵柄そのものは全く違うのに、でもこうしてアリスとココアが一緒にいることに全く何の不自然さも感じられません。

それにしても二人とも可愛い。ホント可愛い。サンタコスが物凄くよく似合ってます。ああ…こんなサンタさんウチにも来てくれませんかね。

と言うかむしろこのコ達二人をクリスマスプレゼントにお願いします!!(アカン)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ご注文はアニメ情報ですか?
と言うワケでなにやら唐突にごちうさアニメ情報コーナーが発足した模様ですw

で、いきなりのキャスト発表!! 更に放映時期も来年4月からと発表!!

アニメ化発表されたの自体が先月のことなのにもうキャスト&放映時期発表とかあまりに展開が早過ぎる…これ、やっぱりアニメ化自体かなり前々から決まってたと考えた方が良さそうですね。

キャストなんですが、結構人気どころの声優さんを集めてきたな…と言う印象があります。と言うか種田さんってゆゆ式・きんモザに続いて3つ目…きららのアニメには種田さんと言う図式が出来上がりつつありますね…w

でも種田さん→リゼちゃんと言うのがイマイチ想像付きません。シャロちゃんなら分かるんだけど…だって、きんモザのアヤヤとキャラ的に近い立ち位置ですし性格的にも似ている部分ありますしね。

しかし個人的には主役5人よりもティッピーとチノ父のキャストの方が凄く気になります。あの二人は是非とも渋いおじさま声優さんにやって頂きたいなぁ…と。個人的にはティッピーは中田譲治さん辺りを希望します。


・ご注文はうさぎですか?
ド直球にクリスマスネタで来ましたね。でもこの作品のヨーロピアンな異国情緒だとか、喫茶店と言う舞台を考えるとクリスマスパーティと言うのは実にピッタリな題材だったと思います。

そしてクリスマスパーティと言うことで全キャラ大集合!! 前半はパーティ前の皆それぞれの描写ですが、この時の千夜ちゃんとシャロちゃんの対比が実に面白いですね。

特にシャロちゃん…マッチ売りの少女は4コマ目のオチを見るまでもなく容易に頭の中に浮かびましたw

中盤の、なぜか皆でラビットハウスを手伝ってる時の描写もいいですね。シャロちゃんがデキる女っぷりを発揮している傍らで千夜ちゃん…場所が変わっても相変わらずなネーミングセンスを発揮してしまうところが素敵です。

全編通してクリスマスならではの賑やかで楽しいムードが漂ってましたね。そんな中、個人的に一番気になった一コマはこれ。

kirara_max201402gcus_s

青山さんがなんだかとても #いかがわしい です…!!w

いやこれ食べ物に対する反応じゃないよ。はぁはぁ(ハート)ってなんですか全くもう!!

しかしラストのお姉ちゃんサンタさんはドジっ子ですね。チノちゃんに完全にバレバレですし。だけどチノちゃんもまんざらでは無さそうなのでこれで良い…のかな。


・きんいろモザイク
シノのアレっぷりがなんだかもう深刻なことになってて本気で心配になりました…。冒頭のアレ、朝が弱いとかもうそんなレベルじゃないです。人としてヤバイ。

ところできんモザと言うと、一話の中に割と色々なエピソードが詰まってる話が多い様な気がしていましたが、今月はもうひたすらにシノのお寝坊ネタだけで突っ走ってましたね。

しかし色々なエピソードを詰め込もうが一つのネタで突っ走ろうが、どちらにせよ頭おかしい(褒め言葉)には変わりないです。はい。


・いちごの入ったソーダ水
ヒナちゃんなんですけど、これ意外と実は脈アリなんじゃないですかね? 福ちゃん先生のあの呟きから察するに、彼のセリフと態度は本心からと言うワケでは無さそうですし。

…にしても、だからと言って女子高生相手に「女体盛り」なんてワード吐くのはどうかと思いますがw


・うにうにうにうに
うにちゃんのお姉ちゃん(なまちゃん)登場…な話だったのですが、今までに増してギャグの暴走っぷりがとんでも無かった気がします。

なんだろう。スピード感と言うかドライブ感と言うか…そんな「ノリ」が凄かった。この作品、始まった当初はうにちゃん可愛らしいのんびり系4コマかと思ってたのですが全然違いますね。

いやうにちゃんは確かに可愛いのですが、ゆったりとかまったりとかそんな形容とは真逆。ジェットコースターノリで突っ走るギャグ作品と言った方が良い感じですよね。


・○本の住人
今更ですがこの模型店はちゃんと商売成り立ってるんでしょうかね…ホント今更ですが。


・ホイップノート
クリスマスでケーキ作りとか、もうおよめさんクラブと言うよりはお菓子研究会とかそっち系になってきてる気もしますが…w

しかし作ったケーキで皆で楽しくパーティ…となるかと思いきや、最後がまさかの展開。一体ちーちゃんの身に何が起きたのか…そしてこれが嫌なフラグじゃなければ良いなぁと思うのですが。

きらら系作品で急展開とかあると大体…なワケですし、特に今のMAXは改編期に差し掛かっている感じがしますし、とりわけ長期作品・ベテラン作家さんの作品が次々終わって行ってる印象があるので…。


・こずみっしょん
ああ…この展開どう考えてもフラグ…。


・愛しの花凛
フォワードからのゲストと言う珍しいパターン。

で、ツイッターのフォロワーさんの情報で分かったのですが作者の堀泉インコ先生ってかなり前にMAXにゲスト掲載で作品描かれてた方だったんですね。なんとなく絵柄と作者名に覚えがある様な気はしたのですが…。

読んだ感じかなり良質のピュアラブコメと言う感じですね。フォロワーさんのオススメもあるので一度単行本の方もチェックしてみようかな…と考え中だったりします。

基本百合好きだけれどヘテロラブコメも普通に好きです。良質のものならば。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
前々からこの作品もかなり頭おかしいとは思っていましたが今月のを読んで確信しました。うん、確実に頭おかしい。

いやもしかすると今のMAXでイチバン頭おかしいのはこの作品なのかもしれません。とりあえず今月に関しては、あのきんモザをもしのぐ頭のおかしさを見せつけていたと思います。
(注:全て褒めてます、念の為)

と言うワケで今月は前回ラストに登場した新キャラ・雪谷ほたるさんの話でした。ラムネ野郎哉クンとの関係を疑われていたほたるさんでしたけど、単に勉強会してただけの様ですね。

まあ、関係を疑われていた…と言ってもそれは亜梨香ちゃん達の視点なだけで、読者的には絶対にそんなことありえないだろうと分かりきっていましたがw

そのほたるさんなんですが、容姿端麗・頭脳明晰・お嬢様とかなりの強キャラ。なだけじゃなく、なかなかに濃ゆいキャラで既存キャラの亜梨香・護にも負けていない感じですね。

そんなほたるさんに対して張り合おうとする亜梨香ちゃんがまたおかしい。おかげでいつも以上に亜梨香ちゃん大暴走だった様に思います。78ページ4コマ目の「キャラがかぶってますわー!!」には大爆笑でしたw

そして衝撃のオチ。

kirara_max201402krdk_s

まさかの百合キター!!

ビックリなことにこのほたるさん、どうやらガチ百合少女だった模様です。亜梨香ちゃんの暴走妄想だけでも大変なのに更に百合要素までぶち込んでくるとか…これでこの作品のカオス感が更に深刻なことになるのは間違いないですね。


・スイーツどんぶり
前回の話で王臨堂との対決もクライマックスを迎え、そして今回の最終回では一体どうなるのか…そんな想いでページをめくってみると、どうやら対決自体はあれでそのまま決着がついてたようですね。

酒井さんの繰り出す「スイーツどんぶり」が王臨堂の「天国と地獄」に勝った、と。そして酒井さんは旅に出ると言って…。

しかしこの時の酒井さんの旅立つ理由が良いですね。

kirara_max201402swdn_ss

「料理って何だろうと思ってサ」

いやこれ、この作品読んで来た全読者が同じことを思ったのではないでしょうかw

世間には色々な形の「料理漫画」がありますが、この作品は料理と言う概念そのものを根底から覆してしまったことは間違いありません。いや…この作品は「料理漫画」と呼べるのか…?

そして皆の「その後」のエピソード集と言った感じですね。これまでに出てきた登場人物たちがほぼ全員総出演。この賑やかな感じもいかにもこの作品らしいです。

だけど最後に現れた怪しげな連中「プラネット」。かつての「LIFE」の様なことを言ってますね。

そして、柿崎さんのピンチに駆け付けたのはなんと、旅に出ていたハズの酒井さん。更にそこに王臨堂始め七ツ星の皆までもが再集結し「プラネット」との戦いへ…と言ったところで〆。

いやはや…最後の最後で新たなる敵の出現とか、そこに仲間が集結して戦いへ…とか、ああっもうなんと言う「俺達の戦いはこれからだ」END!!w

しかしこんなところまでオマージュしちゃうだなんて、本当に最後までバトル物少年漫画の王道パターンを突っ走って行った作品でした。

と言っても勿論そのまんまじゃあなく、バトル物少年漫画をきらら的な4コマの世界へときっちり昇華している。FBC先生の並々ならぬ手腕とセンスの良さが全編に渡って冴えまくっている、そんな作品だったと思います。

FBC先生本当にお疲れさまでした。物凄く楽しませて頂きました!! 1月発売の単行本2巻も超・楽しみにしています!!


・ハラる
自称スペシャルゲストこと「アキタランド・ゴシック」の器械先生の新作読み切りゲスト。

「ハラる」のハラは要はハラスメントってことで、女の子大好きな女の子がセクハラしたり催眠術かけられたりするお話でした。きらら系の作品では割とよくあると言えばよくあるテーマの作品かもしれません。

しかし彼女が女の子限定のセクハラ魔になってしまったかのくだりはちょっと切ないものがありますね。シリアスな百合モノでは男にネトラレとかままありそうな気もしますがそれをきららでやってしまうところが器械先生らしいと言えばそうなのかも。


・R18!
最終回…と言うことでなのか、里佳子ちゃんの入社当時を振り返ってみたり…と言うお話でした。

いやでも確かに、エロゲとか全くやったことない人がいきなりエロゲメーカに入ってそういうお仕事で実物触れてみたらビックリしますよねぇ…wあとペンタブの操作とかその辺りも初めて触れる人ってきっとこんな感じなんでしょうね(僕は触ったことないので分かりませんが)

いつも通りに里佳子→桜のおっぱいもみもみとかあったりしながらも全体に淡々とした印象で進んだ感じがありますね。だけどその淡々とした感じがより一層終わりの切なさを感じさせると言うかなんと言うか…。

なにはともあれ、ぷらぱ先生長い間本当にお疲れさまでした!


・落花流水
今月は香水の匂いでどうこう…なお話でした。で、冒頭のシーンからしてもう飛ばし過ぎです!!

kirara_max201402rakka_s

いやこれもう誤解するなと言う方がムリ。劇中で春河さんが言ってる通り「暁×秋穂と言う新ジャンル」がここに爆誕してしまいました。いやこれもう二次創作とかする人大喜びだよきっと(?)

で、本編中もフレグランスショップでいちゃつく暁×夕とか、夕さんの思わせぶりなセリフとか、そしてトドメに水夏センパイ→秋穂さんのにおいすんすんとかもうたっぷり濃厚でたまらんかったですね。全編香水よりもずっといい匂いが漂ってました。

あと何気に冒頭の編集アオリがGJです。春河×真冬センセイはもうデキてますよね?


・アリノス☆ワンダーランド
引きこもりに二段ベッドを与えてはいけないと言う好例ですね…w


・ひろなex.
センターカラーで最終回。しかしなんとも肌色面積の多いカラーですね…最後の最後でサービスシーンの応酬と言う感じで大変に美味しく頂きました。ふぅ…。

しかしお父さんはホント何者だったんですかね。最後に探検出て行ったものの「秩父の看板」とか言ってるし…w

なにはともあれすか先生、本当に長い間お疲れさまでした。

しかし上のR18!もですけど、長期連載作品こんなに次々終わらせてしまって大丈夫なのかしら…と今後のMAX誌面が色々不安になります。


・▲コンプレックス
冒頭の誰にも正体気付いて貰えない女装渋沢クンが哀れ…いやもう彼はいっそ男の娘になってしまった方が良いんじゃないですかね。それでひのりちゃんといちゃいちゃしてくれれば(一部の)読者的にとても美味しいです。

そして文化祭の日を迎えたと言うことで円ちゃんと鋼音さんは3年間のお別れ…となるのですが、2週間に一度は会っても良いって…ええぇお母さんそんな話聞いてませんよ!!w 全くお人が悪い…。

そんなこんなでこの作品も次月が最終回とのことです。まあ展開的にも話数的にもそろそろかな…とは思っていましたが、果たしてどんなラストで締めるのか…見届けたいと思います。


今月は以上で。

今月で長期連載作品が2つ終わってしまいますし、その他の作品にも終了フラグめいたものが立ってるものがちらほらあったりで…正直これからどうなってしまうのかなと言う心配を感じずにはいられません。

まあ、いつもの改編期と言うだけなら良いのですが、きんモザ→ごちうさと立て続けにアニメ化が決まったことによって編集部がおかしな色気を出して誌面改革…とかそんなことだったら嫌ですね。

そんな中でもいつも通り…いやいつも以上に頭おかしいことになってた「彼どこ」読んでホッとした、そんな今月号のきららMAXでした。


Comment
この記事へのコメント
ちょっとだけ本気出す。

そんな今回の彼どこ。こう、萌えの中にある種のエッジを効かせ、一味違う作品に形成させるのがMAXだと思ったりするのですが・・・まさか真正百合をもってくるとは!今後のカオスっぷりに要注目ですね。

コラボ表紙。以前のシャロカレも好しでしたが、今回のココアリも抜群の破壊力でした。ただ、この2ショットの裏でチノシノはどんな顔をしてるんだろう・・・とイケナイ想像してみたりwww
2013/ 12/ 25 (水) 17: 10: 00 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RING さん
彼どこはなんかもう、何かがハジケちゃった感じでしたよね…w
今後が一体どうなっちゃうのかホント楽しみです。

コラボ表紙の裏舞台、チノちゃんはともかくシノはシャロちゃんの金髪に夢中になってる様な気がしますww
2013/ 12/ 25 (水) 22: 54: 16 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
彼どこの新キャラ投入はサプライズですね。わたしは以前のままでも十分楽しんでいたのですが、人によっては毎回似たような進行でマンネリととれなくもないので、それを嫌ってのことでしょうか。次号からのほたると亜梨香の絡み(意味深含む)が楽しみですね。
ただ、スイどんやコスプレだけでなく、長期連載のR18!やひろなが完結するのは全くの想定外。雑誌のカラーが変わってしまわなければいいのですが...
2014/ 01/ 05 (日) 06: 24: 51 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minamiさん
彼どこの新キャラ投入、百合キャラだったと言うのはホント全くの予想外でした。
亜梨香×ほたるの絡みがどうなるのか楽しみです。更に、ほたるの登場によって護ちゃんが自分のキモチに気付いて(百合脳

MAXのベテラン作品が次々に終わって行くのは僕も危惧を感じています。
きんモザ・ごちうさと続いてアニメ化したことで編集部がおかしな色気出したり勘違いしてなければ良いのですが…。
2014/ 01/ 05 (日) 07: 48: 03 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...