2013年の締めにボルドーのちょっといいワイン。
2014年 01月 01日 (水) 08:22 | 編集
皆さま、新年あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。


さて、昨日の大晦日は仕事休みで一日のんびりしていました。まあ、別に大晦日だから休みと言うワケではなくって、たまたまシフト上休みだったと言うだけなんですけどね。今日の元旦ですか? もう少ししたら準備して出勤しますよ?w


それはさておき、昨晩は年の終わりと言うことでちょっと奮発して、いつもよりはお高い感じのワインなんぞ飲んだのでその感想でも。

今年最初のブログ記事が、昨年最後に飲んだお酒の感想と言うのもなんだかアレですが…まあそれは気にしない方向で行きましょうw


昨晩はボルドーのワインを買って飲みました。白・赤共に地元のディスカウントショップで買ったものですが、通常だと3980円のものが2980円だったと言うヤツですね。


まずは白。

「CHATEAU OLIVIER BLANC 2006 GRAND CRU CLASSE DE GRAVES PESSAC LEOGNAN」
(シャトー・オリヴィエ・ブラン・ペサック・レオニャン・グラーヴ・グラン・クリュ・クラッセ)

WINE_20131231_01s

WINE_20131231_02s

ボルドー・グラーヴ地区のワイン。「グランクリュ」とあるのでつまり特級畑扱いってことですね。品種は書いてないけどセミヨンとソーヴィニヨンブランのブレンドで間違いないでしょう。

まずは抜栓。栓は当然、本物のコルクを使ってます。抜いた栓を嗅ぐとよく熟れた青リンゴの甘い良い香りがします。

グラスに注ぐと色はグリーンのかった鮮やかなゴールド。テリのある綺麗な色合いで結構しっかりと色づいています。緑みの強い、いかにもボルドーの白と言った感じの色ですね。

香りは豊かでふわっと甘い。柑橘系や白桃など様々な果実と、そこにハチミツとバニラのニュアンス。その奥にわずかながらハーブの青い風味も感じられます。


口に含むとアタックは優しく柔らか。ソーヴィニヨンブラン本来のカッチリした酸味は感じるのだけれど、でも決して尖った感じでは無く、あくまでそれはワインの骨格・芯の強さとなっている感じですね。

舌触りはトロリとして、口いっぱいに豊かな果実味を感じます。味わいそのものは、ソーヴィニヨンと言うよりはセミヨンの個性が色濃く出ている感じでしょうか。


そして印象的なのは後口。ビスケット・バニラ・カラメルと言った樽由来と思しき香ばしく甘い風味とハチミツの甘い香り、わずかなハーブのニュアンス…それらが入り混じった複雑でなんとも言えない良い香りが鼻に抜けるんですよね。

特に樽系の風味が、良質のブルゴーニュの白を飲んだ時に感じるものと良く似ているなぁ…と、そんな風に感じました。

これは確かに「ちょっと良いワイン」と言う雰囲気たっぷりの白でしたw


赤はこちら。

「CHATEAU BOUSCAUT ROUGE 2008 GRAND CRU CLASSE DE GRAVES PESSAC LEOGNAN」
(シャトー・ブスコー・ルージュ・ペサック・レオニャン・グラーヴ・グラン・クリュ・クラッセ)

WINE_20131231_03s

WINE_20131231_04s

品種はネットで調べたところ、メルロー50%、カベルネ・ソーヴィニヨン35%、マルベック15%のブレンドらしいですね。こちらもやはり「グランクリュ」です。


で、栓は当然本物のコルク。抜いた栓を嗅ぐと干しブドウの香りがほんのりと感じられます。

グラスに注ぐと色は濃い目。しかし、黒ずんで濁りきってるのではなくグラスの底がわずかに見える位には透明感が残っています。ボルドーの赤って言うともっとダークな色合いなイメージありましたけど、意外にそうでもない…?

香りは濃厚。カシスやブルーベリーなど赤黒い果実の風味がたっぷり。その奥にヨードのニュアンスも感じられます。


口に含むと味わい濃厚、実に味の密度が濃いですね。そして舌がきゅっとすぼまる程のタンニン分をハッキリと感じます。でもそれも決して嫌な感じではありません。

プラムやブルーベリー、チェリーなど様々な果実が混然一体となった味わいが口いっぱいに広がります。ボディはフルボディ。しっかりと強いですね。


深みがあって美味しい…のだけど、個人的にはまだちょっと熟成感が足りないのかな…と言う印象も受けました。もう一つ何か欲しいなと言う感じ。

もっと寝かせた方が美味しくなるのかもしれません。と言っても寝かせたワインだとか飲んだことないのでよく分かりませんけどねw


しかしこうしてたまにちょっとお高め(あくまで僕の中ではの基準ですが)のワイン飲んでみると、逆にコノスル辺りのコスパが素晴らしいことに気付かされちゃったり…。

特に赤ワインに関してはもう、コノスルのレゼルヴァ買っておくのが一番間違いないかなと言う風にまで思ってます。まあ、お高いワインはやっぱりそれはそれで美味しいんですけどね。気分的にも違いますしw


そんなこんなで今年もあれこれ色々飲んで試して行こうと思ってます。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...