「桜Trick」アニメ第一話を観て。
2014年 01月 17日 (金) 08:05 | 編集
さて。待ちに待った「桜Trick」のアニメ、こちらではようやく昨夜放送がありました。もうずっと一週間前から楽しみにしていたので、昨夜は23時ごろに一旦就寝→3時に起きてリアルタイム視聴とかしちゃいましたw

で、更に朝起きてからたった今、再度の視聴を済ませたところです。

またきちんとした感想は別途記事を起こすかもしれませんがとりあえず思ったところを。


まず、作画と演出が非常に良かったですね。この辺り、製作がスタジオディーンと言うことでどうなるんだろう…と思ってたのですが予想以上の出来で正直感激しました。

演出はところどころシャフトっぽい…と言うか「ひだまりスケッチ」ぽい部分を感じましたが、これはメインのスタッフに「ひだまり」に関わった方がいる影響でしょうか。でもその演出が見事にハマってたと思います。

で、作画なんですが正直、きららミラクでアニメキャラデザを最初に見た時は「ちょっと微妙」なんて思ったりもしてしまったのですが…とんでもなかったです!!

劇中で動いているキャラ達を見ていたらまるで違和感無し。原作のタチ先生のキャラクターの雰囲気をしっかり生かしつつ、動きのあるアニメ向きのキャラクターに仕上がっているなぁと感じました。

やはり坂井久太さんと言う方は凄い方なのですね…!!

作画の乱れなどもほとんど無く、とりわけ主要キャラクター達に関しては全員が繊細なタッチでとても可愛らしく丁寧に描かれていて、これなら原作ファンもきっと満足だろうと思いました。と言うか僕は大満足です!!


そして肝心の例のシーン。これを一体どうするのかと思っていましたが…全く逃げることなく直球勝負で挑んで来たのには正直ぶったまげました。いやてっきり、白いモヤその他でごまかしでもするんじゃないかと思ってましたが…w

製作スタッフはこの作品のキモ・この作品のなんたるかをちゃんと分かっているのだなぁ…と。いやこれならば次回以降も安心して、なおかつ最大限の期待を持って視聴出来そうです。

素晴らしいアニメ作品に仕上げて下さったスタッフの皆さまには本当に大感謝!!なのです。


さて。

今日はもうちょっとしたら所用で東京へと向かうのですが、そのついでに町田のアニメイトに寄って、現在開催中の桜Trick複製原画展観てこようと思ってます。

あと、アキバのコミジンに掲げられてる桜Trickの巨大看板もね…と言うワケで今日は頭の中が一日ずっと桜色になっていそうな予感がしますw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...