「桜Trickアンソロジーコミックvol.1」感想。
2014年 02月 03日 (月) 22:31 | 編集
では先月発売のきららコミックスの中から、「桜Trickアンソロ」の感想行ってみましょう。

まあ、きららレーベルの場合作品がアニメ化されるとそれに引き続いてその作品のアンソロジーコミックスも刊行されると言うパターンが定例化していますが、しかし今回は何と言っても「桜Trick」のアンソロ。

ちょっと他の作品とは異なるアンソロになるのではないでしょうか。

執筆陣の中にもちらほらと(色々なイミで)気になる方がいらっしゃいますし…ね…w


sakuratrkanthlo20140129_01s

表紙はこんな感じ。

桜Trick自体のコミックスは(1巻はそうでもなかったけれど)2巻・3巻は向き合う春香&優を中心にかなり耽美的で扇情的な雰囲気を醸し出していたのですが、今回は全くそんな感じしないですね。

春香&優の二人も向き合っていないですし、そして周りには他の面々も勢ぞろい。思えばこの作品で表紙に全員集合ってのも初のパターンでは…?

(まあ1巻の表紙は当時の主要メンバー全員いましたけど)


sakuratrkanthlo20140129_02s

裏表紙はいたってシンプル。

掲載作家さん達の名前が連ねられています。ちなみに右側のカットは巻頭のカラーイラスト集の中にも入っていますが小波ちま先生によるものですね。


さて。桜Trickのアンソロ1巻なんですが、あちこちの書店で特典やってましたのでついつい集めて来てしまいましたよ…。

いやこういうアンソロの場合、特典の絵柄は一種類だけのことが多いので基本、どこか1店舗で買えば良いやと言う感じだったのですが今回は大好きな「桜Trick」だったのでそういうワケにもいかず…w


まずはとらのあな。

sakuratrkanthlo20140129_03s

特典はポストカードですね。絵柄は表紙と全く一緒なのですが全体がピンク調に染められてほんのちょっと雰囲気が変わっています。

ちなみにとらで買ったところ桜Trickのフェアーをやってた関係でこんなものをゲット。

sakuratrkanthlo20140129_04s

ICステッカーですね。まあ…これ実際に使うことは無いだろうなぁ…w


こちらはアニメイトのポストカード。

sakuratrkanthlo20140129_07s

とらのあなのと非常に雰囲気似ているのですが、ロゴの位置が違っていたりしますw


今度はゲーマーズのブロマイド。

sakuratrkanthlo20140129_06s

絵柄は同じなのですがブロマイドなのでサイズ・紙質が上のポストカード類とは違います。また、バックが水玉模様になっているのでかなり雰囲気が異なっていますね。


ちなみにゲーマーズではアンソロジー「SAKURA」との連動購入特典もやってました。それがこちら。

sakuratrkanthlo20140129_05s

モノクロではありますが描き下ろしのブロマイドです。向き合う春香ちゃんと優ちゃんに…キャー!!


最後にCOMIC ZIN。

sakuratrkanthlo20140129_08s

こちらもポストカードで絵柄は他店と同じなのですが、背景は一番「桜」していますね。満開の桜の花びらの中にいる皆が心なしかキラキラと眩しく見える様な…。

ちなみにCOMIC ZINではこんなポストカードも付いてきました。

sakuratrkanthlo20140129_09s

きららミラク1月号表紙絵のポストカードですね。他のきらら誌表紙絵のポストカードはワングーで手に入るのだけど、ミラクはZINくらいでしか手に入らないので結構貴重かと。


では、前置きが長くなりましたが…中身の方の感想行ってみましょう。気になった作品を幾つか。


・カバー下漫画
KRコミックスってカバー下を見るのが大きな楽しみの一つだったりするのですが…これはやられました!!

今回、カバー下を担当されていたのはあらたまい先生。きららマギカで「巴マミの平凡な日常」を描かれている作家さんですね。その、あらた先生の漫画が載っていたのですがこれが酷過ぎる!!(注:褒めてます)

キュウリ+ハチミツ→メロンとかプリン+醤油→ウニとかそういった別々の食べ物を組み合わせることで全く違うものの味を再現できると都市伝説的に言われてるアレを春香&優がキスしながら試すことに…。

いやこの発想に思い至ったのが凄いです。

まあ桜Trickのアンソロジーと言う時点でどんな作品を描くにしろ「キス」を絡めることになるのは必然と言えば必然なんですが、しかしまさかこういうキスがあるとは…。

うん。胸やけしそうなキスでしたw(特に春香側)


・巻頭カラーイラスト集
巻頭は様々な作家さんによる美麗なイラスト集。どれもが良かったのですが、個人的に目立っていたのはまず、春香&優のウェディング衣装が目を引いた華々つぼみ先生。

それから幻想的なムードと耽美さと切なさとが漂いまくる牛木義隆先生。しずくちゃんの涙にはなんとも言えない、こみあげるものがありますね…。

そしてとにかく可愛らしいms先生。いや…これ見て確信しましたけど本当にms先生の絵柄って可愛らしい。丸くて暖かくて…またその暖かいイメージが仲良さげにしている春香&優のイメージにピッタリで。

ああ…ms先生またきららに戻って来てくれませんかねぇ…(懇願)


・美里西高校七不思議
作者は筋肉☆太郎先生。ええ、この方が出てきた時点でもう悪い予感しかしてませんでしたよ!! そしてその予想は物の見事に的中しやがりましたよ!!(注:褒めてます)

話自体はよくある学校の七不思議。それを皆で解明しに(?)行こうと言うノリなんですけどね。

でもこれ、蓋を開けてみれば七不思議全てが春香&優のキスに絡んでたと言うオチw

しかし、

・キスしながらついピアノを鳴らしちゃった→誰もいない音楽室から不気味なピアノ
・トイレでキスしながら息押し殺す→3番目のトイレから押し殺したようなうめき声

この辺りはまだ理解出来るのですが、校長の首が回るとか魔の13階段とか窓ガラスに映る逆さになった足とかこの辺り幾らなんでも無理があり過ぎだろう!!

と言うか逆さになった足とかそれもうキス以上のことヤッちゃってんじゃないか!!w

ええ…いつもの筋肉☆太郎先生でした。全く困ったものです(注:大絶賛してます)


・お姉ちゃんは心配です!!
きららキャラットで「NEW GAME!」連載中の得能正太郎先生による作品ですね。ちなみにこの作家さんと言うか「NEW GAME!」、今のキャラットで個人的にもっとも注目している作品の一つだったりします。

さて、タイトル通り遊園地デート中の春香&優が心配でこっそり後を付けて来ちゃった美月お姉ちゃんの話ですね…と思ったらとんでもない!!

なぜかしずく&コトネカップルの方が中心になってたり、ドサクサにまぎれて春香&優もディープなキスかましてたり…すっかりお姉ちゃんはピエロな役回りになっちゃってますねw

しかし得能先生の確かな絵で描かれる春香&優のキスシーン。これは一見の価値ありますね。

あと、しずく&コトネサイドはやはりどんなシチュエーションで誰が描かれても、どこか切ない雰囲気が漂ってしまうのだなぁと感じました。


・ねむけにご用心
きららフォワードで連載中(終わってしまったのでしたっけ…)「マリッジバトル」を描かれているミズタマ先生による作品ですね。マリッジバトルは単行本1巻買って読みましたが、ハイテンションでカオスな百合ストーリーがなかなかにたまらないものがありました。

さて、今回の話。春香&優がお泊まりでパジャマパーティでドラマ全話一気視聴しよう…的なノリの話なんですが、なのにこれは一体…?

sakuratrkanthlo20140129_00s

全く意味が分かりませんw

しかもお姉ちゃんの分も用意してあるとか三色とか…これってどう考えてもドリフのコントの雷様の衣装ですよね。いきなりこんなものが出てくると言う突飛さも大概のものですが、このネタ今の読者に通じるんですか!!w

(まあ僕はおっさんだから喜んで飛び付きますけど)

しかしこのカオスにぶっ飛んだ感じこそがミズタマ先生の持ち味なのでしょうね。

で、それだけに囚われることなくきちんとその後、春香と優はいちゃキスしてますし、優ちゃんは春香ちゃんのおっぱい揉んだりまでしちゃってますし、ラブラブ度も高くて満足いく読み応えでした。


・桜DREAM
ええ…いつものあfろ先生です。もうそうとしか言い様がありませんw


・キス禁止週間
きららMAXでアリノス☆ワンダーランド連載中の枕辺しょーま先生による作品ですね。追試に備えてキス禁止…にするのは分かるとして、それで禁断症状で優ちゃんの唇代わりをあれこれ作ってしまう春香ちゃんと言うのが面白かったです。

いやでも実際、春香ちゃんなら本当にやりかねないと言う気がします…w

しかし、春香ちゃんからの「キスしてたところ」と言う電話で慌てて涙目でかけつける優ちゃんと言うのが可愛かったですね。まあ、春香ちゃんのキスの相手は言うまでもなく、自らが作った優ちゃん唇(寒天)なんですけどね。

最後の「偽物と本物…どっちが良かった?」のオチもベッタベタだけど甘々で良かったです。


・風邪ひいちゃった
作者はきららミラクで「青春過剰Sisters」連載中のぼるぴっか先生。まあこの作家さんも相当に大概なので大概なことになると言う予想はしていました(注:もちろん褒めてます)

結果:春香ちゃんが川崎さんか桜花サマかと言うヘンタイさんになってました。

しかしなんと言うか…風邪引いた→のど飴→キスと言うここまでの流れはまだ分かりますが、一つしか無いのど飴を溶けるまで延々と二人で口移しでちゅっちゅちゅっちゅしあってるとか全くもってとんでもないですね…。

やはりぼるぴっか先生はとんでもないお方でした。


・ばいとTrick
きららミラクに何度かゲスト掲載しているさくらいす先生による作品ですね。バイト先であれこれ…と言う話なのですが、春香ちゃんの顔に間違って抹茶パウダーこぼしちゃう→優ちゃんのキス攻めと言う流れが良かったですね。

春香ちゃんを舐めまわす優ちゃんが可愛らしくもエロティックで大変にごちそうさまでした…ふぅ。


と、以上でしょうか。

ただ、ここに取り上げなかった作品も総じて全て面白かったです。そして元の作品が元の作品なだけにみんなきちんとキスをしてるんですよねw

これ、作家さんの組み合わせ次第では相当にカオスなことになると思うので、是非ともvol.2もやってもらいたいですね。あと、その時は今回出番のほとんど無かったゆず&楓にもスポットをお願いしますww


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...