アニメ「桜Trick」第6話感想。
2014年 02月 26日 (水) 21:29 | 編集
では桜Trickのアニメ6話感想、行ってみましょう。今回、ツイッター等でもかなり評判の良かった回なのですが…なるほど確かにこれは「神回」認定されても不思議では無い回でした…。


まずAパート「文化祭だよ☆お泊まりです♥」。原作では2巻21ページからの、文化祭前夜のお泊まり会の話ですね。

この話の見どころですがまずは春香ちゃんの妄想シーン。しずく&コトネが一緒に暮らしている話を聞いて「好きな人と一緒に住むってどんな感じなんだろう…」と妄想する春香ちゃん。

原作だと24ページのこのシーン。原作で読んだ時も非常に頭おかしいよこのコ!! 頭おかしいよこの作品!!ってなったものですが、アニメで見ると破壊力が更に増していました…。

やってることは基本原作通りなのに、やはり動きと声が付くと破壊力が激増するものですね。

sakuratrick21.jpg

それにしてもこの赤ちゃんはどこから出来るのよホントに…でも春香ちゃんのことだから、本気で優ちゃんとの間に赤ちゃん作れると思ってそうな気もして怖いです。

あと、このシーン見てて思ったのですがこの夫婦ならぬ婦婦(?)って基本春香ちゃんばかり働いてないですか? 仕事行くのも春香ちゃんだし家事をするのも春香ちゃん…優ちゃんはただ家でごろごろしてるだけなんじゃ…w


次の見どころとしてはしずくちゃん。初めての学校のお泊まりに照れながら、とまどいながらも色々頑張ろうとする彼女がとにかくひたむきで可愛かったですね。

で、彼女がどうして中学の頃とは違って今回の文化祭にこれだけ積極的に関わろうとしているのか。それは勿論コトネちゃんがいたおかげ。この辺りの二人のやり取り…いいですね。

原作通りに学校の屋上、星空の下でのやり取りだったのですが、この二人の関係ならではの親密さとか愛しさとか切なさとか、そんなのが非常によく出ていたと思います。

彼女らの関係性については恐らく、次週の話でも触れられるハズですね。


そしてもう一つの見どころが最後の春香&優のキスシーン。

眠っている優ちゃんに「起きないとキスしちゃうよ」から始まるこのキスシーンなんですが、最後二人が床を転げまわってキスしている演出は原作よりもかなり大胆に攻めている感じがしました。

sakuratrick22.jpg

やはりこういうのは絵がつくアニメならではの強みだと言う気がします。そしてこの作品の制作陣はやはり、この作品における「キスの重要性」をしっかり分かっているのだなぁと言うことを再認識。


Bパートの方は「文化祭だよ☆本番です!」。原作2巻33ページからの文化祭本番のお話ですね。

冒頭の朗読劇のシーン、原作ではほぼカットでしたけどアニメではしっかりとやっていましたね。それぞれの配役が皆合ってて可愛らしかったです。とりわけ小人役の楓ちゃんとコトネちゃんが可愛かった…。

あと、しずくちゃんは演技に力入れ過ぎてて本当に怖いですww


さて。この話って実は珍しい(?)ゆず×楓回でもあるんですよね。

春香・ゆず・楓の三人で文化祭を回ることになったことから、楓ちゃんがなぜクラス委員をやっているのか…と言う話に。

そこには彼女なりの想いがあるんですよね。実は昔からクラス委員を勤めていた楓ちゃん。その理由は過去にゆずちゃんが大量のノートを運ぼうとして転んでケガしたことがあって、それでもう彼女にそんな痛い想いをさせない様、全て自分が引き受ける様にした…と。

全て、ゆずちゃんの為…なんですよね。楓ちゃんがいかにゆずちゃんのことを大切に想っているのかがよく分かります。

しかしこの辺りのエピソード。原作で最初に読んだ時は親友としての想いなんだろうと思ったのですが、どうも原作最新話での思わせぶりなセリフだとか見てると、楓→ゆずの気持ちも単なる友情じゃないのでは…と言う気がしてなりません。

まあ、ゆずちゃんは全く気付いていないし彼女はどう考えてもノーマルなんですけどね。


そしてこの回の最大の見どころは何と言っても最後の春香&優のキスシーン。

ステージ発表の、バンド演奏を眺めながらのキス。原作と違って実際にバンド演奏の音・映像が入っていたのも臨場感があって良かったですし、その中でキスに夢中になっている二人の、他の物事が何ももう目に、耳に入っていないと言うのが凄く上手に表現されていました。

sakuratrick23.jpg

sakuratrick24.jpg

バンド演奏やステージの音や光の中でのキス、そして全てが終わった後の静寂の中でのキス。ずっとキスし続けていたと言うのが彼女らがどれだけキスに夢中になっていたかがよく分かります。

sakuratrick25.jpg

また、(良い意味で)このキスシーンはとてもエロかった様にも感じますね。とにかく、今までの中で最高のキスシーンだったと言うのは間違い無かったと思います。

上にも書きましたが、制作スタッフはこの作品における「キスの重要性」を本当にしっかり理解して創られているのだなぁ…と感じます。

この作品がアニメ化されるにあたって最大の危惧がそこでしたので、それを非常に丁寧にやってくれていると言う点だけでも僕はこのアニメ、絶賛せざるを得ません。

(前回も書きましたが僕は桜Trickのアニメ、完全に肯定派ですので)


さて。次回は文化祭打ち上げのあの話の様ですね。ここまでは基本原作通りの話順で進んできたのですが、次回は話の入れ替わりもありそうですね。あとゆず×楓のあの話は飛ばされてしまうのかしら…。


Comment
この記事へのコメント
アニメ6話までの私なりの感想。
美月会長の妄想と、ゆずちゃんのツッコミがイキイキと?描かれていい味出してると思いました。
ブルーレイは3月に発売されますが、コメンタリー付きはうれしいところ。個人的には映像へのツッコミ多めにしてほしいかな。
2014/ 02/ 27 (木) 20: 11: 01 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
おっしゃる通り、美月会長の妄想は原作よりも強調されている感じがありますねw

ブルーレイ、勿論買いますがコメンタリー等どんな感じになるのか楽しみですね。
2014/ 02/ 28 (金) 22: 47: 17 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...