「NEW GAME!」1巻。
2014年 03月 08日 (土) 07:51 | 編集
では、先月発売のKRコミックスより、キャラット連載中・得能正太郎先生の「NEW GAME!」1巻の感想行ってみましょう。


20140304newgame01s


この「NEW GAME!」、主人公は表紙に大きく載ってる涼風青葉ちゃん。彼女が高校を卒業してとあるゲーム制作会社へ就職したところから物語は始まります。

と言うことでつまりこの作品、きららの中でも学生を主人公とした作品ではなく、社会人を主人公とした会社舞台の作品と言うことになりますね。

…だけど青葉ちゃん、社会人とは言っても高卒なのでまだ未成年ですし、なにより見た目が幼いのでパッと見た感じあまり社会人主人公の作品と言う印象は受けませんw


裏表紙はこんな感じ。

20140304newgame02s

青葉ちゃんの髪をいじって遊んでる(?)のが彼女の上司でもある八神コウさん。実は青葉ちゃんがゲームのキャラデザイナーを目指そうと思ったのは、八神さんが昔手がけたゲームがキッカケ…だったりします。

(だけど面識は無いので入社してから本人と知ってビックリと言うパターン)


さて。この作品、当ブログ内のキャラット感想でも最近相当にプッシュしまくっているんですが、でも正直言いますと連載始まった当初はあまりピンと来ませんでした(すみません)

実際、この作品ハマり出してからまだそんなに間が無かったりするんですよね。


キッカケとなったのはこの1巻で言うと75ページから。「気をつけないとダメだよ?」とタイトルを振られている回からですね。

この回は八神さんとその同期・遠山りんさんとの話で、女の子二人だけの会話劇と言うこともあってかそれまでに無くほんのりと百合要素を感じさせる回だったと言うのもありますが、とにかくオチが強烈で…。


ええ、あの「ぱんつ百合」のオチですね。

参考:その時のきららキャラット感想→


この回で一気に引き込まれて好きになってしまった…と言うのが本当のところだったりします。

きらら系の作品って、最初あまり惹かれなかった作品でも、ふとしたキッカケで物凄く気に入ってしまうことがあったりするので、早々に判断を下すことが出来ないんですよね。

(だから僕は例え自分に合わないと思った作品でも読み飛ばしは絶対しないことにしてます)


この回以降、キャラ同士の絡みにもほんのわずかに百合っぽい匂いがしたり(あくまでわずかです)可愛らしさにどんどん磨きがかかった感があって、急激に好きな作品になっていって…今ではキャラットの中でも最も好きな作品の一つですね。


しかしよくよく考えてみればこの作品。好きにならないワケが無かったんですよね。

もともと自分自身が会社勤めしているのがあって学生主人公の作品よりも社会人主人公の作品の方が感情移入しやすいと言うのはありましたし、何よりこの作品の場合は登場人物が全員可愛い女の子ばかり。

この可愛らしさと言うのはかなりのもので、まず絵的な意味で言えば作者の得能先生。女の子の絵が非常に上手いと感じさせられます。

改めて1巻の最初から読み返してみると最初の時点から既に絵的に完成度高いのですが、途中から更にどんどん画力が上がって可愛さレベルがとんでもないことになっている感があります。

それと内面的なキャラクターとしての可愛らしさ。

主な登場人物は6人で、それぞれに個性的な女の子達なのですが、その個性が生き生きと描かれています。それぞれの個性が際立っているからこそ、お互いが絡み合った時に説得力のある面白さが生まれるんですよね。


そしてこの作品、社会人視点な作品だけあって単に可愛らしいだけじゃなく、読んでて色々共感したり考えさせられたり…そんなこともしばしば。

青葉ちゃんの頑張っている姿を見ると自分自身の新入社会人時代(もうかなり昔ですが)を思い出して新鮮な気持ちになったり、また八神さんを見ていると人の上に立つ者として自分自身ももっと頑張らなきゃなぁ…なんて、そんなことを考えちゃったりもします。


とは言っても勿論、そんな難しく考えたり構えて読む様な作品ではありません。基本的には可愛い女の子達のやり取りに癒されて、クスリと笑ってほっこりして…そんな風に読める作品だと思います。

ゲーム会社と言うちょっと特殊な業界を舞台にしていますが専門用語だとかもほとんど出てきません。その点でもとっつきやすく、どんな層にでも受け入れられやすい、読みやすい作品だと言えると思います。


さて。今回のこの「NEW GAME!」1巻も特典あちこちで集めてきましたw


まずはゲーマーズのブロマイド。

20140304newgame03s

真ん中に青葉ちゃん、右に八神さんと左に遠山さんと言う構図ですね。

八神さんも遠山さんもまだ若いのですが、この会社内では結構上の人っぽいので、そのせいか青葉ちゃんの表情もちょっと緊張している様な…?w


続いてアニメイトのイラストカード。

20140304newgame04s

寝起きなのか眠たそうな八神さんと、着ぐるみパジャマな青葉ちゃんの組み合せ。コミックス101ページからの、タイトル「忙しくなってきた?」の回を元にしたイラストかと思われます。

しかしこのイラストカード、絵的には非常に満足なのですが、紙質が…。

アニメイトのイラストカードってたまにぺらぺらな紙を使ってることがあるんですよね。どうせポストカードサイズにするのなら、ハガキ用紙で作ってくれれば良いのに…と思うのですが、どうなんでしょうか>アニメイトさん。


次にWonderGOOのポストカード。

20140304newgame05s

一番左に青葉ちゃん、真ん中が飯島ゆんちゃん、右が篠田はじめちゃん。ゆんちゃんとはじめちゃんは同期同士だったりもします。そして青葉ちゃんは彼女らにとって初の後輩…と言うことになるみたいですね。

この二人も同期同士なだけあってなかなかに良いコンビです。


今度はCOMIC ZINのポストカード。

20140304newgame08s

青葉ちゃんと、左にいるのは滝本ひふみちゃん。

ちなみにこのひふみちゃん、今のところこの作品の中で一番のお気に入りです。人見知りなのか無口で、初期の頃は青葉ちゃんともメッセでしかやり取りしていなかったけど、段々と普通に喋る回数が増えてきて…。

この作品は青葉ちゃんの成長物語と言う側面があるとは思いますが、ひふみちゃんも同様に徐々に変わって成長しているのかな…と言う印象を受けますね。

そして無口キャラなだけに、たまに魅せる笑顔が物凄く可愛いんです彼女は!!

しかしそれにしてもこのポーズ…二人ともあざとい…あざとすぎる!! だがそれがいい!!


こちらはメロンブックスのイラストカード。

20140304newgame06s

他店のイラストカード・ポストカードでは2人か3人ずつの組み合わせだったのが、こちらは全員集合で来ました!! 1人ずつでも可愛い女の子が6人も揃っちゃうともう可愛さが半端じゃないことになって本当にヤバいです…。

しかし、それにしてもダルそうなひふみちゃんの表情…w

ところでメロンブックスのイラストカードって他店のと違ってサイズが大判なんですよね。KRコミックスと同じ大きさのサイズ。個人的にはポストカードサイズの方がアルバムに仕舞ったりも出来て便利で好きなんですけどね…。


最後に、とらのあなの小冊子。

20140304newgame07s

表紙は青葉ちゃん一人ですが、中身は全員集合のイラストとなっています。このイラストがまた美麗でとっても可愛らしいので気になる方は是非、実際に買って確かめてみましょう!!(ステマ)


と、特典は以上で。

そんな「NEW GAME!」1巻、巻頭や巻末には描き下ろしもたっぷりで、また、青葉ちゃん達の勤める会社の組織図っぽいのもあったりして、読むとますます作品に対する理解と愛着が増しますね。

また、ひふみちゃんのペット「宗次郎くん」の元ネタが何かも分かったり…w


個人的に今、キャラットで一番好きな作品の一つだと上にも書きましたが、実際キャラット誌面上でも二本立てで載った月があったりとかなり推されているのを感じます。

もしかすると今、キャラットで最も勢いのある作品なのではないでしょうか。今後も非常に楽しみな作品だと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...