2014年2月・岡山と広島の旅(7)
2014年 03月 30日 (日) 11:29 | 編集
- 三日目・旅の終わりに呉を巡る -

今回の岡山・広島旅行もいよいよ最終日。20日(木)。天気は快晴の模様。

まずはホテルで軽く朝食を済ませて、そして出発。この日は午前中、呉の方へ行ってみることにします。


時間は8時ちょい過ぎ。広島駅から呉方面へ向かう普通列車に乗車。

201402okahiro_81s

車両は105系。ブラックフェイスのマスクが特徴的ですね。このテの顔をした車両と言うと、東海圏に住んでる人間としては数年前まで飯田線を走っていた119系を思い出します。

他にも東日本の107系もこのタイプの顔立ちですね。


しかしこの編成、逆側は別の顔をしていました。

201402okahiro_82s

103系1000番台みたいな顔をしています。と言うか実際、103系1000番台から広島の105系へ転属編入した車両がある様なのでもしかするとそれかも…?


ちなみに車内はオールロングシート。車内が結構混雑していたので写真は撮れず…。
(なにしろ広島で乗った時には座れませんでした…途中で少し空いて席にはありつけましたが)

しかし相当にガタが来ているのは感じます。車内設備は勿論のこと他の色々な部分に…なにしろ床下からよく分からないウンウンと唸っている音が聴こえて来たりとかしますし…。


呉線、海沿いを走っていくので景色はなかなかに良いです。が、やはり車内がそこそこに混雑しているせいで写真はなかなか撮れず…。

それとこの呉線の普通列車、やたらと長時間停車が多いですね。途中駅で対向列車待ちの3分・4分停車がかなり頻繁にあって…広島を出て1時間ほどでようやく終点の呉に到着。

201402okahiro_83s

呉の駅は大都市近郊のちょっと大きな街の駅…と言った風情でしょうか。


さて。呉の駅を降りて目指すのは海上自衛隊呉資料館「てつのくじら館」。駅内部からつながる通路をずっと歩いて駅ビルを抜けて駅の反対側へ…駅から10分ほど歩いたでしょうか。


するとそこには、どかーんとデカい、潜水艦が建っています!!

201402okahiro_84s

この巨大な潜水艦。これこそが今回の目的地「てつのくじら館」なのです。


早速中へと入ってみましょう。ちなみに入館料はなんと無料!!

201402okahiro_86s

201402okahiro_85s

内部には潜水艦の業務に関することや内部の構造・機能についてなど色々な展示がなされています。機雷の撤去だとか様々な任務で使われている様ですね。


興味深いのは潜水艦内部での船員達の暮らしぶり。

201402okahiro_87s

右奥に見えるのがトイレ。手前は食事する際のテーブルと椅子なのですが、椅子を開けると中にジャガイモなどの食料が保管できる様になっているんですね。

限られたスペースしか無い潜水艦内の居住空間をいかに効率良く使うか…その知恵と苦労の跡とが見られますね。


こちらはベッド。

201402okahiro_88s

このベッド、実際に試しに寝転んでみることが出来るのですが…これが狭い狭い!! 三段のベッドなのだけれど上下空間がとにかく狭く、ベッドに寝転がるのにも一苦労です。

ああ…潜水艦の船員さん達は生活の中でもこんな苦労をしながら任務にあたっておられるのですね…。


さて、この「てつのくじら館」。内部へ入るとまずは上記の様な様々な展示のなされた資料館があって、そしてそれらを観終わるとそのまま実際の潜水艦の内部へ入れる様になっています。

ええ、あのデカい潜水艦ですね。


これが潜水艦の内部。

201402okahiro_89s

物々しい機器類がびっしりと並んでいます。これだけでなく勿論、上記の様な居住空間もありますし、他には艦長用の部屋などもありました。

(ちなみに潜水艦内で個室を持てるのは艦長さんだけらしい)


201402okahiro_90s

こちらは潜望鏡。ちなみにこの潜望鏡、実際に外の景色が見える様になっていて、覗いてみると呉の海が見渡せるようになっています。


と、実に見どころたっぷりの「てつのくじら館」。ところどころで館の係員の方が説明だとかもして下さったりで非常に分かりやすく、潜水艦と言う普段我々の生活では全く触れることの無いものが少しでも身近に感じられる様な…そんな資料館でした。


さて。出口付近にはお土産コーナーがあったのですが、そこで見つけたものが…。

201402okahiro_91s

まさかの萌えキャラ!!

てつくじきゅんとあきしおたんwww


あ、せっかくなのでグッズ買いましたが。

201402okahiro_92s

てつくじきゅんとあきしおたんの缶バッジ、それとてつのくじら館オリジナルのノートですね。


さて、「てつのくじら館」を後にして広島へと戻ります。やって来たのは113系。

201402okahiro_93s

201402okahiro_94s

車内がなんとオール転換クロスシートになっているんですよね。JR西日本は古い車両が未だ数多く使われてはいますが、でもこうやって車内がリニューアルされているものも多く、やたらと快適だったりもしますw


広島へ戻って来て時間はちょうどお昼時。最後に、新幹線乗って広島を立つ前にここでお昼ご飯を食べていくことにします。


入ったのは名店街にある「ばくだん屋」と言うお店。広島風つけ麺のお店ですね。

201402okahiro_95s

頼んだのは勿論その、広島風つけ麺。トッピングでネギ大盛りと味付け卵も付けちゃいました。

つけ麺って今結構流行っていますが、広島風のつけ麺は他のつけ麺とはかなり趣が異なります。まず特徴的なのはそのつけだれ。真っ赤な色を見れば分かる通りかなり辛いですw

唐辛子だとかがたっぷりと入っててヒリヒリと辛い。ただ、辛いのだけれどベースが和風だしなのでサッパリとしているんですよね。

つけ麺にしろ普通のラーメンにしろ最近はやたらこってり系が幅を利かせていて、なおかつ僕はそういうのが苦手なのでこれは嬉しい限り。

しこしことコシのある麺を真っ赤な辛いたれにくぐらせると…これがとても美味い!! 舌の上にヒリヒリ、じんわりピリピリと辛さが残るのだけれど、でもその辛さが逆に後を引いてするするっと食べれてしまいます。ネギやキャベツなど野菜がたっぷりなのもいいですね。


旅の最後に美味しい名物にも出会え、こうして大満足のうちに今回の岡山・広島旅行は終わるのでした。


********************************************************************


今回の旅日記の冒頭にも書きましたが、この岡山・広島訪問によって訪れていない都道府県があと残り三県となりました。

あとは山口・宮崎・大分…その三県にもいずれ近いうちに行きたいと思っています。しかし何にせよやっぱり、旅って良いものですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...