「極聖 にごり原酒」。
2014年 04月 14日 (月) 07:25 | 編集
昨日は久々にMMDなんぞ弄ったりしてました。

と言っても踊らせたり動かしたりなんて出来るワケがないので…ちまちまポーズ付けて遊んでただけですけどね。ポーズとらせてYMOの某アルバムのジャケットパロディとか、そんなことして一人で遊んでましたw


で、音の方も実はちまちま作ってたりします。近いうちに…と言っても来月とかになっちゃうかもですが、YMOのカヴァー曲とか何かやりたいですね。

もっとも今更YMOのミクさんカヴァーって需要あるのかしら。


と、そんなところで昨夜飲んだお酒の感想でも。

昨夜はちょっと変わった日本酒を。と言うか、2月に岡山旅行に行った時に買ったものですね。あの時に土産で買ったお酒をまだ1本だけ残していたのですよ…。


宮下酒造さんの「極聖 にごり原酒」

sake20140413_01s

sake20140413_02s

sake20140413_03s

いわゆる「にごり酒」しかも「原酒」です。

「本醸造」とありますので純米ではなく、アルコール添加したお酒。基本的に日本酒は純米に限る派なのですが、にごり酒に関してはその限りで無かったりもします。

さて、栓を開けて盃に注ぐと…真っ白でどろっとしています。非常に粘性が高いの分かりますね。そして液体の中に米の粒子の様なものが浮いているのがよくわかります。

香りはほんのりとフルーティ。吟醸香…と言う程ではないにせよ、良い香りがします。


口に含むと…トロリとして。非常に旨みが強い。甘みが濃厚で酸味はほとんど無く、口当たりが柔らかでとてもまろやか。

原酒と言うだけあってアルコール度数は17~18度とやや高めなのですが、それよりも甘やかさの方が勝ってするするっと飲めてしまいます。とても飲みやすいんですよね。


にごり酒と言うと野卑なイメージがあったりもしますけど、全然そんなことはありません。全く何のクセも嫌味も無く、濃厚ではあるのだけれどもったり重い感じではなく、むしろ軽やかですらあります。

含み香にはパイナップルの様な果実味もほんのりと感じられて、どこか上品さもあります。

普通の日本酒と比べて「辛さ」が無く、甘みたっぷりの飲み口はある種カクテルなんかに通じるものがあるのかもしれません。


久々のにごり酒でしたけど、これは美味しい日本酒でした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...