「桜Trick オリジナルサウンドトラック」。
2014年 04月 25日 (金) 21:29 | 編集

アニメ「桜Trick」の主題歌だとかキャラソンだとかハマりまくって毎日の様に聴いてるとこのブログ内でも書きましたけど、ハマって聴いているのはいわゆる「歌」だけじゃあない。

実はサントラの方も物凄くハマってどっぷりと聴いております。と言うワケで今回は桜Trickのサントラの感想っぽいの行ってみましょう。


sakuratricksound_s


1. メインテーマ
2. 桜色のひととき
3. ハートがドキドキ
4. 仲良し
5. 心ここにあらず?
6. おとぼけのワルツ
7. うるさくしちゃうよ?
8. リラックスタイム
9. カシマシカシマシ
10. 夜に想う
11. ロマンティック
12. 緊張
13. 特別なこと
14. 今日もなにかが起こりそう
15. 桜色の日常
16. おっとりのんびりのほほんと
17. あゝ悲劇のヒロイン
18. ベーゼ
19. けんあく
20. 天からの光
21. バカンスの女王
22. 心のざわめき
23. すっぱい大作戦
24. Suspicious
25. ホラーな気分
26. Get Set Ready Go
27. 絶体絶命!?
28. やさしくキスして
29. Carnival of Light
30. Snow White
31. たそがれ時
32. After Hours
33. さーびすしーん
34. また明日
35. お昼休み(ハナビラヒラリ)※第6話挿入歌
36. 桜色モーメント(モコ) ※第9話挿入歌


収録曲は実に36曲。時間にしても60分オーバーとかなりボリュームのある1枚となっております。

音楽を手掛けたのは中西亮輔さん。どんな方か知らなかったのでちょっと調べてみたのですがJ-POPやアイドルなど中心に作曲・編曲を幅広く手掛けてる方みたいですね。

そしてアニメのサントラも多数作られている模様。自分が観たことあるのでは「はたらく魔王さま!」のサントラはこの方が手掛けられたみたいですね。

さて、この桜Trickのサントラなんですけど、一言でいえばとても心地が良いです。なんと言うか耳に無理無くすっとなじむ感じって言うんでしょうか。

良い意味で「邪魔にならない」音楽。なので、いつ、どんなシーンで流していても合いますね。自分の中ではもう、とりあえず何聴こうか迷ったらこの一枚をデッキに入れておけば間違いないだろう的な、そんな一枚になりつつありますw


入っている曲のジャンルも実に様々。ピアノ中心のゆったり綺麗な曲もあれば、ちょっとジャズ風味なのもあったり、コミカルなテイストもあり、ロック調でノリの良いのもあって…。

勿論、桜Trickと言えばの「キスシーン」の曲も入っています。だけどこれが、アニメで観ていた時は画面のシーンと相まってなんとも色っぽく聴こえていたのが音楽だけで改めて聴くと別に全然えっちでもなんでもないですねw

(まあ当然と言えば当然かもですが)


あと、曲によっては劇中では流れない部分もあったりするんですよね。実際、1つの曲が大体2分程度の長さで作られていて、だけどアニメの劇中では当然シーンに合わせて流すので流れるのは曲の一部だけと言う場合もあって…。

そう言った曲の、アニメ劇中で流れない部分が実は凄く良かったりします。ああこの曲ってこんな風に展開するんだ…と意外な驚きがあったりしますね。


それと何気に注目なのがサントラのラスト2曲。この2曲だけは歌モノなんですが、いわゆるキャラソンとかではなく、作中のワンシーンで歌が使われたもの。

35曲目「お昼休み」は6話の文化祭のシーンで、36曲目「桜色モーメント」は9話で春香ちゃんが観ていたテレビから流れていた曲ですね。

どちらも良い曲ですが、とりわけ「桜色モーメント」の方は原作でもきちんと春香ちゃんが口ずさんでいたりする曲なので、あの歌詞にこういうメロディーが付くんだ…と、これは原作派にとっても興味深い曲だったのではないでしょうか。

そして原作に歌詞が出ているだけに、作詞者にタチ先生の名前がクレジットされていると言う…w


どの曲も良いのですが、個人的に一番好きなのは26曲目「Get Set Ready Go」でしょうか。ギターの効いたロックなかっこいい曲ですね。

だけどこの曲なんかも劇中で聴いた時は曲自体はさほど心に留まらなかったのが、こうしてアルバムで通して聴くと改めて曲としての良さが分かったと言うか。

この「劇中で聴いた時は心に留まらない」と言うのがまたポイントなんでしょうね。アニメのサントラである以上、あくまで主役はアニメそのもの。音楽は引き立て役に徹しなくてはならないワケで、それが目立って表に出てしまってはいけませんから。

桜Trickの音楽に関してはこの辺りのさじ加減も非常に良く出来てるなぁ…と、そう思います。


ところで、こういうアニメのサントラ。ハマったアニメであればサントラ買うこと自体はそんなに珍しいことでも無いのですが、でも結局買ったもののほとんど聴かず終いになってしまうパターンがほとんどなんですよね。

なので、逆にこれだけしっかりと何度も聴きこんでいるサントラは本当に自分の中では例外だったりします。これは勿論、桜Trickと言う作品自体が大好き過ぎるからと言うのもありますが、何よりもやはり音楽自体の出来が本当に良いからなんだと思います。


とにかく、桜YEARはまだまだ終わりません!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...