「放課後リトリップ」。
2014年 05月 20日 (火) 23:53 | 編集
では、ms先生の「放課後リトリップ」の感想っぽいの、行ってみましょう!!


20140520ltrip01s


この「放課後リトリップ」、まんがタイムきららに連載されていた作品ではありますが、でもこの本はいわゆる普通の単行本-KRコミックスではありません。

と言うのもこの作品、連載からわずか5回で打ち切りの憂き目にあってしまったのですよね…。


それを作家さんが自らまとめて、一冊の本にして先日の漫画即売会(名前忘れました…僕自身は委託で手に入れたので)で配布されたと言うものです。つまり、いわゆる薄い本・同人誌と言うやつですね。

でも凄いのがこの本、ただの同人誌じゃあありません。

きちんと「コミックス」であることにこだわった作りをしているんです。と言うのも上の写真を見ていただければ分かると思いますが、通常の単行本と同様にカバーがちゃんと付いているんですよね。

大きさもKRコミックスと同サイズ(厚さは半分くらいですが)。


裏表紙はこんな感じ。

20140520ltrip02s

非常にシンプルではあるのだけれど、とても雰囲気良く仕上がっていると思います。カバー表との対比が良い感じですよね。

そしてカバーをめくるとカバー下にはおまけの描き下ろしが…と言うところまできちんと単行本ライクな仕上がりになっているのが凄い。

この描き下ろしは登場人物のプロフィールみたいになってて、色々なデータが分かってしまうと言うものなのでファンならば必見モノですね!!


さて。

この作品、タイトルが「放課後リトリップ」なんですが、こうして単行本化されて英語表記もしっかりと分かりました。

「Afterschool Little Re-Trip」なんですね。てっきり「Re-Trip」だけかと思ってたのですが「Little」も入っている。てことは放課後の小さな小さな小旅行へ再び…って感じなんでしょうか。


お話としては、ジャケット表紙の二人の少女・ハナちゃんとみなみちゃんの仲良し放課後ライフと言った感じですね。ただし、ハナちゃんが実はJKではなく、目下転職活動中の26歳と言うのが普通の作品とは大きく異なるポイントですがw

そんなハナちゃんに対して人懐っこいみなみちゃんは何の疑いも無しに近づいてきて、あっと言う間に二人は仲良しになって…。

勿論、ハナちゃんには「いつかホントのことを打ち明けなきゃ」と言う思いが常に心の底にあったりするのですが、でも決して話は重苦しいものにはなりません。


あくまでも二人の可愛らしい女の子の、暖かくて優しくて可愛らしい放課後だけが過ぎていく…そんな感じで描かれているんですよね。

とは言え最後の話ではとうとう、ハナちゃんは自分の本当のことを打ち明けます。ボロボロに涙を流して…そんなハナちゃんをみなみちゃんは優しく受け止めて…。

実は歳の差が10もある不思議な二人の関係なんだけれど、でもいつの間にか二人の間には本当の友情がしっかり芽生えていたんですよね。

話としては本当に短い、5話の間の出来ごとでしたけど、最後の二人のやり取りには読んでて思わずじーん…うるっと来るものがありました。


さて、本編ではラスト。新しい職を見つけたハナちゃんがスーツ姿で初出社…と言うところでみなみちゃんと出会って「行ってきまーすっ」と元気に挨拶していくシーンで終わっています。これが何とも爽やかな余韻を与えてくれていますね。

そして今回、このまとめ本ではなんとその後のアフターストーリーが1話描かれていたりします。

本編最終回でちらっと出ていたみなみちゃんの新しい放課後仲間の少女2人も登場していますね。そこにハナちゃんが(なぜか制服で)加わって…と言う以前と同じ様な放課後の風景。

だけどそこにハナちゃんの妹・夏美ちゃんが表れて何やら話がややこしく…と言うところで終わっています。この雰囲気だと、ハナちゃん達はこれからもこんな感じで放課後ライフを満喫していくんじゃないかなと言う感じがしますね。

勿論、ハナちゃんは制服を着て、なんちゃってJKとして…w


初めにタイトルの話を少ししましたけど、読んでる間中、彼女たちの気持ちになって本当に小さなリトリップしているかの様な感覚が味わえる作品でした。

作者のms先生もあとがきで仰ってますね。

「放課後の、学校から帰宅する間のわずかで長いトクベツなひととき」

そんなひとときにリトリップして欲しいと言うms先生の想いは、読者に見事に届いたのではないでしょうか。


思えば本当にこの作品、大好きでした。これが始まった頃のきららでは、もうダントツで大好きな作品でした。だから短命で終わってしまったのは本当に残念だったし悔しかったけれど…。

でもこうしてms先生自らが1冊の本としてこうしてまとめて下さった。もうそれは本当に素晴らしいことだと思います。こうやってきちんと1冊の本として読むことが出来ることに、ファンとしては心の底からの喜びを感じずにはいられません。


ああ…放課後リトリップよ、永遠に…!!


Comment
この記事へのコメント
めぐり愛。
最近、以前連載されていた少女公団アパートメントを読み返してみたのですが絵もストーリーもホントにやわらかいんですよね。リトリップ同人誌、私も探してみようかな…。
2014/ 05/ 21 (水) 19: 07: 26 | URL | YOU_NA_RING # -[ 編集 ]
>YOU_NA_RINGさん
少女公団アパートメント、あれは個人的にはきらら誌に残る名作だったと思います。仰る通り本当に柔らかいんですよね…。

リトリップ同人誌、COMIC ZIN(通販含む)にあると思いますのでぜひ…!!
2014/ 05/ 22 (木) 20: 51: 05 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...