「まんがタイムきららMAX'14年7月号」感想。
2014年 05月 24日 (土) 12:08 | 編集
では、19日発売のきららMAX感想、行ってみましょう。


kirara_max_201407s


・表紙
今月の表紙も「ご注文はうさぎですか?」。そして今回はなんとチノちゃんのソロ表紙ですね。今まで何度も表紙を飾ってきたこの作品ですが、誰か1人だけのソロ表紙と言うのは初めてではないでしょうか?

そしてこの爽やかでいて幻想的な雰囲気が大変に素晴らしいです。雨上がりの晴れ間に光がさして少女を照らし…そんな情景がまざまざと浮かんできますね。

またチノちゃんの髪型が普段とちょっと違う感じなのが良いですね。まっすぐ下ろしてるんじゃ無しに後ろで縛っていて…ティッピーの髪飾りも良いアクセントになっています。

それにしてもこうして見るとやはりKoi先生の絵って本当に素晴らしいですよね。これは今月末発売の画集も期待高まると言うものです。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ご注文はアニメ情報ですか?
と言うワケで冒頭はこのコーナー…なんですが、ここで今まで観てきて自分なりにこのアニメに対する感想などを。

正直言うと、ちょっと微妙かな…と言う気がしています。

作画的な面で言うと背景描写は非常によく出来ていると思います。Koi先生ならではの、この作品ならではの美麗な世界観が上手に再現出来ているかな、と。

ただ、小物類はもうちょっと頑張ってほしいですね。カップだとかソーサーだとかのああいった小物類。それもこの作品にとっては非常に大事な要素だと僕は思いますので。

あとはキャラクターの作画が結構な頻度で崩れるのが気になります。アップだと問題無くても遠景になると途端におかしくなると言うケースが非常に多い気が…。

そして何より気になったのが原作とのキャラの相違でしょうか。他の子はそうでもないのですが、シャロちゃんだけは物凄く違和感を感じました。

とりわけ第3羽を観た時に感じたんですが、シャロちゃんはリゼちゃんに対して恋心にも近い憧れを抱いているのは確かなのですが、でもあくまでそれは慎ましやかで奥ゆかしいものであり、あんな風に前面に押し出してハァハァ言ってるのでは無いんですよね…。

この辺り、厳しい言い方をさせて頂くと制作スタッフは原作に対する読み込みが全然足りないのではないのかなぁ…と感じてしまいました。

まあこの辺りは人それぞれ感じ方は異なるかもしれませんが…。

あと、これはどうでも良いことなのですが千夜ちゃんはもっと胸大きく描くべきだと思いますw


・ご注文はうさぎですか?
と言うワケでココアちゃんのお姉ちゃんが遂に登場…な回でした。が、このお姉ちゃんがさすがにココアちゃんのお姉ちゃんなだけあってかなりの強キャラ!!

kirara_max_201407gcus_s

そもそもラビットハウスにやって来る時のこの格好とかどうなの…変装ってレベルじゃないよ!!w

その後のリゼちゃんの反応「スパイか運び屋か?」から、実際ココア姉の荷物から白い粉(小麦粉)発見で「やっぱり運び屋だったじゃないか」の流れとか、もう初っ端から大爆笑でした。

いやこのお姉ちゃんのキャラ特性のせいかもしれませんが、今回のごちうさはいつも以上に笑いのポイントが多く終始爆笑モノだった気がします。

あと、ココア姉(モカさん)がリゼちゃんをぎゅってしているシーンは悶えました。可愛いって言われ慣れてくて真っ赤に照れちゃってるリゼちゃんが物凄くキュートでしたね。

そしてココアちゃんにもふもふされると嫌がるチノちゃんがモカさん相手だと嫌がってないんですよね…この光景をココアちゃんが見たら嫉妬しちゃうんじゃとか思ったのですが、むしろ逆にお姉ちゃん取られて寂しくなっちゃったぽいですね。

普段チノちゃんに対してお姉ちゃん振ろうとしてるココアちゃんですが、彼女は本質的には妹キャラってことなんでしょうね。


・きんいろモザイク
学園祭でシノ達のクラスが劇を…な話でした。

この作品と言えばその見た目の可愛らしさとは裏腹に頭おかしさ(注:褒めてます)が最大の特徴だと思うのですが、今回はもう最高に頭おかしかったとしか言い様がありません。

主役を演じるハズだった子が風邪で出られなくなって急遽アヤヤが代役の流れまでは普通なのですが、そのあとの17ページ最終コマとかもうイミが分かりませんw

そして劇が無事に始まったものの途中からのカレンちゃんの暴走。なぜそこでくのいち…ww

でも個人的に一番頭おかしかったのは烏丸先生だと思います。

kirara_max_201407knms_s

トーテムポールの妖精ってなんだよトーテムポールの妖精って…。

いやこの展開で劇に収集付くんでしょうか? まあ実際なんとかなってるっぽいですけど。でも中世ヨーロッパでお姫さまが主人公な劇でくのいち出てきてトーテムポールの妖精…一体どんなカオスな劇になるのか全く想像もつきません。

あと、お姫様役で髪を一本で縛ってるアヤヤは可愛かったですね。個人的には普段のツインテよりも好みかも。


・いちごの入ったソーダ水
咲太郎君の「何がうめーんだろうなっ」に大爆笑&激しく納得してしまいましたwwうん、そりゃ百合男子ならそうなりますわ。


・しょーがくせいのあたまのなか
先月の1話目に比べればかなり抑えめだった様に思います。と言ってもふたばちゃんの毒舌キャラとか非常にスパイス効いててむしろ今のMAXでは刺激が強過ぎるくらいにも感じますがw

いやホント、きんモザごちうさ目当てで読み始めた読者が一体どう思うのか…それを考えるとなんだかもうワクワクゾクゾクしちゃいますね。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
学習合宿当日のお話ですね。しかしホント護ちゃんは一体何しに来たんでしょうね…まあ予想通りと言えばそうなんですがw

で、合宿の昼間の様子は1ページで終わらせてメインは夜。やはり合宿と言えば夜が本番ですから。

しかし百合女子なほたるちゃんがノーマルカップルのみすずちゃんにコイバナ振ったのは最初意外な気もしたのですが…ああ、その話を聞いて悔しがる亜梨香ちゃんの表情を見てみたかっただけなのですねw

うん、ほたるちゃんはとんでもないドSですな。

しかしほたるちゃんは本気で百合女子だと言うのが分かって一安心です。どうやら彼女の亜梨香ちゃんへの想いはガチな様ですね。

あと「彼氏のどこが好き?」て質問されたいって言ってる亜梨香ちゃんに対して「僕のどこが好き!?」とナチュラルに切り返す護ちゃんがだんだんその気があるんじゃないかと言う気がしてきました。

いや護ちゃんのことだから多分自分でもその気持ちに気付いていないだろうけど、でもきっと本心では亜梨香ちゃんのことが好きなハズ。そしていつしかほたるちゃんと亜梨香ちゃんを奪い合って(百合脳)


・落花流水
小学生百合…いい、凄くいいです。さすがは真田先生。

いやしかし霧香ちゃんはてっきり水夏さんに百合的なイミで憧れていると思っていたのですが、彼女なりに水夏さんとは結ばれないと言うことをきちんと理解してるんですね。

そして彼女が本当に一緒にいたいのは同級生の美雲ちゃん。その一緒にいたいと言う気持ちは大切な親友だからと言うのも勿論なんだけれど、でもきっとそこには幼い彼女自身がまだ気付いていない別の気持ちも含まれているハズなんです。

今月の落花流水は先月に引き続き、真田先生の百合マイスターとしての力を見せつけられた気がしました。さすがの貫録としか言い様がありません。


・アイドル声優☆上村とまり17歳
「ナンバーワン巨乳新人声優」更に「現役JK」ってもういかがわしい響きしか感じないですね。うん、明らかにもう声以外で売ろうとしているじゃないですか。


・水瀬まりんの航海日誌
世界最速の船「島風」そして前回最後の方でちょっと登場した時の雰囲気から、どんないけすかない奴が降りてくるのかと思いきや…なんだかマヌケな艦長さんで安心しましたww

とは言えまだ謎が多いですし何やら裏がありそうな気もしますが、でもこの作品、ストーリー性は追及してもあまりシリアスになり過ぎるのはちょっと違う気がしますし、これくらいのバランスがちょうど良い様に思います。・


・スクール・アーキテクト
いやホント「なぜこんなことになったのやら…」ですよ全くもう。誰か説明してくださいw


・こみっくがーるず
連続ゲスト作品。今回は皆で翼さんのアシスタントに…な話だったのですが、翼さんのキャラがww

しかし集中すると自分の漫画になりきっちゃうと言っておきながら、最終的にマントと眼帯が邪魔だと投げ捨ててるのに爆笑でしたw結局なりきっているのかなりきっていないのかどっちなんですかw

この作品、絵は物凄く可愛いのにギャグとかノリが相当に変(注:褒めてます)なのが良いですね。そしてなんと来月から連載開始決定だそうで。これは非常に嬉しいです。期待してます!!


・アリノス☆ワンダーランド
今月の読んでて思ったのですが何気にこの作品ってかなりガチな百合作品ですよね。

いや、みかちゃんがルリちゃんにぞっこんなのは分かってましたけど、でも今回の話読んでたらルリちゃんもみかちゃんにべったべたじゃないですか。

みかちゃんが他の女の子と仲良くしているのが嫌で、だけど甘えてだらけると自分だけを見てくれるから次第にそうなっちゃったって…ああもうこれ、共依存まっしぐらなコースですね。もうこのまま彼女らは二人だけの世界へ行ってしまえば良いと思います。

そしてもうひと組。たかみん×ナカちゃんなんですが、ナカちゃんはそうでも無さそうだけどたかみんはこれガチですね。うん、ガチでナカちゃんに惚れてますわ。

今月のこの作品読んで、改めてきららMAXはきららの中でも百合度が高いと言われていたのを思い出しました。


・○本の住人
既得権益を守るヒーローとか嫌過ぎると思ったけれどこの作品だから仕方ないですねw


と、今月は以上で。

MAXも一時期に比べると勢いが落ちてしまった感はありますが、それでもやっぱり全きらら誌の中で自分的には1,2を争う位に好きですね。(多分今一番好きなのはミラクですが)

あとはただ、どうしてもごちうさ・きんモザのアニメ化作品に編集が頼り過ぎてる感があるのがちょっと気にはなりますが…。

個人的にはそろそろ「彼どこ」辺りが表紙のMAXとか見たいんですけどねぇw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...