「まんがタイムきらら'14年7月号」感想。
2014年 06月 11日 (水) 11:57 | 編集
では一昨日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょう。


kirara_201407s


・表紙
今月の表紙は「ゆゆ式」。この作品が表紙を飾る率は非常に高くなってきていますが、しかし縁ちゃんソロの表紙と言うのは初めてなのでは?

しゃがんで傘をさして、そこにカラフルな雨のしずく…今の季節らしい良いデザインですね。

しかしこの縁ちゃんのポーズ…ああっああっもう!! こんな風にしゃがんでいるとなんか見えちゃうじゃないかと心配になります。と言うか「見えないかな?」と何度も覗きこんでしまいました…(最低)

ああ、縁ちゃんのぱんつ…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミ。


・ゆゆ式
おかーさんは良い先生ですよねぇ。ただの巨乳女教師じゃあない。


・箱入りドロップス
分かり切ってたことですが陽一クンは本当に鈍感ですね。まあ、最近でこそ雫ちゃん絡みでは自身の気持ちに気付きつつあるのではと言う感じもありますが、それ以外に関しては本当に鈍感。

鈴音ちゃんみたいな可愛いコから好意持たれて気付かないとか本当に勿体ない。妹キャラとかもう最高じゃないですか!! まあ、相ノ木の妹と言うのが少々アレではありますが…w

しかし関さん×雫ちゃんと言う組み合わせはなかなかに新鮮でした。関さんは顔怖いですけどいい人ですよね。と言うか基本、この作品って善人しかいないと言えばそうかも。


・幸腹グラフィティ
ミラクからの出張ゲスト。しかしまさか、リョウちゃん×ユキ先生とはまた珍しい組み合わせをゲストでやったものだと思います。

今までこの作品ずっと読んで来て、リョウちゃんってお料理ならなんでも出来ちゃうイメージがあったのですが、質素倹約メニューが苦手とは意外な弱点もあったものです。

そして逆にユキ先生がその辺り得意なので教えたり一緒に料理したり…そんな話でした。

ユキ先生も初登場の時は本当に内気過ぎて頼りない感じでしたけど、でも今回の話とか読んでいるとなんだかんだできちんと先生・人生の先輩が務まっている感じがしますよね。

だけど最後、きりんちゃんに節約レシピの件がバレちゃったのは…ああ多分彼女のことだから、自分のお弁当にだけそんな費用掛けられていたなんて知ったらまたそれはそれで(良い意味で)怒っちゃうんだろうなぁ。

まあでも、そんな積み重ねでリョウ&きりんの仲はますます深まっていくのでそれもそれで良いのかもしれませんね。


・三者三葉
音痴描写の擬音がツボでした。いや「ボエー」や「ホゲー」は定番だし分かるけど「ゴンゲェェェ」ってw


・スロウスタート
今月の志音ちゃんが無い…だと…?

と言うワケで今月は志音ちゃんの出番自体が無かった為、毎回恒例のおっぱいコマからはみ出し芸が見られずとても残念…。

しかしその代わり、ある意味もっととんでもない爆弾が投下されました。

kirara_201407slst_s

冠ちゃんスカートはいてない!!

いや衣替えだからってスカート忘れたって…幾らなんでも無理過ぎる無茶過ぎるwww

教室に入ってからはまあいいとして、家からの道中とか一体どうしてたのでしょうか。いやどうしたも何もスカート無いままで来ちゃったんですよね。

まあニットを伸ばしてぱんつ隠してるので一見なんでも無い様にも見えますけど、でもこれ座ったりしたら確実にぱんつ見えますよね。見えますよね!?

なんかもう、篤見先生改めてとんでもないお方だなぁと思いました(注:絶賛してます)

あとえーこちゃんはどう考えても先生にその気(百合的なイミで)があるんじゃないかと言う気がします。


・〆切ごはん
サンドウィッチがめちゃめちゃ美味しそうでした。本当に美味しそうでした。今回、たまたま夕食前の空腹な時間に読んだもんだからもうホントたまりませんでした…。

しかしサンドウィッチにおけるバターと漫画におけるペン入れの例えとか上手いなぁと感心します。


・しゅばりえーる
フランスの大剣・フランベルジェ気になって調べてみたら本当にあるんですね。しかも本当にああいう波打った形の剣で、その形状ゆえに相手に「死よりも苦痛を与える」剣だとか…こ、怖っ!!

この作品って絵柄と雰囲気の可愛さでごまかされているけど実は凄く怖い作品になり得る要素を持っているのではないでしょうか…?(考え過ぎ)


・アンネッタの散歩道
きららミラクからの連続ゲスト2回目。この作品はミラクの方では毎回、メイヴ達の冒険譚と別にアンネッタ側のストーリーがあって、また最後は文通のシーンで終わったりするのですがゲストだとそうではなくメイヴ側の冒険の小さなエピソードと言った感じですね。

この作品に限らずミラクの作品は、ミラク掲載分とゲスト出張分とでは構成や作り方・見せ方を変えている作品が多いですね。ページ数の関係もありますし、初見の読者にはきっとその方が分かりやすいから、なのでしょうね。

とりあえず今回、メイヴ達のはからいでお洒落になったモリーが凄く可愛かったです。

あと、しゅばりえーる→アンネッタと言うこの掲載順には何か物凄い意図的なものを感じますよね。中世風世界が舞台の作品を連続で載せていると言うのは…?


・しかくいシカク
くるぶっちクンはフェチ男なのかと思いきや意外にもまっすぐで良いヤツですよね? まあ、本命の十子ちゃんとのフラグは全然立ちませんけど(主に十子ちゃんがアレなせいで)

だけど今回、新キャラの生徒会長さんとなにやらフラグ立っちゃってませんかこれ? と言うか生徒会長さん普通に可愛いですね。作中で言われてる通り確かに男性からウザがられそうな性格ですが、でも可愛ければ全てOK!! 可愛いは神!!


・サンタクロース・オフ!
小学生女子ってお泊りだと一緒にお風呂入って背中流しっこしたり、一緒のベッドで眠ったりするものなんですね…なんか希望が湧いてきました!! いいぞ小学生百合!!(百合脳)

それはそうとこの作品、次号より連載スタートとのことで、阿部かなり先生おめでとうございます!!

阿部先生の作品と言えば実はきららミラクの方でこれまで2作ほど掲載されていたんですよね。でも片方がゲストで、片方は連載化されたものの短期で…今回の作品は長く続くといいなぁと思います。

正直、サンタクロースと言うテーマ上連載でやるのは難しいんじゃないかなと言う気がしていたのですが、この数回の展開見ていると意外とそうでもないのかなと言う感じもしますしね。


・コドクの中のワタシ
これまでも何度か言いましたが本当にナチュラルに #いかがわしい ですねこの作品は全く!!

りズちゃんに襲われる(?)真由ちゃんの夢と言う衝撃の出だしもそうですが、他にも言葉の端々だとかがもう全ていかがわしい。

あんこちゃんのバックアップなんかもそうですし、あと彼女の「マスターのお世話をする任務」とかもうお世話って単語が卑猥な意味の何かにしか聞こえなくて困ります。

そして真由ちゃんの夢のことを「淫夢」とハッキリ言っちゃってますし…w

(この場合の淫夢は勿論本来の意味ですね。いわゆる真夏の夜の~ではありませんw)

しかし真由ちゃんの夢、ただの夢ではなさそうですね。次回、続きの展開が気になります。


・すいまさんといっしょ
個人的には今月のベスト。

前回のあれこれからあくむちゃんが自分の正体がバレちゃてたらどうしよう…と考えたりする話なんですが、それに対する皆の反応は…?

で、思ったのですがユウくんってめっちゃいいヤツですよね。前々から物凄く好感の持てるキャラだと思っていましたが、今月の読んで確信しました。今のきららの男性キャラで最も好感度高い人物は間違いなく彼だと思います。

実はもうあくむちゃんの正体のことなんてすっかり気付いてて、だけどそんなのは関係無い、と。

「俺から見たら夢野は夢野だし」
「人じゃないって分かってもなにも変わんないから」

その上で「バレてなかったと言っておいてくれ」とすいまさんに頼んだりと、相手のことを表面でなく本質で見ることが出来ると言うのは勿論、相手のことを思いやる優しさに溢れている素晴らしい少年だと思います。

それに対してあくむちゃんが自ら打ち明け、その上で仲良くしたいと言うシーンが良かったですね。まあ、その後の「あなたの事もっと踏みたい」とかで全て台無しにしている感はありますがw

しかしユウくんは本当に素晴らしい、いいヤツだと思うのですが、ハレンチな格好の美少女達何人もに毎日囲まれてるのに全く何も起きない辺り性的に大丈夫なのかと言う心配はあります。ぶっちゃけホモかもしれません。


・女子大生生活様式
まさかの温泉回来ました!! しかし、思いつきで行ってしまうと言うのがいかにも彼女達らしいと言えばそう。

温泉入る時の皆の髪の毛に関するやり取りとか、読んでてなんだかほっこりしました。一人ショートカットのことねだけ話題に加われなくてちょっと寂しそうだったりw

温泉回と言うとお色気回的なイメージもありますが、この作品の場合はそれよりももっと、のんびりほんわかとしたものがありますね。それがこの作品らしくて良いです。

しかし…来月で最終回って一体どういうことなんですか…?

ああ、これでまた無印きららに対するテンションが下がる…。


と、今月は以上で。

無印きらら、好きな作品は好きなのですがやはり雑誌全体としての満足度は他誌と比べてかなり低くなってきちゃっているのが現状のところですね…。

とりあえずきららの中でも最も新参かつある種イロモノな(僕は大好きですが)ミラクからの出張ゲストが同時に2作品も載っていると言うのはかなりの異常事態だと思います。仮にもきらら誌の中で一番の本流なハズなのに。

あと敢えて触れませんでしたが、今月の某作品はちょっとアレ、まずいんじゃないかなぁ…。


Comment
この記事へのコメント
きららにて休載中のこむそう先生が一命をとりとめた情報は知っていますかね。最近のことなんですが、復帰以前に先生の体があぶないという事をしりまして衝撃でした。
2つのミラク出張ゲスト、ミラク読者も購入していると思いますが、違和感がなかったですw。次回はきんモザもくるということでなんだかきららが支えられてる感がありますねw。
2014/ 06/ 14 (土) 04: 07: 55 | URL | ヘイホー # -[ 編集 ]
>ヘイホーさん
こむそう先生の話、ツイッター等で目にはしていました。
あまり話を大きくするのも良くないと思い言及は控えてましたが、ただ回復されることを祈るのみですね。

確かにここ最近の他誌からのゲスト攻勢、無印きららが他のきららに支えられていると言った方が良いのかもしれませんね。
2014/ 06/ 16 (月) 16: 10: 22 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...