たまにはブルゴーニュのちょっと良いワインを。
2014年 06月 17日 (火) 22:57 | 編集
来月、北海道へ行く予定を組んでいました。

それでトワイライトで行こうと思ってチケットを昨日と今日で申し込んでみたものの…結果、惨敗。地元の観光会社とJRの駅と2か所でいわゆる「10時打ち」をやってもらったのですがそれでも全然取れず。

ロイヤルやスイートなら取れないのも分かるのですが、僕が取ろうと思ったのはシングルツインやツインなんですよね…それでもこんなに取れないものだとは思いませんでした…。

まあ、7月は北海道的には一番良い時期ですし、もしかすると最も取りにくい時期なのかもしれません。

もう一度時期を変えて再挑戦するか、別の方法で行くか、もう行くの自体をすっぱり止めるか…どうしようかなぁと悩み中ですw


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

こういうガッカリな時はあえて良いワインを飲んで気分を上げていきたいものです。と言うワケでブルゴーニュをチョイス。


まずは白。

「LOUIS JADOT BOURGOGNE CHARDONNAY 2012」
(ルイ・ジャド・ブルゴーニュ・シャルドネ)

WINE_20140616_01s

WINE_20140616_02s

まあ、定番と言えば定番かもしれません、ルイ・ジャドのシャルドネ。と言っても僕は飲むのは初めてだったりしますが。地元のショッピングセンターで2520円と結構良いお値段します。


さて、まずは抜栓。栓はきちんと本物のコルク栓ですね。抜いた栓を嗅ぐとバニラやビスケットの風味、それに果実の甘い良い香りがします。

グラスに注ぐと色は綺麗なゴールド。テリのある、美しい色合いでキラキラと輝いています。黄色みと緑みとをしっかり感じる色合いですね。

香りは複雑。最初はふわっと甘い感じなんだけれど、グラスの中で馴染ませると今度は柑橘系の爽やかなアロマが顔を出してきます。その一方で樽由来のバニラやビスケットなど、香ばしくて甘いニュアンスもしっかり感じられますね。


口に含むとアタックは優しく柔らか。なんだけれど、ブルゴーニュのシャルドネらしく果実味そのものは柑橘系主体で、適度に酸の効いたシャープなもの。シャブリなんかによくある系統の味わいです。

だけど、そこに樽の風味がしっかりと効いているんですよね。そのおかげで元々の果実感の尖った部分は丸みを帯びて、全体としてはとてもまろやかでコクのあるワインに仕上がっています。

それでいて、新大陸の樽熟シャルドネなんかにありがちな甘ったるさやべたっとしたくどさが無くってむしろスッキリと上品に仕上がっているのがブルゴーニュならではと言いますか。

鼻から抜ける風味にも樽系の良い風味がたっぷりとあって、だけどその樽の感じも適度な抑制が効いていてホント品が良いなぁと感じます。


やっぱりそれなりにお高いワインはそれなりに良いワインの味がするなぁと改めて思った次第。


赤はピノ・ノワール。

「BOUZEREAU-GRUERE&FILLES BOURGOGNE ROUGE 2008」
(ブーズロー・グリュエール・エ・フィーユ・ブルゴーニュ・ルージュ)

WINE_20140616_03s

WINE_20140616_04s

こちらのワインは頂きもの。なので詳細は分からない(ネットで調べてもヒットせず)のですが、恐らくそれなりに良いワインではないかと思われ。

今回、白をちょっと奮発したのも良さげな赤が手元にあったからと言うところがあったりはします。


まずは抜栓。こちらも栓は当然本物のコルク。抜いた栓を嗅ぐと干しブドウの香りと、樽っぽい燻した様な香りとが感じられますね。

グラスに注ぐと色はクリアーなルージュ。やや褐色がかってはいるものの、グラスの底がしっかりと透き通って見える、透明度の高い綺麗んば色合いです。いかにもピノノワっぽい色合いですね。

そして香りがむちゃくちゃいい!! ブランデーの様な洋酒っぽい香りと、ブラックチェリー系の果実の済み切った香りとがまず感じられます。

グラスの中で馴染ませるとピノらしい、なめし革の様な独特の風味が顔を出してきますね。


口に含むと、ああ…実にまったりとしてはんなり。タンニン分も酸も柔らかで味わいはとても優しく、実にこなれた感じがあります。

味わいは実に複雑。ブラックチェリーや干しブドウと言った果実の味わいに、デーツや黒砂糖、なめし革など色々な風味とが入り混じって渾然一体となっています。

これまた先に飲んだ白に負けず劣らず、いかにもちょっと良いワインと言った味の一本でした。


たまには普段よりちょっとだけお高めのブルゴーニュを味わってみると言うのも良いものですね。


Comment
この記事へのコメント
トワイライトですか。私も廃止までには一度乗りに行かなければと思っています。
9月~10月頃を考えていますが、問題は切符が取れないことですよね・・・。
10時打ちはまず無理でしょうね。
あけぼのの時に仕事が休みのたびに駅に出向いて全部撃沈しましたから。
結局は旅行会社に頼んでおいたのが奇跡的に取れて、最終日に乗れたんですけど。
2014/ 06/ 17 (火) 23: 09: 56 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
>メボチャンさん
トワイライト、本当に取るの難しいみたいですね。
本文中にも書きましたが、10時打ちを2か所同時でお願いしてそれで取れなかったので、正直もう打つ手無しですw

あけぼのは廃止とかの話が出るよりもずっと以前に一度乗りました。
狭いソロ寝台でしたけど楽しい旅でしたね…。
2014/ 06/ 20 (金) 00: 11: 00 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...