「まんがタイムきららMAX'14年8月号」感想。
2014年 06月 25日 (水) 11:57 | 編集
では、ちょっと遅くなりましたが今月19日発売のきららMAX感想行ってみましょう。


kirara_max_201408s


・表紙
表紙は今月も「ご注文はうさぎですか?」なのですが、なんとココアちゃんの姉・モカさんが表紙に初登場なのであります!! モカ&ココアの姉妹表紙。おまけに水着!! ビキニだビキニ!!!

しかしモカさん、前回の話で初めて本編に本格的に登場したかと思えばそのまま今月には表紙に登場だなんて、何気に凄い人だと思うのです。それだけ反響が大きかったと言うことなのでしょうか。

そして凄いと言えば彼女のビキニからこぼれそうなおっぱいもまた凄い。この作品で大きなおっぱいと言えば青山さんかリゼちゃんか千夜ちゃんかと言うところでしたけど、ここに更にモカさんが加わりましたね。

そして隣のココアちゃんも意外となかなかのものなんですよね。そりゃ勿論モカさん程ではないにせよ、でも今後の成長だとかを考えればきっと…。

そうやって考えるとこの作品って何気におっぱいちゃん勢ぞろいなのかもしれないですね。チマメの三人はちっぱいですけどそれはまあ幼いから仕方ないと言うことで。

そう考えるとシャロちゃんって…(涙)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ご注文はうさぎですか?
ココアちゃんの姉・モカさんがラビットハウスにやって来て…な話の続き。

今回はひょんなことから公園のボートで皆で競争と言う話でしたけど、モカさんの無軌道っぷりが相変わらずに凄い。と思ってたら一番凄まじいのはやはり千夜ちゃんだった…と言うオチでした。

モカさんに一人だけもふもふされてなくて落ち込んでいたり、途中までろくに船も漕げずに船酔いで自滅しているかと思えば最後は火事場のバカ力で逆転しちゃったり…。

そしてボート競走で一位になったお願いが「モカさんにもふもふしてもらう」って…。

モカさん回かと思いきやおいしいところをほとんど千夜ちゃんが持って行ってた感じがします。それにしてもこのコは本当に妙なコですよね。まあ、この作品に出てくるコって基本的に皆ちょっとずつおかしいとは思うのですが、その中でも千夜ちゃんの頭おかしさは群を抜いていると改めて思います。


・しょーがくせいのあたまのなか
アイドル風の扉絵(と言うか実際にアイドル)はとても可愛らしいのに内容は相変わらずにアレでそのギャップが何と言うかもう大変に素晴らしい。

とりあえず今月は最後の辺りの「枕」って単語のやり取りがもう…ね。いやこれ大半のコは何も考えずに言ってますけどこの中に一人だけ「枕営業」とかそっちの意味で捉えてる人がいますよね?

しかしリアル小学生に枕させたらアカンでしょ(本当にまずい)


・いちごの入ったソーダ水
杏奈ちゃんが若干ヤンデレ化しそうで怖いです…。


・彼氏ってどこに行ったら買えますの!?
皆でゲーセンに言って…な話。しかし百合嗜好なハイパーお嬢様のほたるちゃんは本当に良いキャラしてるなぁと思います。

この作品って前から言ってる様に非常にワンパターンな展開を持ち味としている作品で、それがある種水戸黄門的な面白さ(大いなるマンネリズム)を醸し出しているワケなんですが、そこにほたるちゃんは非常に良いスパイスとして効いています。

百合キャラと言うことでMAX読者の志向性にもピッタリ合っていますしね。

あと護ちゃんの亜梨香ちゃんへのフォローが今回もナイスでした。彼女は無意識にやってるだけなんだけれど僕ら百合脳な読者から見れば護→亜梨香のフラグが徐々に立ちつつある様に思えて仕方がないのです。


・落花流水
秋穂さんが暁さんにお菓子作り(もちろん夕さんに上げたい為)を教えたりしてあれこれ…な話。しかし秋穂さんの失敗談、色々入れたって一体何を入れたんですかね…髪の毛とか血とかそういうアレっぽいですよねどう考えても…W

しかしそれにしても暁×夕のラブラブっぷりはすさまじいですね。最後の「ゆー姉のふわふわが」どうこう言ってるシーンとかもう激しく壁ドンしたくなりました。百合漫画読んでてこんな気持ちになるって初めてだよ!!


・アイドル声優上村とまり17歳
今月のやり取り見てて思ったんですが、作品変わってもR18!と結局やってること変わらないじゃないですか!! おんなのこがおんなのこのおっぱいを…うん、全然前と変わってない。

でもいいぞもっとやれ!!


・きんいろモザイク
もう全てこのコマに持っていかれました。

kirara_max_201408knms_s

「玉」に過剰反応する女子高生。ああ隣子ちゃんのキャラがどんどんおかしな方向に…ww

いやこのコマは今月の「きんいろモザイク」で一番と言うよりも今月のきららMAXで一番頭おかしい、狂気に満ちた一コマだったと言って過言ではないでしょう。


・水瀬まりんの航海日誌
えっ舞ちゃんと時雨さんってそういうことだったんですか…そんな艦長と副艦長とでいけないわっ(百合脳)


・スクール・アーキテクト
この世界はコタちゃんが望んだものなのでは…位には薄々思ってましたが、でも最後の1ページ、特にラストの2コマで背中がなんかゾクッとしました。

この作品、なんだか言い様の無い怖さがありますよ…まあ思い過ごしで終わる可能性もまだ五分五分だけど。


・アリノス☆ワンダーランド
なにこの素晴らしい最終回…と言ってしまいそうな展開でビックリでした。

ルリちゃんのみかちゃんへの本音が赤裸々に綴られて…

「私がダラけているのはみかの気を引くため!!」
「ずっと一緒なんだって安心したかった」
「私はきっと…みかと…家族になりたいんだ」

そしてその後の「私の本音…変だよね きもちわるいよね…」と言う彼女のセリフ。もうこの辺りの展開完全にガチ百合漫画じゃないですか。

いやこの作品って始まった時からほのかな百合風味を漂わせている作品ではありましたけど、でもまさかここまでガッチガチに百合テイストを前面に押し出してくるとは思いませんでした。

そしてルリちゃんのそんな気持ちに対してみかちゃんも同じ気持ちだったんだと応えて、お互いの気持ちをきちんと確かめ合うことが出来たところでルリちゃんの受験当日。

二人の未来はきっとずっといつまでも一緒…そんなラストのカットが良かったですね。手をつなぎあって歩き出すんだと言う感じがして。このカットだけ見たら本当に最終回だと勘違いしてしまいそうですw

(欄外のアオリもそれっぽいし)

さて次回、ルリちゃんの受験結果はどうなっているのでしょうか…? きっと無事に合格して、みかちゃんと新たな生活に歩み出せることを期待しています。とりあえず今月のベストでした。


・こみっくがーるず
ゲストの頃から凄く良いなぁと気に入ってたので連載化はとても嬉しいです!! はんざわかおり先生おめでとうございます。今後も楽しみに期待してます!!

さて今回は新学期が始まって…と言う話。そう言えば彼女たちは漫画家である以前に女子高生でしたね。

それにしてもかおすちゃんとのクラスメイト達とのやり取り…ああ、なんだか分かるなぁ。自分も勤め先ではオタクであることをひた隠しにしているので趣味と聞かれて「女の子がたくさんでてくるアニメやマンガを見ることやフィギュア収集」なんて絶対言えないですからw

あと「好きな芸能人」とか聞かれるとこれ本当に困る。ドラマとかバラエティとかほぼ一切見ないもんだから好きとか嫌いとか以前に名前も顔も分かりません。


・ホームメイドヒーローズ
やっぱりこの作品は悪の組織側(菅部親子)にスポット当たっている時の方が面白いですね。真のボスはお母さんと言うオチはベタと言えばベタかもしれませんが凄くおかしかったです。

しかしこの辺りの流れ見るに父と娘がノリノリなだけでお母さんは全く興味無しって感じなのでしょうね。この辺りが戦隊側の家族とは異なるところですね。


・うにうにうにうに
今月の話でうにちゃんの謎生物感がこれまでの倍増し位になった感。しっぽの構造どうなってるんですか一体…。


・○本の住人
のりこの願いがあるイミ切実過ぎます…w


と、今月は以上で。

自分の中では一時期に比べると読むテンションが落ちてきているMAXですが、今月からはんざわかおり先生の「こみっくがーるず」が連載としてスタートしましたし、来月には未影先生や鴨鳴アヒル先生の新作も掲載されると言うことでこの辺りにはちょっと期待したいものです。


Comment
この記事へのコメント
千夜ちゃんはすごい底力をもっていますが、ここぞという時しかださないんですよね。自分だけもふもふされていないことへの執念は恐れ入ります。でもわたしには千夜ちゃんが受けに回ったことがびっくりでした。
モカお姉ちゃん、すごいインパクトでしたね。再登場を期待する声が多そうです。
2014/ 07/ 15 (火) 10: 57: 11 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minamiさん
やっぱり千夜ちゃんは色々なイミで頭おかしいと再確認させられた回でしたねw

モカお姉ちゃん、確かに再登場期待する声は多そうなのですが、でもいわゆるジョーカー的なキャラなので使いどころが難しいキャラと言えるのかもしれません。
2014/ 07/ 15 (火) 12: 09: 23 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...