ガスコーニュ・タラヴォンのワイン。
2014年 06月 26日 (木) 23:15 | 編集
さて、諦めかけていた来月の北海道旅行なのですが、トワイライトが無理ならともう一度日付変えてダメ元でカシオペアを申し込んでみたところ…なんと取れてしまいました!!

申し込んだ部屋はカシオペアツインの中でも3人利用の出来る車端部の部屋。いわゆるカシオペアツインEXと言う部屋ですね。

スイートだとかデラックスは競争率高いからと最初からスルーしてこのタイプの部屋を狙ったのですが、しかしそうは言ってもA寝台。まさかトワイライトのB個室よりあっさり取れてしまうとは…。

何にせよこれで来月北海道行くことが決まりました。7月下旬の北海道で色々楽しんできたいと思います。


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。赤白共に金山KALDIで買った、フランス・ガスコーニュのタラヴォンのワイン。値段は1125円。


まずは白。

「COTES DE GASCOGNE TALAVENT BLANC 2012」
(タラヴォン・ブラン・オーガニック)

WINE_20140625_01s

WINE_20140625_02s

品種はコロンバール・ユニブラン・ソーヴィニヨンブラン・グロマンサンのブレンド。

フランスのワインでも南部とか南西部ってこのテのブレンドの白が多いですよね。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。そう言えばフランスワインでスクリューキャップってあまり見たことが無いのである意味新鮮かも。

グラスに注ぐと色は綺麗な麦わら色。ゴールドと言う程濃い感じの色ではないのだけれど、でもテリのある、きらきらと輝く美しい色合いをしています。ほんのり緑みを帯びた色調。

香りは結構しっかりとしています。何の品種の香りと言うのは分かりにくいのだけど、ただ、ソーヴィニヨンブランっぽい青いニュアンスはわずかに感じ取れます。


口に含むと適度な酸があって爽やかな味わいながら、凝縮さも結構感じられます。柑橘系や青リンゴの涼しげな風味とアンズ系統の甘酸っぱい果実感とが入り混じった感じですね。

これと言った、特筆すべき強い個性や味わいは無いのだけれど、バランスの取れたなかなかに良い白ワインだなぁと思います。

しかしこの手の、コロンバールとかグロマンサンとかの品種って何度か飲みましたけど、イマイチ品種の個性とかが掴み取れないですね…w


赤はグルナッシュ。

WINE_20140625_03s

WINE_20140625_04s

「TALAVENT GRENACHE 2012」
(タラヴォン・ルージュ)

同じワイナリーの同じランクのワインなのに白はブレンドだけれど赤は単一品種と言うのがまた。

そして栓もこちらは人工コルクですね。抜いた栓を嗅ぐとブルーベリージャムの甘い香りが感じられます。

グラスに注ぐと色はしっかり濃い目。ほんのりと褐色みを帯びた赤紫。グラスの底が見える位の透明感は残っているものの、かなり濃い深い色合いをしています。

香りは濃厚。干しプルーンやプラム、ブルーベリーのジャムと言った甘いニュアンスが鼻をくすぐります。


口に含むと味わいもしっかりと濃い。赤黒い果実の旨みがたっぷりと詰まっていますね。タンニンの渋みは程々に抑制が効いていて、逆に酸味はそこそこきちんと感じられるのですが、全体としてはとても柔らかい印象を受けます。絹の様な舌触りが心地良いですね。

果実味豊かで何のクセも無い赤ワインと言った感じ。ボディ感は結構強めです。


しかし…グルナッシュと言う品種も何度か飲んだもののこれまた品種の個性とか味わいがイマイチ良く分からないんですよね…ああ、この手のワインの味が分かる様になるのは一体いつの日になるのでしょうかw


Comment
この記事へのコメント
カシオペアの切符が取れたのですか。すごいですね!
北海道旅行楽しんできてください。

カシオペアも北斗星も廃止の可能性が高いと思います。
寝台列車に乗れるのも、もうあと僅か(サンライズは当分大丈夫だと思うけど)。
私も何とかしてトワイライトに乗りに行きたいと思います。
2014/ 06/ 30 (月) 23: 17: 12 | URL | メボチャン # wCTfycm6[ 編集 ]
> メボチャンさん
ありがとうございます!! 北海道、目いっぱい楽しんできたいと思います。

カシオペアと北斗星、北海道まで新幹線が延伸した時が終わりの時かもしれないですね。
特に北斗星は車両の古さから言っても…。

寝台列車がいわゆるクルーズトレインのみになってしまうのも寂しいですよね…。
2014/ 07/ 04 (金) 00: 52: 57 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...