我が家に 2013年度版レーシングミクさんが やって来たよ。
2014年 06月 29日 (日) 10:39 | 編集
と言うわけで、グッドスマイルカンパニーさんの2013年版レーシングミクさんがやって来ました!!


まずは箱の方を見てみましょう。箱は同じレーシングミクさんでも2012年度版と比べると若干小さめですね。とは言っても以前に買ったグッスマの1/8ミクさんやLat式ミクさんに比べるとやはり大きいですが。

20140629_racingmiku01s

20140629_racingmiku02s

20140629_racingmiku03s


箱の片側面には元となったイメージイラストが描かれています。

20140629_racingmiku04s

今回のレーシングミクさん、イラストレーターのsaitomさんとキャラクターデザイナーである島崎麻里さんが描き上げているものらしいですね(すみません僕はどちらの方も存じませんでした)


さて、では開封してみましょう。


まず最初に取り出したのは台座。フィギュア本体を載せる台ですね。

20140629_racingmiku05s

昨年のレーシングミクさんは台座が結構カラフルでポップな感じでしたけど、比べると今回のは非常にシンプルな雰囲気になっています。

さあ、ではいよいよ本体の方にご登場頂きましょう…!!





こちらが2013年度のレーシングミクさんです!!

20140629_racingmiku06s

20140629_racingmiku07s

20140629_racingmiku08s


ああ…美しい…美し過ぎる…。


全身のプロポーションが素晴らしいのは勿論のこと、凛とした表情が良過ぎる…。ミクちゃんらしいあどけない可愛らしさを残しつつも、どこか凛々しくすらもある美人さんに仕上がっています。


角度を変えて色々と見てみましょう。


20140629_racingmiku09s

20140629_racingmiku10s

20140629_racingmiku11s

20140629_racingmiku12s

片足立ちのこのポージングの絶妙なバランス。これを作り上げた原型師さん初め制作スタッフの方々は本当に凄いなぁと思います。この、倒れそうで倒れない、アンバランスに見えるけどきちんとバランスの取れている不思議な感覚。


しかしこのテのポージングだと飾り続けることに若干の不安もありますが…でもまあ、同じ様に不安定そうに見えるポーズの2012年版レーシングミクさんが1年経っても全く何ともなって無いのできっと大丈夫なのでしょう。


今度は細かい部分にスポットを当てて見ます。


頭部のアップ。

20140629_racingmiku13s

可愛いお顔…ではなくて、特徴的なその冠型の髪飾りに注目。これ、よくよく見るとヘッドセットと一体型になっているみたいですね。


魅力的な胸元。

20140629_racingmiku14s

事前レビューの段階でミクさんらしからぬ胸だとかあれこれ言われてた様ですが、実際に見てみるとどうでしょう? 僕はミクさんらしい慎ましやかさを残しつつもちょっとだけセクシーになった、そんなバランス感覚の良い胸だと思いますが。

あと、「GOODSMILE RACING」のロゴがネクタイピン(?)になっているのもポイント。


今回のレーシングミクさん、腰回りの衣装の造作が実に印象的ですよね。

20140629_racingmiku15s

クリア素材をふんだんに使っています。シルバー系のメタリックな色合いと、宝石を模したと思われる赤や緑の飾り、そしてクリアーな羽との取り合わせがなんとも絶妙。

ちなみに髪にもクリア素材が使われていますね。

そしてこの、おヘソのくぼみの造形の素晴らしさは絶対に見逃してはいけないポイントの一つ。


ミクさんと言えば左腕に「01」の文字がありますが、このレーシングミクさんにはありません。

20140629_racingmiku16s

…が、なんとこんな意外な場所に「01」の文字が。


すらりと長く伸びた足。

20140629_racingmiku17s

20140629_racingmiku18s

今回のミクさん、全体的に非常にスリム・スマートでかつ良いプロポーションしていると思います。

またこのかかと部分なんかも非常に凝っているなぁと思います。メタリックのハイヒールで、ヒールの先部分だけが赤く塗られていたり…。


個人的に今回の2013年度版レーシングミクさん、非常に出来が良いと思います。これは今までのレーシングミクと言うカテゴリのみならず、初音ミク関連のフィギュア全ての中でも1,2を争う位の出来の良さではないか、と。

(まあ勿論僕自身全てのフィギュア見てるワケじゃないので何とも言えませんが)

スタイルの良さ、ポージング、衣装等細かい部分の造形のこだわり、そしてなにより美しく可愛らしい表情…全てにおいてパーフェクトだと個人的には思いました。素晴らしい…!!


最後にもう一度全身像を。

20140629_racingmiku19s

この2013年度レーシングミクさん、早速部屋のアクリルケースに入れて、2012年度版のレーシングミクさんと並べて飾っています。

ああ…もうそっちのディスプレイの方を見る度に自然と顔がニヤけてしまいそうです…w


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...