「まんがタイムきらら'14年8月号」感想。
2014年 07月 13日 (日) 00:01 | 編集
では、9日発売のきらら感想行ってみましょう。


kirara_201408s


・表紙
今月の表紙も「ゆゆ式」。久々に3人全員集合の表紙ですね。夏のある日に皆でどこかへお出かけと言ったところなのでしょうか。

それにしてもワンピース姿の縁ちゃんがかわいい。凄くかわいい。どうも先月の表紙辺りから自分の中での縁ちゃん株が急上昇してるっぽいです。

ああ…縁ちゃんの着てるワンピースになりたい…。


・裏表紙
京アニに裏表紙乗っ取られていること自体はもう何も言いませんから、せめて可愛い女の子を載せて頂きたいものです。この裏表紙、正直凄くゲンナリするわ。

いやでも実際のところ、きらら読者の層とか考えたらここにこの広告打っても全くなんの効果も無いと思うんですけどね。需要の無いところに広告打ってもしょうがないと思うの。完全にマーケティングとして失敗です。

京アニの広報さん、もう少し考えた方がいいんじゃない?


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・幸腹グラフィティ
なんと巻頭カラーがこの作品!! ミラクから出張ゲストの幸腹グラフィティが巻頭ですよ!!

いや、この作品は凄く好きな作品なので嬉しいと言えば嬉しいのですが、でも正直ちょっと複雑な気持ちもします。だって仮にもきらら本流である無印の巻頭に、亜流・異端であるミラクの作品が来ると言うのは…。

どうも無印きらら、本当にちょっとやばいんじゃないの?と言う気がしてなりません。

それはさておき今回は皆でお祭りに…なお話。

椎名さんはともかく、いつも元気で活発そうなきりんちゃんがお祭り慣れしていないのは意外でしたが、屋台の客引きに戸惑ったりしている姿なんかが可愛らしくて良かったですね。

そしてリョウちゃんにとってはお祭りもまた、おばあちゃんとの想い出の場所だったりするんですよね。つい思い出してしんみり…となりかけても今のリョウちゃんにはきりんちゃんや椎名さんがいるから大丈夫。

この作品って何度も言ってますが本当に暖かいんですよね。リョウちゃんとおばあちゃんの想い出やそこから出てくる料理の話。そしてきりんちゃんや椎名さんを初めとした、リョウちゃんの今の周りの人たちとの触れ合い。

アニメにする際もその辺りの「暖かさ」をしっかりと描いて欲しいなぁと思います。

それはさておき、今回の食べるシーンなんですが今まで以上に表情が色っぽくなってた気が。

kirara_201408khk_s

例えばこの椎名さんのコマとか。長いまつげが妙に色っぽいです。これまでとちょっとだけ絵のタッチとか雰囲気が変わった気がしますね。

川井マコト先生も非常に画力のある方だと思いますが、画力のある、上手な人ほど自分の絵に満足せずにどんどんと進化させて描き続けている様な、そんな印象がありますね。


・ゆゆ式
冒頭のドレッシングネタからの「酸っぱい」でもういかがわしい想像しか出来なくなりました。唯ちゃんの酸っぱい部分(アカン)


・スロウスタート
今月の志温ちゃん。

kirara_201408slst_s

ま…まさかそう来るとは。そう来るとは思わなかったよ!!

扉絵でおっぱい乗せです。それもいつものコマの端に乗せるんじゃなくて箱に乗せてきました。しかしこの箱、「上積厳禁」てあるんですがおっぱい乗せるのは大丈夫なんでしょうか? 志温ちゃんのおっぱいボリューム凄いから色々と危ない気がします。

それにしても作者の篤見唯子先生のおっぱい芸に対する執念は凄いですね。先月の話なんかもおっぱいネタ無いと思い込んでたのですが、実は志温ちゃんの出番が無い代わりに栄依子ちゃんがさりげなくおっぱい乗せてたと言う…。

(ツイッターのフォロワーさんに言われて気付きました)

単行本が8月に発売とのことですが、篤見先生のおっぱい芸に敬意を表して複数買いさせて頂こうと思っています。おっぱい。


・三者三葉
例えモブ(と言うか絵すら出てこない)とは言え、きらら系作品で死者が出ると言うのは滅多に無いことなのでなんだか凄く新鮮な気が。

まあ薗部さんの行くところなら何が起きても不思議じゃないと言えばそうなんですが。


・きんいろモザイク
MAXからの出張ゲスト掲載。まあ、テレビアニメ二期も決まったからと言うことでの出張ゲストなのでしょうが、しかし欄外のアオリに「アニメ2期がんばって作ってます」て書くのは何か違う気が…。

あくまでこっちは原作なんですから、原作の話の内容に触れるアオリをお願いしたいものです>編集

それはさておきハロウィンのお話。皆の仮装が物凄く可愛いとかクッシーちゃんのネコ耳とか見どころ色々ありますけど、個人的にはカレンちゃんと隣子ちゃんのやり取りのシーンが凄いツボ。

隣子ちゃんの考える「高貴なイタズラ」ってなんなんですか一体w

そしてカレンちゃんのイタズラを全力で受け止めようとする隣子ちゃんのわけの分からない気合いっぷりとか本当に頭おかしいとしか言い様がありません。

でも隣子ちゃんにイタズラ(意味深)しちゃうカレンちゃんとかそういう展開もいいですよね(百合脳)


・さつきコンプレックス
巨乳美少女のおっぱいの感触よりも男の娘のほっぺの感触にしか興味が無いと言う時点でもうこの世界の男たちは何もかもがダメだと思いますw


・Mixこ~る
たびたびゲスト掲載されてるやざわん先生の新作ゲスト読み切り。正直、この方の作品って今までそんなにツボじゃなかったのですが今回の作品はとても気に入りました。

まず何と言っても女の子がかわいい!! 主人公のひかりちゃんもその友人でマネージャーの青乃ちゃんもどっちもとても可愛らしいです。

ぶっちゃけ、今までの作品よりも段違いに絵が可愛くなってませんか…これはやざわん先生相当な努力をされていると思います。

話的にも、いわゆるアイドルものなんだけれどお金持ちのお嬢様が友人をアイドルデビューさせたくてプロダクション作っちゃったとか、なかなかに面白い設定で色々と膨らみそうな感じがしますよね。

正直この方の作品が載るのって、ゲストでも恐らくいわゆる代原的なものだと思うのですが、でもこれだけ可愛らしくて面白くなりそうな作品ならきちんとしたゲスト→連載と言う形で載せて欲しいものですね。

と言うか、落とすのが常態化している人達なんてとっとと切ってしまってどんどん新しい作家さんに描く場を与えるべきだと思うんですけどね。


・〆切ごはん
「岸々庵」とかもう出オチ過ぎるwww

このテの小ネタが散りばめられているの見ると、湖西先生って本当にこういうのがお好きなんだなぁって感じがしますよね。


・箱入りドロップス
今月きららで一番爆笑したのがこの作品。

陽一クンの顔芸ネタは反則過ぎたと思います。まあ、別に本人は顔芸のつもりじゃなくって、一生懸命笑顔を作ろうとした結果がアレなワケなんですが…w

あと冒頭のぱんつのやり取りとか、実際に色を確かめちゃうとか、この辺り見てるとやっぱり相ノ木クンは付き合う相手間違えてると思います。彼は萌ちゃんじゃなく陽一クンとアッーしちゃうべき。


・かなはメランコリー
「JOB&JOY」の井上かーく先生の新作ゲスト読み切り。扉絵の泣き顔の叶葉ちゃんがあまりに可愛過ぎて、やっぱりこの方の描く女の子は可愛いなぁと再認識させられた次第であります。


・コドクの中のワタシ
リズちゃんと優ちゃんの二人の過去、そしてリズちゃんの秘密が明らかにされた回でした。

この二人の関係って、今までのやり取りとか見てると優ちゃんが一方的にリズちゃんをからかって(勿論リズちゃんもまんざらでは無いのだけど)て感じだったのですが、幼い頃のエピソードとか見ると二人の間には物凄い強い絆があるんだなぁ、と。

そしてリズちゃんなんですが、彼女は学校では「吸血鬼の力はほとんど無い」と言う風に皆に思われていたのですが実はそうじゃなくって、優ちゃんの力でその強過ぎる力を抑え込んでいたと言うのが真実だったんですよね。

真実を伝える時、優ちゃんは果たしてどんな気持ちだったのでしょうか。リズちゃんを騙していたワケだから嫌われるに違いない…そんな思いが交錯して凄く怖かったんじゃないかな、と。だけどリズちゃんは笑顔で応えてくれて…。

今回の話を読んでこの二人のことがますます好きになった気がしますね。優→リズの一見遠慮の無い様に見える弄り倒しも、二人の間に強い絆があってこそのことなんだなぁ、と。そんな風に思いました。

それにしても吸血のカットはエロい。あれはもう完全に百合えっちですね。百合えっち以外の何物でもありません。


・すいまさんといっしょ
ちょっと来月でこの作品最終回って一体どういうことなんですか!!!

ああ今月の無印きららで一番のショックですよこれ…。

ぶっちゃけ今のきららで一番好きな作品だったりしますよこの作品。 単行本1巻は特典コンプとかやらかしてるワケですし。ああ、ますます無印きらら読む気が失せる…。


・女子大生生活様式
ああ…この作品も今回でとうとう最終回ですよ…。

思えばこの作品ってゲストの期間が物凄く長かったんですよね。元々が代原みたいな感じでスタートして、それからずっと連続でゲストとして載り続けて…いい加減に連載化しろよ編集部と何度思ったことか。

だから連載に昇格した時は本当にうれしかったものです。僕と同じ様に喜んだきらら読者は他にも大勢いたのではないでしょうか?

そう考えると今回の最終回も決して打ち切りとかじゃなく、無事にコミックス2巻分の話を描き切っての完結となったのだから、良かったと言えるのかもしれません。

(もし打ち切りになってたらそれこそ暴動が起きた可能性も)

さて今回の最終話なんですが、もう少しで新学年に進級すると言う時期のお話ですね。気分を新たにすると言うこの時期を最終話にしたのはなかなか新鮮で良い気がします。絵的にも桜の花が舞ったりして綺麗ですし。

しかし大学生なだけに進級となるとその先に控えている就職活動とかの話も出てきたりして…読んでてああっやめろ、やめてくれってなってしまいますねw

まあ僕は就職活動もとうの昔に終えたおっさんなのでまだ良いのですが、これから実際に就職活動を行う人や今まっ最中の人達はどんな気持ちで読んだのでしょうか。

まあでもそんな話が出つつも、彼女たちの日常は相変わらずだなぁと言う感じですね。とりわけことねのマイペースっぷりは見ててなんだか安堵すら覚えてしまいますw

学生生活のその先をちょっと見据えつつも、でもゆるく楽しい大学生活はまだまだ続く…そんな最終回でした。オゲ先生長い間本当にお疲れ様でした。来月発売の単行本2巻もとても楽しみにしています。


・My Private D☆V
今月のこのコーナーはMAXで「アリノス☆ワンダーランド」連載中の枕辺しょーま先生。タオルケットでもぞもぞ少女が先生のDVとは…これまた良い趣味をお持ちでいらっしゃいます。

ああっタオルケットになりたい。タオルケットになってまとわりつきたい…うん、欄外の編集アオリが僕の想いと完全にシンクロですよ。ハイ。


・天然あるみにゅーむ!連載終了のお知らせ
ああ…覚悟はしていましたがやはりそうなってしまいましたか…。

作者のこむそう先生が病気と言うのは知ってましたが、やはり復帰は難しかったのですね…作品が終わってしまったのは残念ですが、あとはただ、こむそう先生がお元気になられることを祈るのみです。


今月は以上で。

無印きららに対するモチベーションがどんどん落ちていると言うのは前にも書いていますが、今後更に下がっていきそうで本当に怖いです。

正直、今の無印でその救いになるのって「スロウスタート」だけだよなぁ…。


Comment
この記事へのコメント
こちらではおひさしぶりです。
他誌の作品が巻頭カラーとか、普通は考えられないですよね。それだけいまのきらら自体の質が落ちているということでしょう。そしてそれはオウジーさんも私も感じ取っています。長期連載の三者三葉が、この掲載位置というのも弾がない証明ですよね...いつまでゆゆ式におんぶにだっこを続ける気なのでしょうか。
2014/ 07/ 15 (火) 10: 25: 54 | URL | minami # 22hNL7Yc[ 編集 ]
>minamiさん
仰る通り、無印きららの質は今ヤバい程に落ち込んでいると個人的には思ってます…。

ゆゆ式と、あとは他誌からのゲスト作品(アニメ化作)に頼り切ってしまってる感が否めませんよね…。
2014/ 07/ 15 (火) 12: 06: 36 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...