コノスルのピノグリージョとマルベック。
2014年 09月 12日 (金) 21:18 | 編集
では、一昨日飲んだワインの感想日記行ってみましょう。


すっかりウチの定番となったチリ・コノスルのワインなんですが、ここのヴァラエタルラインのものはもう全種類飲んだとばかり思っていたのですが…先日ビックカメラ酒販の通販サイト見ていたら飲んだことない品種を発見!!

なので慌ててポチりましたw


それがピノグリージョとマルベック。なかなかにマニアックなところ突いてきたなぁ…と。

しかしこの辺りの品種って僕がコノスル飲み始めた時にはラインナップに無かった気もするんですけどね、年々品種を増やしているのか、それとも単に僕が知らなかっただけなのか。

ちなみに値段はどちらも708円。やっぱりお安いですよね、コノスルのヴァラエタル。


ではまず白、ピノグリージョの方を行ってみましょう。

「CONO SUR VARIETAL PINOT GRIGIO 2012」
(コノスル・ヴァラエタル・ピノグリージョ)

WINE_20140910_01_s

WINE_20140910_01_s

ところでピノグリージョと言う品種、イタリアでは確かにピノグリージョですがフランスではピノグリと言う名前だったりしますよね。そしてコノスルではピノグリージョ。と言うことはイタリア寄りのスタイルで造っているのでしょうか。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。抜栓してグラスに注ぐと色は小麦色と言った感じでしょうか。ゴールドよりはやや淡く、しかし結構しっかりと黄みを帯びた色合いですね。

香りは甘やか。洋ナシのコンポートやピーチのネクターなど、いかにもピノグリらしい雰囲気の香り。


口に含むと酸は穏やかで優しく、アタックは柔らか。瑞々しい果実の甘酸っぱさがたっぷりと口いっぱいに広がります。それと同時に、わずかに渋みのあるニュアンスを感じるのもいかにもピノグリっぽい。

…と、あえて「ピノグリ」と表記しましたが、実際このワイン、ピノグリージョと名乗っているけれどイタリアのそれとは明らかに雰囲気が違います。ああいった爽やか一辺倒な感じではなくって、もっと濃厚で味が濃いですね。

と言ってもフランス・アルザスの程ガツンとフルボディで甘いのではなく、ちょうど両者の中間くらいの味わいだと感じました。

濃厚な果実味があってたっぷりと濃い味わいなのだけど、でも爽やかさも残っている。アルザスのピノグリとイタリアのピノグリージョの良いとこ取りみたいな、そんなワインだと言えるかもしれません。


何にせよやっぱり、コノスルのヴァラエタルライン(特に白)は品種本来の味わいがしっかり出ていて非常にコストパフォーマンスが高いなぁと感じさせられました。


では赤、マルベックの方を。

「CONO SUR VARIETAL PINOT MALBEC 2012」
(コノスル・ヴァラエタル・マルベック)

WINE_20140910_03s

WINE_20140910_04s

マルベックと言えばアルゼンチンで多く造られている品種と言うイメージがあります。果たしてチリでは一体どんな感じなのでしょうか…?


まずは抜栓。こちらも当然スクリューキャップ。抜栓してグラスに注ぐと色はしっかり濃厚。わずかに青みのかった紫色で、グラスの底が見えるか見えないか位にきちんと色づいています。

香りは果実系中心。プラムやラズベリーなど。しかしこのテの色が濃厚な赤ワインによくある、こってり甘い感じの香りではなく、すっとした酸味も感じさせる果実そのものの香りと言った雰囲気ですね。


口に含むと…実にまったりとした口当たり。そして口いっぱいにスミレの花の様な香りが広がります。

酸は程々に、だけど結構しっかりと感じられます。タンニン分は果実味の中に溶け込んでいて穏やか、シルクの様なきめ細やかさがあります。


味わいにどこかスパイシーなものも感じます。コショウやシナモンなど…これがマルベックと言う品種の個性なのでしょうか。ボディは重め、ミディアムとフルの中間くらいですね。

個人的にはもう少し酸が押さえられていて逆に甘みが前面に出ている位の赤が好きですが(ただしピノノワールは除く)、しかしとにかく含み香の良い赤ワインだと感じました。スミレやラベンダーの様な香りが口中でむわっと広がります。


何にせよ、今回の2本を飲んで改めてコノスルのヴァラエタルの底力を知らされた感はあります。本当にコスパ高くって良いですよねぇこのシリーズは。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...