「まんがタイムきらら'14年10月号」感想。
2014年 09月 13日 (土) 23:45 | 編集
では9日発売のきらら感想、行ってみましょう。


kirara_201410s


・表紙
今月の表紙は「あっちこっち」。この作品が表紙飾る時ってつみきさん&伊御くんのカップルと言う構図が多かったですけど、今回はヒロイン三人組。つみきさんも姫ちゃんも凄く可愛いです!!

あえてマヨイさんはスルー。

背景に散らされた小物だとかの全体的なポップ感も凄く良い感じですね。個人的にこの作品が飾った表紙の中では今までで一番好きかもしれません。

しかし「あっちこっち」、こうやって表紙飾ればとても可愛かったりするのだし、もうちょっと本当に掲載を安定させて欲しいものです。だってねぇ…仮にも看板作品なのに載っているのが珍しいとか明らかにおかしいですよこれは本当に…。

雑誌としても休載ばっかの作品が看板飾ってると言うのは異常なことだと言うのを編集の方もきちんと認識してもらいたいところですね。

…まあこれは本誌だけじゃなくってキャラットにも言えることですが。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・チェリーブロッサム!
あああ久々過ぎて前回までがどんな話だったか忘れてる…ただなんだかものすごい修羅場的展開になりつつあることはよく分かりましたww

しかし今回の話読んでて改めて思いましたけど、大咲くんって実は物凄いリア充じゃないですか? だって可愛い幼馴染みに好意持たれてるし可愛い妹にも好意持たれてるし(ややヤンデレ気味だけど)、おまけに美人な先輩2人に囲まれて…とかどんなハーレムエロゲ主人公なんですか全く。

本人は植物にしか欲情しないヘンタイなのにねw


・ゆゆ式
この作品って改めて物凄いフリーダムですよね。冒頭の胃腸ネタ→褒められたい→ピザの連続とかこの脈絡の無さ。

うん。このとりとめの無い会話の応酬とか、よくよく考えたら意味分からないもの。だけどそれできちんと漫画として成り立たせているのはそれはきっと裏に物凄い計算があるから?

まあとにかく、この作品は「考えるより感じる」作品だと個人的には思ってます。


・スロウスタート
今月の志温ちゃん。

kirara_201410slst00

とうとうおっぱいが下のコマに突き抜けた!!

いやこれ、万年ちゃんの頭と被ってて分かりにくいですが、おっぱいが下のコマにまではみ出しちゃってるんですよね。コマの上に乗っけるだけでは飽き足らず、下のコマにまで突き抜けちゃうとは…。

いやはや、そのうちおっぱいがコマを破壊しそうな感すらありますね。うん。

それはさておき今月もかなり見どころたくさんでした。前回に引き続きの変身万年ちゃんver2とか、小さいコ扱いされてふくれっ面してるかむちゃんとか。

万年ちゃんは前回の美人過ぎる変身後も良かったですが、今月のナチュラルな感じも素敵ですね。やっぱり元が良いコはどうやっても可愛いと言うものです。

そして今回一番の見どころは何と言っても花名ちゃんと万年ちゃんの名前呼びイベントじゃないでしょうか。彼女たちはお互いに「浪人」と言うことでお互いにしか分からないもの、共感し合えるものがあるんですよね。

とりわけ花名ちゃんにとっては今のところただ唯一、中学浪人していることを打ち明けられた相手なワケで…しかし今回の花名ちゃんのセリフにもありましたけど、いつかはきっと他の皆にも打ち明ける日が来るんですよね。

まあこの作品のことだから、そんなに暗く重くなり過ぎずに、良いさじ加減でその辺りの話を描いてくれるのでは、とは思いますが。


・〆切ごはん
今回のこの作品、なんだかもう本当にすごく凄く美味しそうでした…読んでたら久々に、こういう普通の居酒屋っぽいところで、いかにもな居酒屋メニュー頼んで生ビール飲みたいなぁ、なんて思っちゃいましたよ。

ああ、長芋のバター焼きに生ビールをグイっと…ああっ、ああっ!!


・オリーブ! Believe,"Olieve"?
新連載。「オリーブ」と言う名前の手品部と、それに入部する新入生との話ですね。ただこの手品部がどうも単なる手品部では無さそう…? なんだか魔法みたいのを使ってるっぽいんですよね。

今回はまだ第1話と言うことでなぜ彼女たちが魔法を使っているのか、手品部とは何なのか、そもそも彼女たちは一体どういう存在なのか…。

そう言ったことはハッキリとしないままでしたけど、その辺りは今後徐々に明かされるかもしれませんし、もしかするとそれは別にそんなに重要なことでは無いのかもしれません。

ただこの作品には物凄い「雰囲気の良さ」を感じました。絵柄も可愛らしいですし、女の子達のやり取りも見てて微笑ましいですし…そんなに爆笑できるタイプの作品ではないですが、可愛い女の子達にホッと癒されて一息ついて和める、そんな作品ではないかと思います。

ある意味、「正統的な日常系作品」と言えるのかもしれません。

個人的にはここ最近の無印きららの新連載(単行本1巻がまだ出ていないもの全て)の中ではダントツに好きな感じです。次回以降も大いに期待したいですね。


・箱入りドロップス
雫ちゃん初めての美容室体験なお話。ああ、初めての美容室で緊張する気持ちとか分かるなぁ…僕自身未だに美容室変えたりとか、美容師さんが変わったりするとやっぱり緊張しますものw

あと純ちゃん&萌ちゃんの2人のも凄くあるある分かるって感じです。美容室とか行く時は髪型変えてみようかな…て思うことあっても結局、いざ行くと「いつも通りで」ってなっちゃうんですよね。


・三者三葉
今月きららでベストの一コマかもしれませんこれ。

kirara_201410snsy_s

スルメ咥えて登校する女子高生とかもうビジュアル的に色々なイミで凄過ぎるww


・水瀬まりんの航海日誌
きららMAXよりの出張ゲスト。今月に単行本出るからと言うことでの出張ゲストなのでしょうが…しかし結構思い切ったゲストだなぁと思いますw

いやだってこの作品、きららMAXの中でも一風変わった世界観の作品ですし、なのでこうして単発のゲストで他誌に載っても普段MAXで読んでない人には何がなんだか分からないんじゃないかな、と。

今回の話にしたって一応、初めて読む人でも入り込める様に艦上での日常の一コマと言う感じに描いてはありましたけど、随所にこのお話の世界の独特さがにじみ出ていましたしね。

しかし今回ゲストで載ったの読んで改めて気付いたのですが、コマの背景が凝ってますよねこの作品。


・しゅばりえーる
やっぱりサツキさんはハダカで寝てるんですね、ハダカで寝てるんですね…ハダカで(ry

それはそうとちょっと掲載順が心配です。この作品もここ最近の新連載の中では好きな方なのできちんと続いて欲しいものです…。


・コドクの中のワタシ
小柴ちゃんの体操服姿がもう犯罪過ぎますね。あのロリロリな外見でブルマー姿、おまけに胸元に「もえ」って…これは確かにポンコツアンドロイドあんこちゃんならずともメロメロになりますわ。


・リリウムあんさんぶる
ああ…とうとう最終回を迎えてしまいましたよこの作品…。

今回の話はやっぱり、咲来ちゃん&いとなさんの2人にスポットを当ててきました。今までお互いに好意を持ちつつも踏み出せなかった部分のあった2人がとうとうハッキリと自身の気持ちを相手に伝えて…。

しかし、今まで直接的な表現を敢えて避けてきたこの作品だけに自分の気持ちを伝える告白シーンと、そしてその後のキスシーンはなんだか凄くドキドキするものがありました。

なんだろう…見てはイケナイものを覗き見してしまった様な、そんなある種の背徳感のあるドキドキ。でもこのドキドキ感こそが本来、「百合」作品を読んだ時に感じるべきものなのかもしれません。

一方、この2人を主に描きつつ他にもちゃんと決着をつけた感じですね。カリンちゃんもままなに自身の気持ちを打ち明けましたし、ままなも今時点での返答を彼女に返しています。

うるるんは一人-この中ではそういう感情が無かったのかもしれないですね。あくまで彼女にとってはままなもカリンちゃんも大切な友達と言うことですし。ただ彼女のことだから、自身の気持ちに気付いていない可能性もあり得ますが。

カリンちゃんの隣子ちゃんが何も出来ないままだったのは可哀想ですが…でも今時点ではこれが全員まとめるには一番最善だったのかもしれません。

とにもかくにも、あそか先生今まで本当にお疲れ様でした。とにかく今はゆっくりお休み下さい…。


今月は以上で。

「リリウムあんさんぶる」が終わってしまって(しかも単行本2巻出ず)ますます無印きららに対するモチベーションが下がって来てて本当にヤバいです…もうただヤバいとしか言えません…。


Comment
この記事へのコメント
お久しぶりです
終わってしまいましたねぇ、咲来ちゃんといとなさんがくっついて大団円ではあるのですが、どうしても急いで風呂敷を畳んだ感は有りますね
個人的には柊野さんが放置されてしまったのが残念です
ともあれあそか先生が次回作を書かれるならそれを応援したいです

続く作品ですがスロウスタートが凄く良い感じでホッとします
今回は花名ちゃんと大会さんの仲がきゅう接近して、その微笑ましさにニヤニヤしきりでした
見つめ合って照れていたり、一緒にウサギ化してプルプルしていたり


>ますます無印 きららに対するモチベーションが下がって来てて本当にヤバいです…
同感です、これでゆゆ式、三者三葉、スロウスタート辺りが休載でもした日にはその号を買う気がしなくなるかもしれません
〆切ごはんは休む心配しなくて良さそうですが
2014/ 09/ 14 (日) 03: 44: 29 | URL | グリムロッド # dAL7rdlc[ 編集 ]
ほんと今の無印はまずいですよね・・・
私が気になってたひめかみも体調不良で減頁されてしまいましたし、気のせいか他の連載陣もパンチが欠けているように思えました
前に言われていましたが唯一目立つ人気のあるスロウスタートにはどうか頑張ってもらいたいところです・・・

MAXからのゲストにはどうかこみっくがーるすを呼んでいただきたい
各作家のスケジュールの影響でなかなか難しいかと思いますが、読者からの評価が高まっている以上、知名度向上のためにも少しずつ伸ばしてほしいと願っております
2014/ 09/ 15 (月) 17: 54: 41 | URL | # -[ 編集 ]
>グリムロッドさん
リリウム、良い終わり方であったとは思うのですが、確かに仰る通り急いで風呂敷を畳んだ感は否めないですね…。
柊野さんはこの流れだと絡めるの難しかったのかもしれませんね。

スロウスタート、元々良い作品でしたけど回が増すごとに良さが深まってる様に感じます。このまま無印の看板となってほしいものです。

無いとは思いますが、万が一にもゆゆ式、三者三葉、スロウスタートが同時休載となったら本当に買わない可能性はありますね…。

>marutaさん
今の無印は本当に本当にまずいと思います。でもそう思ってるの自分だけじゃないんだなぁ…と妙なところで安心もしてみたり。

スロウスタートはホント、今後の無印を支える作品だと思います。このまま頑張っていって欲しいものです。

こみっくがーるず良いですよね。自分の中ではMAXで今一番楽しみな作品だったりします。無印にゲスト出張と言うのも見てみたいですね。
2014/ 09/ 16 (火) 23: 51: 47 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...