頂き物のランブルスコ。
2014年 10月 23日 (木) 07:33 | 編集
来月の上旬、中央線に乗って奈良井宿まで行ってこようと思ってます。と言っても奈良井宿へ行くこと自体が目的ではなくって、目当てはこれ

JR東海の371系が臨時列車で中央線を急行で走るらしいんですよね。しかも371系、来月一杯で引退と言うことで、昨日慌てて切符買ってきました…。

恐らくこれが僕にとって、最初で最後の371系乗車になるのではないかな…と。


ではそんなところで、昨夜飲んだワインの感想でも。

昨夜は勤め先の同僚から頂いた物を。いわゆるランブルスコ、イタリアの微発泡赤ですね。


「LE GROTTE REGGIANO LAMBRUSCO」
(レ・グロッテ・レッジャーノ・ランブルスコ)

WINE_20141022_01s

WINE_20141022_02s

ランブルスコは以前、一度自分で買って飲んでみたことがありますがかなり美味しかった記憶が。なのでこちらも期待。


さて、まずは抜栓。栓はシャンパンやスパークリングワインと同タイプの栓ですね。微発泡とは言えきちんとこのタイプの栓を使っているところがなんとなく好感持てます。

ポンっと勢いよく抜栓してグラスに注ぐと色は非常に濃い。真っ黒に近い位の濃い紫色ですね。そして泡立ちの方はスパークリングみたいに勢いよく立つ感じではなくってあくまでごくわずかにうっすらと。

だけどそのわずかな泡のピンク色と液体の深い紫色と、その色のバランス・対比が良いですね。


香りは赤黒い果実の甘酸っぱい香りがふわっと漂います。

口に含むと、果実の濃縮感が凄い!! プラムやブルーベリーなどの、赤黒い果実のジャムがたっぷり。そこに微発泡が合わさるこの絶妙のバランス。

味わいは非常に濃厚なんだけれど、炭酸分のおかげで後口にはどこか爽やかさも感じられますね。とは言え飲み口はしっかりと重いです。


普通のスパークリングとは全く違うし、と言って赤ワインとも全然異なる独特の味わい。とても美味しく、そして色々と興味深いワインだと思います。

しかしランブルスコってどういうグラスで飲むべきワインなんでしょうね。まあ僕はいわゆるシャンパングラス的なものに注いでますけど、普通のワイングラスの方が良いのかどうなのか…?


Comment
この記事へのコメント
371系は小田急RSE20000形と共に大好きな車両でした。
平日休みの日に、用事も無いのに新宿~沼津を往復するのが楽しみでした。
あさぎり号の最終日にも乗りに行きました。
完全に引退してしまうとのニュースを聞き、残念でなりません。

私は最終日11月30日の
http://jr-central.co.jp/news/release/nws001541.html
に乗りに行こうと思っています。
切符が取れるかどうかが心配ですが・・・。
2014/ 10/ 25 (土) 16: 17: 44 | URL | メボチャン # eCTxsZ/U[ 編集 ]
>メボチャンさん
小田急RSEの方は昔、あさぎり運用に一度だけ乗ったことあったのですが371系は未だ乗ったことなかったんですよね。なので今度の中山道トレインはとても楽しみにしています。

御殿場線80周年の方も良いなと思ったのですがなにぶん遠いので…切符取れると良いですね。
2014/ 10/ 25 (土) 17: 42: 27 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
10月30日がたまたま仕事が休みだった為、JRのみどりの窓口で10時打ちしてもらいました。
(もちろんその時間に他に並んでいるお客さんがいなかったからです。いたら無理です。)
その結果、行きの浜松~松田だけ取れました。
帰りの松田~浜松は駄目でした・・・。
やはりほぼ瞬間的に満席になってしまったようです。
本当のラストランである松田~浜松を先に打ってもらうべきでした。
前日東京で夜まで仕事なのに、朝早くに浜松に着くように行くのは厳しいものがあります。
でも本当にこれで最後だから、ぜひとも乗っておきたいです。

それにしても371系のラストランがこんなに大人気とは思いませんでした。
私は大好きな車両ですが、世間的には人気のある車両とは思えなかったのですが。
2014/ 11/ 01 (土) 19: 00: 13 | URL | メボチャン # eCTxsZ/U[ 編集 ]
>メボチャンさん
やはり最終日の切符は厳しい様ですね…でも行きだけでも取れたのは良かったですね。

僕は今週末、乗りに行ってきます。
2014/ 11/ 05 (水) 11: 41: 41 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...