「ハルソラ行進曲」1巻。
2014年 11月 02日 (日) 08:00 | 編集
では、先月27日発売のKRコミックスの中からきららミラク連載中、そと先生の「ハルソラ更新曲」1巻の感想行ってみましょう。


20151029hrsr01s


表紙には制服姿の可愛らしい女の子が2人。これだけ見ればきらら系によくある、学園モノ日常4コマと言った感じなのですが…でもそこはさすがにきららミラク。単なる学園日常モノで終わるハズがありません。

彼女たちの周りに散りばめられた小物類に注目してみましょう。ラジオペンチや金槌、スパナーに軍手など様々な工具類と工具箱…更に帯には「マイはんだごてとマイニッパーです!」の文字。

そう、この作品は工業モノと言う、ありそうで全く無かったジャンルの作品なんです。


裏表紙はこんな感じ。

20151029hrsr02s

こちらにも制服姿の美少女2人。だけどこちらの2人は制服の上に作業服を着込んでいて、ただの学園モノじゃないことが伝わって来ますね。


話の主となっているのはコミックスの表・裏に載っている4人の美少女達。

表でしゃがんでいるコが主人公の若乃ちゃん。彼女の実家はかつて工場を経営していて、その影響からなのか彼女自身も「ものづくり」が大好き。そんな彼女が春空工業高校に入学して初めての実習の日から物語はスタートします。

表で溶接用のマスクを持っているコがやなぎちゃん。フルートを吹くのが好きで、春空工業高校に入ったのは吹奏楽の部活が強かったから。逆にものづくりにはそれほど興味が無かった様だけど…?

裏の茶髪のコが朱莉ちゃん。4人の中で最も今風っぽい外見なんだけれど実は男子が苦手な恥ずかしがり屋さん。そんなギャップが可愛らしいです。

裏の黒髪のコがサヤちゃん。お嬢様で機械萌えと言うなかなかハイスペックな人材、そして人との距離…と言うか朱莉ちゃんとの距離がすごく近いw


そんな4人の、工業高校での毎日を舞台にした日常が描かれていきます。

毎日の授業風景あり、部活に励んだり時には皆で集まって勉強もしたり…海へ遊びに行くこともあれば文化祭で頑張って…と、こうやって書くとやっぱりきららによくある学園日常モノっぽいのですが、大きく違うのはやはり工業高校が舞台であると言うこと。

授業シーンで例えばブザーを造ってみたり、溶接作業を経験してみたりといった描写があるのは勿論のこと、それ以外でもちょいちょいとものづくりに関わるシーンが出てきます。

部活で使う楽器置き台を自作してみたり、文化祭の小道具作りにもあれこれ凝りだしてみたり、果ては海へ遊びに行って砂浜でお城を作るのにも土台作りからなんて言いだしちゃったり…。


よくある学園・日常モノと言うフォーマットに則りつつも、工業モノと言う視点を新たに加えることで他の学園モノとは全く異なる、独特の空気感のある作品に仕上がっています。


まあ、そんな難しいことを考えなくても、4人の可愛らしい女の子達の友情モノとして読むことも勿論可能。物語の中でお互いが関わりながらそれぞれが少しずつ成長していく様も見受けられます。

例えばやなぎちゃん。彼女は元々楽器演奏にしかあまり興味が無さそうでしたけど、若乃ちゃんに影響されてか次第にものづくりにも関心を持ち始めて行く様が描かれています。

とりわけ、溶接授業の話でのエピソード。彼女が自分で作ったコップを、先生から新たに作りなおした方が良いと言われても愛着を持って直そうとした話にはじんわりとした感動がありました。


女の子同士の友情、仲良し…と言う視点ではやはり目が離せないのはサヤ×朱莉の2人。上にも書きましたがサヤちゃんの朱莉ちゃんに対する距離感がホント異常な程近いんですよねw

これはどう考えてもサヤちゃんは朱莉ちゃんのことが好きだと思われます。勿論百合的な意味で。

そしてそんなサヤちゃんに対し、朱莉ちゃんは最初ちょっと苦手意識を持っていた様なんですが、どんどん平気になっていってるんですよね。最初は「近い近い!!」と言ってたのが途中からあまり言わなくなってます。

そして文化祭の話ではサヤちゃんからあーんして食べ物食べさせてもらってたりと、もう傍から見れば完全に百合ップル!!

そんな仲良し女の子同士を眺めて楽しんだり癒されたり…と、きららの王道的な楽しみ方も出来る作品だったりします。


さて、今回の「ハルソラ行進曲」1巻もあちこちで特典集めしてきました。

まずはWonderGOOのポストカード。

20151029hrsr03s

絵は若乃ちゃん一人。制服姿に作業着がよく似合ってます。

それにしても…女の子に作業着って良いものですね…なんだかちょっと新たな趣味に目覚めそうw


続いてゲーマーズのブロマイド。

20151029hrsr05s

絵は若乃ちゃんとやなぎちゃんの2人。そしてこちらも制服+作業着の組み合わせ。

しかしこうして見ると同じ制服+作業着の組み合わせであっても、微妙に着方が違うんですよね。若乃ちゃんは制服の上にそのまま作業着、やなぎちゃんはニット着た上で作業着と言う違いがあります。こういう細かいところにキャラクターの個性って出るんだよな…と個人的には思います。


続いてとらのあなのポストカード。

20151029hrsr04s

朱莉ちゃんとサヤちゃんの組み合わせ。しかし2人の距離がまたえらく近い気が…サヤちゃん的には勿論オッケーなんでしょうけど、朱莉ちゃん的には良いんですか?w

あと朱莉ちゃんの足に妙な色気を感じてしまいます…。

(彼女は他のコ達よりも少しスカートが短かったりします)


今度はCOMIC ZINのポストカード。

20151029hrsr07s

若乃ちゃんとやなぎちゃんの組み合わせ。他店の特典が全て制服の中、こちらだけが唯一私服になっていますね。作中でも実は私服姿ってあまり出てこないのでこれは貴重かもしれません。

(1巻で私服姿が登場するのは海へ遊びに行く回くらい)


最後にメロンブックスの大判イラストカード。

20151029hrsr06s

他が若乃&やなぎ、もしくは朱莉&サヤと言う組み合わせの中、若乃&朱莉と言う組み合わせはちょっと新鮮味がありますね。まあ作中では比較的絡んでることも多かったりはしますが…。

(主にボケる若乃ちゃんに対してツッコむ朱莉ちゃん的な感じで)

しかしこのメロンブックスの大判イラストカードって貰った後仕舞っておくのに困るんですよね。普通のポストカードサイズならば専用のアルバムに入れたりも出来るけど、このサイズだと微妙に大き過ぎるのでなんとも…w


と、特典集めはそんなところで。あとはアニメイトでもイラストペーパー付いてたのですが、本当にぺらっぺらのペーパーだったので見送りました…。


この「ハルソラ行進曲」、個人的には非常に読後感の爽やかな漫画だなぁとも感じます。女の子同士の友情ややり取りの雰囲気が良いんですよね。

一見きららによくある学園日常系と見せかけておきつつ、結構しっかり本格的に工業モノとして描かれている、その不思議なバランス感もいかにもミラクらしい感じで好きです。

彼女たち4人の「ものづくり」な日常をこれからも見守っていきたいですね。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...